カテゴリー「旅」の記事

パスポートの更新

Photo_3 パスポートの更新に、池袋へ。
2月にボルネオ島に行くのに、有効期限が切れるので。

10年前には2時間以上待たされたので、用紙に事前に記入して、午前中空いている平日をみつけてオープン直後に来たら…ガラガラ、5分で完了だよ~wobbly
(本降りの雨のせいか?)

来年の手帳用紙を買ったり、ゴルフ賞品のギフトカードで珈琲粉や北海道名産品を買うのに、お店の開店まで、時間あり過ぎ coldsweats02

タヒチ、イースター島

11月26日(月)

今、次男が新婚旅行中、タヒチに行っています。
※個人情報なので、ゴキゲンな自撮り写真から人物部分を削ってあります(笑)

Img_20181126_072214_2 旅行代理店の担当者に「イースター島にも行きませんか?と言われて、そんなの断った」と言うので、 「あら、私はイースター島がメインだったのに」と。

13年前、タヒチ経由でイースター島に行けることを知った私。友人を誘って、早速行きました。
まずは直行便でタヒチへ飛んで滞在、そして、直行便でイースター島へ(両方楽しめて、満足でした!!)
写真も飾ってあるのに、「あれ、お母さん、イースター島に行ったんだっけ?」とは!
親のことに無関心なのを実感したのでした。 それと、彼にはあまり好奇心が無いということも coldsweats01

小田原へ

10月29日(月)

Photofuji 日が昇ったら、窓いっぱいに富士山sign01
朝日に照らされた白い山頂が、輝いているshine

spa 6時のオープンを待って、朝風呂。
4箇所ある宿泊施設の空き状況を示す掲示には…全て「満室」の文字。 雑然としていて「何だかなぁ…」と思ったけれど、人気あるのねぇ coldsweats01

バイキングの朝食も美味しかったsign01特に和食、その中でも漬物が。自家製か買ったにしても、高価なものだと思う(持って帰りたいほど)shine

Photo_2 確かNHK『ぶらタモリ』で、小田原城の天守閣が中々にいいと思い、行ってみた。

Photo_4御殿場からの道には、富士山と相模湾・芦の湖を見下ろすビューポイントがあって lovely

Photo_7小田原城への道は、ナビの案内が突然途切れて右往左往。バス停にいた方に道を聞いて辿り着きました despair

一昨年に改修し、月曜日の朝にもかかわらず…観光客も大勢。
でも、秋晴れで暑かった〜sweat01

Photo_6鈴廣で晩のおかずやお土産を買い込み(丸いのは、「季節の海鮮揚げかま」)、帰宅…の筈が事故渋滞で高速を降り、遠い道のりでした weep

時之栖

Photo_4 その後、「たまには温泉に」ということで、TV『カンブリア宮殿』で見た御殿場の「時之栖(すみか)」へ。

Photo_5 ビールやワインを醸造していて、ビアホールみたいに広いレストランで、飲み比べ delicious

「時之栖」には4箇所の宿泊施設があり、私達は「ホテル時之栖」に宿泊。

広いけど、何か所か畳が沈む場所があり、広場でやっている「犬のサーカス」(動物愛護団体から、苦情がこないのか?)の司会者の声や敷地内のサッカー場で響き渡る応援の声がうるさくて sad これには、ガッカリ。
施設内マップを手に散歩しましたが、初夢の橋にメリーゴーランドや鐘、ゴリラ、噴水…思いつくまま、脈絡なく増やしていったモニュメントが雑然としていて、唖然。イメージと大分違いました coldsweats01

20181028 日が暮れると、昨日からスタートしたイルミネーションに大勢の観光客。

Photo

Photo_6 今日の夕食も、美味しくいただきました。

※明日から、粗食にしてバランスをとります!

spa 隣接する温泉「気楽坊」への通路は、まるで迷路。
ここの温泉は、炭酸と塩風呂。塩風呂は、死海のように体が浮き、肌がヒリヒリ。大好きな露天風呂に、ゆっくり浸かりました
confident

帰国

8月28日(火)

Photo_12 帰国便をweb上でチェックインをしたら、「バンクーバー到着が遅れるため、1時間遅れの出発となる」というお知らせがメールで飛んできました。便利ですね~!

8時間ちょっとの飛行で羽田に降り立ったら・・・翌日の夜。変な感じ coldsweats01

帰国した羽田空港では、初めて機械の顔認証でスムーズに入ることができました。
係官のいる方は行列で、ずらーっと並んだマシンがガラガラなので、不慣れでもつい「やってみようか」という気になります。
※入管の担当者の主な仕事が顔認証だったんですね。人員削減だけでなく、行列解消にも効果ありです。

スマホに電源を入れたら、日本の朝に入ったメールが!急ぎだったので、慌てて返信。
旅行中にメールで届いたPDF(スマホの画面では見切れない)の確認は、明日の正午が締め切り。やることがいっぱいあって…現実に引き戻されましたsweat01

バンクーバー5日目

8月27日(月)

最終日。

Photo_7 朝食のついでに、ヨットハーバーまで散歩。
豪華なクルーザーやヨットを眺めながら歩いて行くと、水上飛行機の発着所。
山を背景に、到着と出発が頻繁にあります。
背後は、公園。ベンチに座って、しばらく眺めていました confident

Photo_8
帰り道、スカンクに出会いました wobbly
一歩入ると、高層ビルが林立するオフィス街なのに…不思議。

Dsc_0199_2 チェックアウトしてから、南西の方角にある海岸へ。
最高気温20℃でも、こちらの夏。海水浴を楽しむ親子連れ、上半身裸で寝転んで日光浴をする人も。

Photo_9 流木を利用した丸太のベンチ、海の中にある滑り台、海岸の像など、楽しめますhappy01
※人の2倍ほどの高さ、ちょい気味悪いな・・・。
 

バンクーバー4日目-その2-

Photo_10 昼食は、構内のカフェで フィッシュ&チップス、オニオン・リング、ローカル・ビール。

Photo_11 海岸が近いので 海鳥が飛び(鳴いてもいる)、森の中だから リスが走る環境、素晴らしいなぁshine

キャピラノ渓谷よりも遠いし、バスで来るのが面倒くさいと思ったけれど、薦めてもらってよかった。
バス代の小銭を用意した(紙幣は受け取られない)夫も、「充実した一日だった」と満足気confident

バンクーバー4日目

8月26日(月)

昨日のフェイスブックに「是非、UBC人類学博物館※に行って!」というコメントが付き、夫と相談の結果…UBC(ブリティッシュ・コロンビア大学)までやってきました。
ガイドブックでは、バスの終点の筈。が、週末はその手前までしか運行せず…乗Dsc_0187 り換えが必要で、アタフタsweat01
※先住民族の展示で有名な博物館。左の写真は、屋外展示物がある裏庭からのもの。

森の中の広大な敷地、地図と現在地を一致させるのに、一苦労。
だいぶ歩いて…辿り着き、結果、素晴らしかったです!

Photo_2 特に、インディアンアートの巨匠、ビル・リードの代表作・・・ワタリガラスが蛤の中に入った最初の人類を見つけたというハイダ族の神話を表した木彫。
Img_20180826_112702 グルーっと一回りしないと全体像が掴めないshine

先住民による木彫は、巨大。見上げるものばかり。

Dsc_0181_2Dsc_0183Dsc_0186 屋外の展示も良かった。

バンクーバー3日目-その2-

1808262_2 ロブソン通りの突き当たり、広大なスタンレーパークには、先住民の部族の手によるトーテムポールが立つ。

Photo ここから街を見ると、高層ビルが林立しているのが見える。住宅は値上がりし、中心部のマンションも郊外の戸建ても、1億すると!聞いた bearing

20180825 ダウンタウンから橋を渡って北に行くと、深い森が広がっていて、有名な「キャピラノ吊り橋」がある。

峡谷にかかる長い吊り橋(高さ70m、長さ137m)が人気で、吊り橋の数を増やして遊歩道を整備し、崖に沿って歩く道も作ったとか。


20180825_3 観光客が押し寄せ、赤ちゃん連れ(抱っこ紐)、犬を抱いた人もいて、アミューズメントパークだ shine

緑が気持ち良くて、且つ、スリル満点! これは、夕方(6時〜6時半)。日中は入場制限して、行列ができるそうだ。
※日の入が8時半頃。 飛び跳ねたりして揺らす不心得者もいて…地面に辿り着いても、揺れている気がするの。

201808252 そして、階段が多くて…ゼイゼイ。膝が心配 weep

よく考えると怖いけど、後ろから大勢人が来るので、立ち止まっていられない。人につられて…ドンドン進んでしまった wink

バンクーバー3日目

8月26日(土)

180825m_2 ホテルから、少し歩くと、住宅街。
ステキな家々を眺めながら、(5月下旬〜10月下旬の)毎土曜日に開かれるファーマーズマーケットへ。

180825m2 公園に面しており、屋台で買った軽食をベンチで食べることができる。朝食をとっている家族連れも delicious

180825m3 野菜・果物は量り売りなので、皆さん、ネクタリン2個など必要な分だけ買っている。自家製のパンやケーキ、燻製もある。
生憎の雨だが、地域の住人の生活に根ざしている様子が伺える。

より以前の記事一覧

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ