カテゴリー「男女共同参画」の記事

連続講座

10月13日(土)

さんかく大学「女性であることと身体の関係」
第3回「月経観と整理用品の歴史」
講師:田中ひかるさん

今回も、初めて知ることいっぱいで、有意義でした(^^)v

◆月経不浄視(タブー視)
◎今でも、インドの地方やネパールに残る「月経小屋」。生理用品がなく、「男の前に立つことができないので、学校にも行けない。学業が遅れることも問題」と。※生理用品を寄付したとしても、それを処分できる焼却炉は無いし、月経不浄視は変えられない。
◎日本でも、1970年代までは、「月経は不浄だから、神社仏閣に近寄るな」「船に乗るな(遠回りして歩かされた)」等の慣習が残っていた。
◎日本における「宗教の中のタブー視」は中国から伝来。室町時代に浄土宗・曹洞宗が女性信者を増やすために「女は死んだら血の池地獄。信心しなさい」と説いた←ヒドイ bearing
◎「タブー」の語源:ポリネシア語の「月経」タブ。※月経と妊娠の関連は古代から理解されていたのに…。 ※「女性は月経があるから不浄」というのは、未だに残っているよね。土俵に上げない日本相撲協会、女性を能舞台に上げない能の流派。

◆近代日本の月経観
◎富国強兵の明治時代、「月経時に頭を使うと、生殖に悪影響。特に数学などさせるな」と信じられていた。吉凶の席・観劇・読書も禁止。
◎「月経時は精神疾患を発症しやすい。犯罪を犯しやすい」というのは、その後も信じられていた。

◆昔の生理用品
◎麻などの繊維・紙を詰める⇒脱脂綿の普及 ◎明治末期、アメリカ製のゴム月経帯が輸入販売。品薄で耐久性に問題があり、大正時代に安価な日本製が発売・普及。
◎戦時中は脱脂綿が配給制となり、藁灰・米ぬか等を布で包んで代用。戦時中の緊張と栄養状態の悪さから、無月経の女性も少なくなかった。

Photo ◆アンネナプキンの発売
◎「女性の生活を良くしたい」と、20代の女性 坂井泰子(よしこ)さんが水に流せるアンネナプキンを後案・開発・発売し、「月経を語れるようになった(アンネの日)と、女性からの感謝多数」「女性の社会進出を支えた」など、意義が大きかった! 大ヒットしたため、後続会社が300社も!
「そんな下のものなど、売れるか」と商品化への協力を拒否した会社まで。質が悪くてトイレが詰まるトラブルを引き起こすものも出て、ナプキンを流すことが禁止となってしまった(せっかく「アンネ」が開発した技術が無駄になった weep
※坂井さんは、若い女性社長だったことから「子どももいないのに」など、周囲から誹謗中傷などを受けた。 ※「アンネ」は、「アンネの日記」から命名。

※広告について  「40年」の意味:アメリカから40年も遅れた。  何の広告か分からないように工夫。  デパート・薬局で販売。
※後続会社がスーパーで販売し、「アンネ」は競争に敗れた。

◆タンポン・月経カップ
◎タンポンは、日本では現在1社のみ。愛用していた私としては、残念。水泳にも旅行にも便利なのに。
◎月経カップ…会場で「えーっ!?」という驚きの声が挙がった。まだ、全然知られていないのね。もっと早く日本の市場に出ていたなら、使ってみたかったわ wink

連続講座

さんかく大学「女性であることと身体の関係」
第2回「性別とジェンダー」~女装と女体化~
講師は、Trans-womanである 三橋 順子さん。

トランスジェンダー当事者から伺うお話は、とても新鮮でした。
女装の歴史を遡ると、紀元前2千何百年前の証拠品があるそうで、性器で男・女に分けること自体、不自然だと感じます。

*日本の戸籍は、続柄(長女・三男とか)を記すが、これは特殊。
*性同一性障害者のみ、戸籍の変更を許されるようになったが…外性器携帯近似要件(要外科手術)がある。
*欧米では、女性として生活している人は「女性」として認められている(社会的性決定)。
*日本では、Trans-manがTrans-womanの3倍もいる。これは、lesbianが結婚するためでは?同性婚が認められれば違ってくるだろう。

女体化(身体変工 Feminizatioan)の具体的な情報もありました。
「女らしく」は女性に対する押し付けではあるが、外見上男性が「私は女性」と「性自認」しても、「Doing Female Genderr(女をする)」ことが不十分だと女に見えず(性他認)、女性としての社会生活が円滑に行われない。なので、化粧や外科手術、しぐさで「女をする」ことになるが…社会が変われば、それも変わっていく。

近くで、頷きながらずっと「うん、うん」「ふーん」「あー」を連発する人がいて、気になりました。お茶の間じゃないんだから、いちいち声に出さないでほしいです(劇場や映画館でも、こういう人の近くに座ると、気が散ります)

パソコン講座

所属団体の運営委員向けパソコン講座の2回目。
テーマは「エクセルでの記録作成」。
受講生に合わせてテキストから作るので、準備の時間も要します。

エクセルに慣れない人が多くて、これまで個別にアドバイスしてきたのですが…効率が悪い。口で言ったりメールで伝えても、効果が出ない weep
今回は、パソコン室を借りて、それぞれが備品のパソコンを使ってのワークショップ。
表計算も名簿作りもせず、記録作りに特化。

まずは、間違いやすい具体例を示して、進めました。
途中で、「分からない」「できない」という人にアシスタントと共に手助けするのですが・・・講師の話を聞いていない人が多くて。話を聴かない「自信家」も、困りもの(上達できない)。

一斉授業ではなく、個別対応に尽きるのか?と思った次第です coldsweats01
にしても・・・欠席者2名のみで、出席率が良かったので、事業として成功です。
※お二人にはテキストと作成見本をメールで送り、自習をお勧めしました。

連続講座

Img_20180922_165229 スペースゆうの「さんかく大学」、5回連続講座「女性であることと身体の関係」 。
第1回目は「私と身体と社会の関係」。「存在論」「認識論」が出てきたりで面白かった。

以下、印象深かったことをメモ。

◎Doing Gender ジェンダーする
ジェンダー行為は個人にもともとある性質ではなく、社会の構成員間の相互作用において演じられる(do, perform) 期待される役割・行動規範(台本)に従って演じ、それを評価される(従わないと、制裁を受ける)
◎身体と社会規範
日本では明治以降のものだが、変わりにくい。マクロ(政治・国連など)、メソ(学校・職場などの組織)、ミクロ(個人の日常の場)で変えていこう!
◎スーザン・ボルドー 「我々の身体は、歴史的に形成され、今も残る自分らしさ、欲望、男らしさ、女らしさの様々な形態を刻印されることで訓練され、形作られ、印象づけられている」
◎女の身体と規範 胸と腰を強調するために、ウエストを細くするための「コルセット」で41㎝が実現したりしたが、それには腸を下げるなど内臓に無理が生じ、長生きできなかった。
◎ディズニーの実写映画『シンデレラ』のポスターでは、エマ・ワトソンのウエストを細く加工してある。また、映画『アーサー王』では、キーラ・ナイトレイの旨をふっくら加工。(「魅力的な女性」の規範を示す例)

※受講者は、私の知らない顔ばかり唯一の知り合いは、勉強熱心な区議さん)で、センターは、この講座をきっかけに「スペースゆう」を知らせることに成功したかも!

映画上映会「たたかいつづける女たち」

Photo 映画上映会「たたかいつづける女たち」~均等法前夜から明日へ バトンをつなぐ~

◇日時:2018年10月21日(日)13時30分~15時時35分
※監督トーク 15時~15時35分(山上千恵子監督)

◇場所:スペースゆう 多目的室AB(北とぴあ5階)

◇定員:50名

※男女共同参画基本法から20年、男女雇用機会均等法から32年経ちました。 男女共同参画社会実現のための活動の通過点として、この様な事実があったということをそれぞれの立場で考えてみましょう。

男女共同参画推進フォーラム

8月31日(金)

「男女共同参画推進フォーラム」に参加。
会場の国立女性教育会館の最寄りの武蔵嵐山駅までは、池袋駅から1時間ちょっと。
到着時刻から逆算して、家を出るのは7時半過ぎだ despair
この日朝から参加する仲間に声を掛け、池袋駅ホームで待ち合わせ。

Img_20180831_151629 午前中は、全国フェミニスト議員連盟のワークショップ「あなたの出番です!議会はあなたを待っている」に参加。

パネリストは、 緒方 ゆうかさん (熊本県熊本市議)・ 堀場 明子さん(笹川平和財団特任グループ長/主任研究員) ・まき けいこさん(全国フェミニスト議員連盟共同代表) 司会:陣内泰子さん(八王子市議)。

緒方さんは、子連れで議場に出て話題になった方。お生まれは横浜、国連開発計画での仕事を経て、熊本へ。産休制度や託児所の設置などを議会事務局や議長・会派に提案・お願いなどをしたが成果が無かったという。

堀場さんは、ウグイス嬢から政策秘書までやる頭脳明晰な方で、あなたこそ「議員になってほしい!」と思うが…立候補する女性の支援をする裏方を担っていただけるようで、心強い shine
*党内の候補者選定の透明化(密室で長老が決めてしまう弊害)
*企業が選挙休暇を出す(落選したら戻れる/4年任期後に復帰できる)
*女性の視点を活かすべく、政治部の女性記者・デスクを増やす
などの提案をされた。

また、学術的な研究の結果として挙げられたのは、
女性は自信や野心を持ちにくく、「問題解決のために政治家になる」人が多い。男性は「政治家になる」のが目的の人が多いので、女性議員が増えることは、多くの問題が解決されると言われている。

会場から「議員の妻の役割というのがあるが、女性議員の夫の仕事は?」「あなたの夫の場合は?」という質問が出て…
緒方さんの夫はこの日一緒に来ていて、会場の後方でビデオ撮影をしていたのでした
shine

Nwec2018web_2昼食後、会館主催の国谷裕子さんの講演会(「クローズアップ現代」時代の話や SDGs の話)があり、午後、所属団体でワークショップを開催。

関東各地や北海道・石川・兵庫・京都・愛媛・熊本など遠方から、地域で活動する市民や担当課・センターの職員、学識者などの参加がありました。

午後3時半の開始時に雷が鳴っていましたが…途中で、まさかの停電! プロジェクターもマイクも照明もオフになり、真っ暗に。 停電を知らせ、「危険なので建物の外に出ないように」という館内アナウンスが何度も響き渡る中、スピーカーが淡々と話し続けました wink

まず、4月に男女平等条例が施行されたばかりの世田谷区と国立市の市民に、その特色や成立過程などを報告していただきました。
◎世田谷の男女平等条例の内容がスカスカ(?)なのは…区長が野党が多い議会対応に追われて、庁内で案を作り、市民不在のまま拙速に制定したから。
◎国立市の条例は、市内にある一橋大学で起きた事件を受けた「アウティング禁止」を盛り込んだのが特色。審議員は学識5人、公募市民5人(市民団体の推薦・充て職ナシ)。苦情解決機関(委員)が無いのが心配か。 これらを受け、
✳既に条例を制定した自治体から「LGBTをどのように入れていくか、他区の例を参考にしたい」
✳男女平等の意識が根付いていれば、条例は無くてもいいのではないか(これについては、必要であるという説明をしました)
✳素晴らしい素案ができたが、横槍が入り、(男女平等を後退させる)酷い条例が制定された例もある
✳世界的には、LGBTではなく「SOGI(ソギ)」が用いられている。その情報が入らない日本の状況は遅れている。
その他、様々な意見が交わされました。

ワークショップの配布資料

8月21日(火)

Photo 渋谷アイリスにて、「男女共同参画推進フォーラム」のワークショップで不配布する資料の印刷作業と最終打ち合わせをしました。
当日深夜に差し替え原稿が届いたりで、スピーカーの原稿が揃って、ホッとしました。

今回は狭い部屋なので、置きチラシのスペースも無さそう。泊りがけで参加するメンバーが、たくさん手持ちしてくれます。 部屋いっぱいの参加者を期待しています。

その後、同じ区の仲間と打ち合わせ。旅行中に開かれる区の審議会に代理出席をお願いしているので、大量の討議資料も渡して despair 審議会の日程は先月、言われた。急すぎて、困る。8月の下旬は旅行を入れることが多いので、辛いなぁ・・・。

木馬

団体のグループ活動事業として、区内のエコ施設見学会をしました。
レンタカーで大型のマイクロバスを借り、会員の夫が運転という企画wink

Photo リサイクル施設の販売コーナーに置いてあったのが、これ。かなりお邪魔な存在。
ロバか?ポニーか?値札が500円。
つかまり立ちができるようになった孫にピッタリsign01
ワンコインでお買い物をしたら、100円のお釣りでオマケをしていただきました。

とても軽いのですが、かなり大きいので、駐輪場まで抱きかかえて移動する間、大分目立ちました。

「男女共同参画推進フォーラム」

Photo NWECでの「男女共同参画推進フォーラム」、ワークショップが採択され、通知が郵送されてきました。

日時:8月31日(金)15:30~17:30

「東京から発信するメッセージ」ということで、
「多様な性」「多文化共生」が盛り込まれる 男女平等条例の今、これがタイトル。

東京では、この4月に「多様性」「多文化共生」をタイトルに入れた世田谷区の条例、「アウティング禁止」が注目されている国立市の条例が施行。両自治体の市民から、その特色や成立過程などを報告する予定です。
※アウティング・・・本人の了承なく、セクシャリティについて第三者に公言してしまうこと。 カミングアウトをした本人の了承なく、セクシャリティについて第三者に公言してしまうこと。性的指向、性自認の暴露。

「政治分野の男女共同参画推進法」成立

5月17日(木)

Photo 男女平等の活動をしている仲間たちの間で、長らくの悲願だった法律が、やっと成立しました。先月、衆議院で可決され、今月、ようやく参議院で shine

議員は男性ばかりなので、もちろん、男性議員のご協力も得てのこと。
罰則のない「努力義務」が何とも情けないですが…韓国や台湾など近隣の国に大きく後れをとっている現状、これで少しは挽回できると期待
confident

2

Photo_4

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ