カテゴリー「音楽活動」の記事

パート練習

5月6日(月)

鍵盤ハーモニカのステージが再来週に迫った。
グループとして出るのではなく、所属団体のイベントに有志4人の参加。
フルメンバーではないため、3部合奏と4部合奏の3曲を演奏するのに、いつものパートを変更する必要があるの。

で、44鍵あるハモンドのギリギリ一番下の「ド」まで使ったパートを練習。
他の曲では、一番高音の「ソ」を弾くので、最大限、楽器を使っているよね (*^^)v

今週、音楽スタジオで一度、アンサンブルの練習を予定している。

「EAST MEETS WEST」

4月27日(土)

Logo_1 連休初日は、ジャズ・コンサート(夫はゴルフ)。
 ※昨日は胃がポコポコ音を立て不調のため、6時半に就寝。11時間寝たら、治ったみたい(^^;

 東京国際フォーラム ホールCにて、昨日から3日間のジャズ・イベントの中日。
ベーシスト ウィル・リー率いる日米混合バンド(エレキギター・ツインドラム・ツインキーボード)に、日野皓正や臼井ミトン、矢野顕子、ランディ・ブレッカー&アダ・ロバッティ(イタリア・女性)がゲストで入り、彼らの必要に応じてウッドベースやキーボード・ギター・フォーントリオ・コーラストリオが加わるという豪華な編成(^^♪
※「アンコール」には、マイク・スターンまで出てきた!

◎S〜C席のうちのA席なのに…3階の2列目、エレベーターで6階まで上がったぜ。ここのホールは木材がふんだんに使ってあって落ち着く。舞台もよく見えた。
◎13時~16時(途中20分休憩)は、長すぎた。
◎キーボード・ピアノの桑原あい、独学でギター・ピアノも演奏するシンガーソングライターの臼井ミトン(プロデュースも自分でやると!スゴイね。歌はつまらないかったが…)、初めて見た。
◎矢野顕子の歌が殆ど聞き取れなかった。音響係の腕が悪いのか?

春のコンサート

4月7日(日)

Photo_9 今週、デイホームで「春のコンサート」を依頼されています。
高齢者 向け「歌いましょう」コーナーに入れた「春の曲」は、「朧月夜」。
プログラムに一番の歌詞だけ載せようとしたら…2番の最後にやっと「朧月夜」が出てくる❗
で、2番までやることにしました🎵

ライブ

本日、鍵盤ハーモニカサークルの90分ライブが、無事に終了!

新曲のビバルディ「四季〜春〜」の五部合奏、まとまりました✨✨

不参加メンバーのパートを受け持った曲、何とかやり遂げました😵
友人も来てくれて、鍵盤ハーモニカの合奏で「G線上のアリア」が演奏できるなんて!と褒めてくれて🎶

家で、そして皆で集まって練習した甲斐があったというもの。

お花、ありがとう!

201903232

新曲

Photo_2 演奏後には、その場でワインを飲みながら…
来月のライブに向けての新曲を相談。

今度は90分の長丁場なので、春の新曲を加えることになっていて。 楽譜をネットで買って、近所のコンビニで出し、コピーして配るという早業 フルート四重奏とクラリネット五重奏、担当も決定

帰宅したら、「探していた楽譜が見つかった」と、もう1曲がラインに画像で上がっていました。
金曜の練習日まで、3曲ですか~

結婚記念日にライブ&孫の子守

35周年の結婚記念日は、
午後、所属する鍵盤ハーモニカサークルがデイサービスで1時間のライブをすることになっていて、
そして、(親に子守を頼めるという)長男の勘違いで、朝から、孫二人の子守

昼ご飯を食べさせて、夫に留守番を頼んで…そーっと出て行こうとすると、孫達が
「バイバイ!」「行ってらっしゃい!」と。
私が居なくても大丈夫なのね
おじいちゃんによく懐いて、素晴らしい

20181224 職員の方達の熱烈歓迎を受けて、演奏後は、利用者の方と同じケーキと紅茶をいただきました。

孫達を送り届けて、夫と夕食をとる頃には、グッタリ疲れておりました。それでも、記念日ですし…ローストビーフや2人分のケーキは用意しましたよん

Photo 佇む、1歳孫。
やっと歩くようになって。
こういうことに感動できるのが、孫の子守の役得

大人のピアニカ

Photo_5 2台目の鍵盤ハーモニカを買いました。
室内楽などを同じ音質の楽器でアンサンブルするため、他のメンバーと同じものを。

いつも使っている「ハモンド」より、軽い! 金属とプラスチックの違いですね。

音は小さいが、柔らかくて繊細な音色とのこと、楽しみ

コンサート!

10月26日(金)

所属する鍵盤ハーモニカグループに、コンサート依頼がありました
出演料も出ます
スタジオ使用や楽譜購入に費用がかかるので、ありがたい。

でも、それが…1時間!
そんなに長く演奏したことが無いため、今週月曜の会場下見(私は予定があって不参加)の後にレパートリーを何曲も増やすことが決まりました。
その日のうちに、弦楽、金管四・五重奏などの曲がラインで決まっていき、リーダーがネットで楽譜購入→ラインにアップ→各自印刷して自習だって!?
若い人達のやることは、すごいな~

その4日後の今日は、音楽スタジオに集まって、新曲のパート決めと練習、ポスターの写真撮影と、大忙し💦
あと半月しかないし…

このスピード感、脳への刺激が半端ない

区民まつり

Photo 「区民まつり」のステージ部門に、鍵盤ハーモニカサークルで出場。午前中の出番だったので、夫がゴルフで留守をいいことに、朝から家で練習していた

出番が終わってから、来月末のステージに向けた練習日の相談。
早々に音楽スタジオをおさえたのでした(超マジメ~

屋根ナシの屋外ステージは、暑かった〜
私は、ここでの参加は、初めて。ボランティアをする沢山の活動仲間と会い、「どうしたの?」と聞かれた。
演奏中、客席の活動仲間に気付き、手を振ったり(見慣れた顔があって、ビックリ?)
※鍵盤ハーモニカサークルのことは、あまり言っていないので…。

小学校PTA時代から、20年ぶり?の再会もあり、楽しかった。
緊張するとお腹がおかしくなるので、朝ごはん食べてないし・・・早々に帰宅して、シャワー浴びてビール飲んで、お昼寝

パーカッションのレッスン

9月28日(金)

今日は、鍵盤ハーモニカグループで、パンデイロを学びました。
「区民まつり」の練習を予定していた音楽スタジオにて、プロの方の出張グループレッスン
パンデイロとは、サンバやボサノヴァ、ショーロなどで用いられるブラジル風のタンバリン。タンバリンと違うのは、シンバルが背中合わせて付いていること。

まずは、マラカス系の楽器の使い方。
その後、脚でリズム⇒手を加えて、手足のリズムを変える。
3グループで違うリズムを刻む⇒交替… そして、革張りのパンデイロを貸してもらい、奏法とサンバのリズムを習って計2時間。
面白かったー リズム楽器、演ってみたかったのよね。

一緒にレッスンを受けた仲間も皆、「(2~3か月に一度くらい)定期的にやりたい」 と。
浅草で月に3度、お教室を開いているとのことだが、往復の時間とレッスン料を考えると、地元でグループレッスン(6人まで対応)がお得だということで、一致

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ