カテゴリー「市民活動」の記事

10月第1回目の「子ども食堂」

20181010 50名ほどの参加、スタッフが14名(含 学習支援講師1人)
◇献立:鶏そぼろ丼、みそ汁、キュウリの浅漬け、みかん

◎映画『こども食堂にて』を観た方が、地域の「子ども食堂」を検索して・・・「お手伝いしたい」と連絡してきてくれて、これから毎回、来てくれることになりました shine

◎この献立は…挽肉と炒り卵を床にボロボロこぼす子が多く、お掃除が大変なの coldsweats01

pencil 昨日、スタッフ間で話題になったこと
*洗い場に食器を下げる時、大半の子どもが無言。調理長から「ごちそうさま、でしょ?」と、指導が入ります wink
*そう言えば…「こんにちは」「さようなら」も言わない子が多い。こちらは、ひたすら声掛けをするけどね。そして、
*迎えに来たお父さんやお母さんも目の前にいる私達に「こんばんは!」すらナシだったりする。 無言で会場玄関に立っているので、「なんですか?」と聞くと「〇〇です」と言うので、子どもを呼んでくる。あるいは、無言で会場に入って来て、子どもを連れて帰っていく。親がこれだから、子どももそうなるのかねぇ despair
*いつも大量に残す子がいる。そして、それについて全く悪びれない。「食べられる分だけもらって」と言っているのに、だ。寄付していただいたお米を捨てるのは、心が痛い。スタッフに「〇〇くんと〇〇くんは、少なくしてね」と言っているのだが、登録者が多いので、名前と顔が一致しないらしく(これも困ったもんだ)sweat01

お兄さん先生

うちの学習支援教室では講師が足らず、地域の大学生に片っ端から声を掛けている。

3年生以上は就活で忙しいし、1・2年生も経済的な理由でアルバイトに忙しく、続かない。その中で、3人ほどの男子学生がよく来てくれるようになった。

180131 小学校の部では、30分しか座っていられない子、宿題すらやらない子がいて(何れも男子)、指導に困っていたが、男子学生に担当してもらったら…なんと、勉強しているではないかsign02
教員経験者である講師たちも、ビックリ wobbly
アニメやゲームの話が楽しそうで、小夜食の時間も笑い声が絶えない。母子家庭の子たちで、大きいお兄さんが好きなんだなぁ…と実感。

学生の一人は、弟妹が4人いて、やさしい。小さい子に慣れていることもあるのだろう。
一方、素気ない学生(小学生はムリ?と危ぶんでいた)でも、結構、子どもは嬉しそう shine
経験により教えるテクニックが役立つ場面と楽しく勉強できるモチベーション、両方が必要だと思うこの頃です。

9月の「子ども食堂」

今月第1回目の「子ども食堂」は、自治会が「祭礼」で会場を使うため、お休みでした。
※無料で使わせていただいているため、自治会の事業が優先されます。

201809278 夏休み中は「ランチ会」としたので、日中の仕事で参加できない仲間との久しぶりの再会もありました。
◎参加:35人、スタッフ13人、学習支援教室の講師2人(宿題担当)
◎献立:カレーピラフ、ウィンナー、ミニトマト、オニオンスープ(コーン入り)、キュウリの浅漬け、梨

雨天で、しかも小学校の臨海学校と重なった子がお休みだったこともあり、少な目でした。
でも、このくらいの人数だと…自治会館で食べられるので、お隣のふれあい館を「遊び場」、自治会館を「食堂」と分けることができ、子ども達への対応が丁寧にできると感じます。

「子ども食堂応援フェスティバル」

9月15日(土)

昨日からの1歳孫の子守(発熱で保育園に行けず)がありつつ、 予定していた「子ども食堂応援フェスティバル」に朝から行っていました。

12時からのシンボルロゴお披露目式では共催者挨拶をし、「子ども食堂」や区内の「子ども食堂ネットワーク」について説明する好機となりました。
私達区内「子ども食堂ネットワーク」は、会場中央の」のテントに集合。
雨の中、テント内に配置する各「子ども食堂」作成のパネルが水浸しにならないよう、テントの骨組みに結わえて吊るすのに、時間がかかりました coldsweats02

「ネットワーク」のテントには、「子ども食堂」への質問、立ち上げのご相談や募金・フードドライブなど、沢山の方がみえました。

夫が「言葉の通じない(!?)孫を1日みるのはイヤ」だというので、午後は早退。
機嫌が悪い孫の相手で、クタクタ despair
でも、熱が下がってよかった~
shine

サークル会

9月12日(水)

先週、台風で延期したサークル会。
7月の「子ども劇場」の例会、8月の「城北演劇」の例会、どちらも観なかった仲間は、3カ月ぶりの再会sign01その間の旅行の話や家族の話、スポーツ界のパワハラや買春などの醜聞等々、話題に事欠きません happy01

Original 今日は、メニューの豊富な中華料理店を会場にして、甕出し紹興酒をロックで飲みながら、自分では作らない内臓系や乾燥豆腐の料理、かた焼きそば、胡麻団子などを美味しくいただきました delicious

帰宅途中で通った仲間の家の外壁には、ゴーヤがsign02
夫が種蒔きして育て、猛暑を凌ぐのにも役立ったそうです。
可愛いのを一つ、いただきました。

「子ども食堂 応援 フェスティバル」

Photo 午前中、区内の「子ども食堂ネットワーク」の情報交換会がありました。主に、来週末に行われるイベントの打ち合わせ。

私は世話人なので、9時20分集合で打ち合わせ。台風で…土砂降りの雨の中、(自転車を使えず)徒歩で行くため、9時前に家を出ました。
防水だと思っていたショートブーツが、まさかの…。靴下も足もぐしょ濡れ、スカートも冷たかった weep 往復で50分も歩き、蒸し暑くて、汗だく
sweat01

夜は「子ども劇場」のサークル会の予定でしたが、強風で雨天なので、来週に延期。しばらく振りに皆と会いたかったのに、残念 despair

やる気

月2回、小学生・中学生向けの学習支援教室(無料)をしている。

スケジュール表は前以て渡しているのだが、忘れて来ない子(親も忘れている)に電話掛けしたり、 講師も忘れて来なかったり、当日の朝に突然キャンセルしたりで、学生講師に連絡したり、臨時の講師を探したりと、バタバタだ。

集中して勉強している子は数人。
「先生いらない!」と、殆ど勉強しないで他の子の邪魔をする子(来なくていいよ~(泣)
勉強嫌いで寝てばかりいる子、学力不足の子を「受験させたい」と言う親(経済的にも無理だと思うけど)への対応に苦慮している。

180207 ま、「友達ができた!」と嬉しそうにお迎えに来た親に報告していたり、ご寄付のおやつや手作りの小夜食を喜んで食べているのを見ると、ここに集うだけでもいいか…とも思う。

「ここでみっちり勉強して、学力が向上する」という期待にはお応えしかねるけれど、ね(それは「子どものやる気」に依る)。

8月2回目のランチ会

20180822_2 ◎参加が30人ほど、スタッフ9人(会員8、お手伝い1人)
◎学習支援教室の講師が2人来てくれたのに…宿題や勉強道具持参者がいなくて残念そう coldsweats01 でも、ボードゲームの相手をしてくれました。
◎デザートは、巨峰とりんごのコンポート(ヨーグルト添え)。ご寄付に、感謝shine

201808223_2 ※食後、ボランティア講師のご協力で、ハーブ入りの手ごね石鹸づくり講座を開催。14人が参加。皆、予想外の集中力でした!

閉店間近に、お代わり用に炊いたご飯が余っていたので、鮭フレークでオニギリを作ったところ・・・子ども達が殺到!!
「お腹いっぱい!!」って、あれだけ言っていたのに・・・もう、お腹が空いた訳?恐るべし、子どもの食欲 wobbly

「こども食堂ネットワーク」のNPO法人化

8月12日(日)

Photo 午後、NPO法人「こども食堂全国ネットワーク」スタートアップ交流会があり、「子ども食堂」運営者・支援者など50人ほどが集まりました。
会場は、新宿の「カタログハウス」。プーク劇場のお隣り。

始まってみたら、NPO法人化はせず、 理事長に就任する予定だった湯浅誠さんが下記の目的で支援団体を新たに立ち上げることになったと(えーっ!?)
1 中間支援機能の強化
2 企業連携をサポート
3 調査研究
※団体のメンバーとして、有能な研究者が何人か自己紹介。 「こども食堂ネットワーク」事務局もそこに入り、湯浅さんも「こども食堂ネットワーク」の顧問となり、密接な関係をもつ。
※現在、「こども食堂ネットワーク」には実際に「子ども食堂」を運営する360の団体が加盟し、そのうち300が公開されています。
全国には2,500ほども「子ども食堂」があるそうで、現在、都道府県の半数で地域ネットワークが進んでいます。東京は区ごと。来月、上記のページに地域ネットワークも追加される予定。
※ 湯浅さんには、企業から漠然と「協力したい」という申し出がたくさんあり、支援団体でそういった相談に応じる。また、国への働きかけ、運営の実態を数字にして公開するなどして社会での理解を深めていくと。

20180812_2 「多様な子ども食堂の多様性を尊重しながら、広げていく」「地域に開かれながらも、食べさせているだけじゃない。どの子もこぼれないように手を尽くしているところがたくさんある。それを知らせたい」「子ども食堂は多様性と自立性が大事、そこが役所と違うこところ」などの湯浅さんのお話に、深く共感しました。

運営者の大先輩である「だんだん」の近藤さんの「事故が起きた時には(マスコミや周りから非難されても)、ネットワークでフォローしたい」「私たちは、じっくり、ゆっくりやっていきましょう」にも、励まされました。

Dsc_0119_2 その後の交流会に30分ほどいて、早退。
カタログハウスの正面玄関ロビーには、こんな可愛い猫たちがshine

8月1回目のランチ会

20180808kako ◆参加:26人(小学生)、スタッフ11人(会員6、お手伝い5)
◆献立:焼きそばパン、フランクフルト(ご寄付)、コーンスープ、 鮭ご飯(お代わり用)、ゼリー(ご寄付)

◎台風と帰省などで、参加者が少なかった!
◎前回に引き続き…学習支援教室講師の宿題指導、高校生のお手伝いあり
◎卒論関連で、大学4年生が来所。「貧困家庭の子にカレーを食べさせる活動」という画一化したイメージを払拭させるために、丁寧に説明。その後、アンケート作成のためのヒアリングにご協力。お手伝もしていただきました。

※アロマの会のご協力で、手ごね石鹸作り講座を予定していましたが、講師と相談の上、台風を避けて次回に延期。

より以前の記事一覧

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ