カテゴリー「市民活動」の記事

学習支援教室では

8月はお休みだった小中学生数人が、9月に入って来所。
生徒の人数の方が多くなり、誰をどの講師にマッチングするのかに気を遣っています。
何せ、小2~中2までいて、毎回仕事や趣味などで遅くなる講師や早目に帰る生徒・講師がいて、そして、中学生にはその都度、「何を教えてほしいか」を聞いて調整。

定時に来る筈の先生が来なかったり(忘れている)、生徒が連絡なく欠席したり、お母さんが残業で連れて来るのが遅れたり…(その都度、電話で確認することに)。
そのため、講師が来る筈の生徒を待ってポツン!としていたり、その逆もありで wobbly
だからと言って、他の講師にくっつけてすぐに他の講師が来ると、席も移さないといけないし。
「遅れる時と欠席の時は、必ず連絡してほしい」と、親御さんにお願い(言わないと、分からないんだよね。

◎嬉しいのは、スタッフが用意している小夜食を完食して「ごちそうさま」と食器を持ってきてくれる時。何が好きか、スタッフに話してくれたり wink

◎お迎えに来たお母さんが達は、我が子が集中して学習している姿を見ると、とっても満足気。ボランティアをしようという教員経験者の方達は、本当に丁寧で親切だし、子どもの対応に慣れていると感心します shine

子ども・子育て会議

「子ども・子育て会議」の第3期がスタートしました。
1期2年の任期で、私は3期目となります。
学識者が4名になり、小学校PTA連合会などの充て職委員や公募委員などの交代もあり、全体の1/3以上が新メンバー。

学識者も含めて「区の子ども施策についての状況がよく分からない」ということで、質問が多く出て、時間も延長。委員には税金を使って謝礼(費用弁償)も出ていることですし、委員を受けたり応募したのならば、区のホームページなどで勉強して参加すればよいと、私は思います。手当の多い学識の方は、特に。

*ひとり親家庭の相談サービス・ひとり親家庭向けの学習支援教室がスタート。その説明がありました。子ども食堂に「近々離婚する」という親子が来ることもあるので、離婚しそうなケースの相談にも応じる「そらまめ相談室」は有効かな。

*「子ども食堂」助成についての説明後、委員のお一人から、区内の「空き家」と時間がある「高齢者・主婦」で「子ども食堂」を増やせると、区へのご提案がありました。 場所と人手があれば「子ども食堂」がスタートできるという発想、時々、ぶち当たります despair
が、何ごとも、始めるには情熱とエネルギー、継続には冷静なマネージメントやチームワークが必要だと私は実感しています。また、会場の管理とスタッフの斡旋を区の職員がやるには、今の職員体制では無理かと思います(非常勤職員の採用や委託業者の募集ということになる?)

*公募委員さんから「子ども食堂」について質問が出たので、区内の状況や現場のお話をしました。

*「学習支援教室」については、「ひとり親家庭以外の困窮家庭の小中学生にも必要」という意見が出ました。(担当の職員さんがご欠席だったこともあり)無料の学習支援教室を行っている団体として、状況を説明しました。

「夏休みランチ会」終了

計5回の「夏休みランチ会」が終わりました。

Img_20170829_135012
今日は、焼きそばパンの予定でしたが…
ウィンナーも用意して、バイキングにしました shine
焼きそばとウィンナー、レタス、ミニトマト、バナナ、巨峰、浅漬け、オニギリを用意。

◎毎月寄付を下さる支援者の見学があり、区内の子ども食堂、区の助成、登録している子ども達の様子などをお話しました。
共感し、励まして下さることが、大変励みになります confident

ブロック会⇒分区会

8月24日(木) sun

うだるような暑さ。日中の外出が苦痛でした sweat01

Photo

翌日開催するワークショップの準備や会費納入なとの用事で自転車をこぎ、
午後は、「子ども劇場」のブロック会へ。
10月の定期総会に向けて、ブロックの「1年のまとめ」をし、赤字解消・運営について提案をまとめました。

ニュージーランド土産のキウイクッキー、キウイの粒が入っているの。甘さ控え目で「やさしい味」だと好評でした wink

Photo_2
そして、夜は、保護司の分区会を兼ねた暑気払い。
いつものお店は「夏休み」だったので…池袋へ。若い人向けの商業ビルの中に、 こんな洒落た居酒屋があったのね
shine
Photo_3
Photo_4
バッチリ冷房が効いていたので、お酒好きな先輩方と、夏場はいただかない熱燗をつい…飲み過ぎたかな delicious

8月第2回目の子ども食堂

2017823
幼児から高校生まで30人(うち、母親2人)の参加。
夏休みは やはり少ないけれど、常連の子がどこかに旅行や外食に行ったのだったら、それも嬉しい wink

◎献立は、ナポリタンライス、じゃが芋とレタスのスープ、ミニトマト、きゅうりの浅漬け。食後にアイスも。

 うちでこういうメニューを作ることはない(トマトソースなら、パスタかマカロニ)が、黒コショウをかけたら、結構おいしかった delicious

 ◎10月に区内でオープンする 子ども食堂の方が3人、見学にみえた。

 ◎夏休みの「体験ボランティア」で来てくれていた大学生とは、これでお別れ。力仕事も進んでこなし、子ども達にも人気で、皆でお別れを惜しんだ。

これから「子ども食堂」を始める方からよく聞かれる質問の一つに、
◎「余ったらもったいないから、完全予約制にした方がいいのか?」
ー答え:予約してくるのは、ほんの数名。仕事と子育てに追われて余裕のない親御さんが多いし、子どもも忘れていたりする。予約しないと行けない、そう堅苦しく思われると足が遠のきます。「(なるべく)予約してね」くらいで。

Dsc_0567
私たちは、(みそ汁の汁以外)余っても捨てていない。「ご寄付のお米や寄付金で買った野菜を絶対に無駄にしない」という信念をもっている。
スタッフが持ち帰って、帰宅の遅い家族の夕食や翌日のお弁当に利用したり。参加者が「冷凍して食べる」と、ご飯を持ち帰ることも。
このナポリタンライスのにチーズをかけて焼いて、私のブランチになるとか flair

8月第1回目の子ども食堂

20170809
◆参加:35人(うち、親3)、スタッフ8人、お手伝い2人
◆献立:鶏肉のクリームソース丼・キャベツと人参のスープ・浅漬け・トウモロコシ・梨・ミニトマト

◎梨は、参加者の親御さんからのご寄付
20170808
◎トウモロコシは、農家さんからの寄付。「生で食べられる」品種。届いたトウモロコシに同封されていたお便りに「生で食べる以外には…オーブントースターで焼く」という例が紹介されていたので、ホットドッグの時のように、近くのスタッフがホットプレートを持ち込み、焼いていたら…ブレーカーが上がってしまったwobbly
エアコンと炊飯器と扇風機で容量がいっぱいだったみたい。 残念 weep

学習支援教室

今月から、「子ども食堂」を運営する団体の新事業として、月2回の「学習支援教室」(無料)を始めました。社会福祉協議会と共同で、3か月ほど前から準備してきたものです。

◎子どもを補習塾に通わせたり、「宿題はやったの?」と声がけするには、お金・時間・親の精神的な余裕が必要。小学校で授業につまずくと、中学校で授業についていけなくなり、高校進学に影響します。
私達は、一人ひとりの子どものニーズに沿った学習支援を行うことで、子どもの将来の選択肢を少しでも広げたいと思っています。 このような「教室」が他の地域にもどんどん広がり、どの子も徒歩圏内で学ぶことができるようになると嬉しいです。

◎生徒の定員15人に対して、講師が12人。内訳は、小中学校等の教員経験者が9人。学生などの講師補助が3人います。 ほぼ個別指導態勢をとることができています。

170802
◎お誘いに応じて下さった講師の皆さま、参加している子ども達、その親御さんたちとの出会いは、この教室を始めたからこそ。

◎お腹が空いていると勉強どころではないと思うので、おやつも用意しています(「歳末たすけあい募金」の助成金や寄付金を充てます)。私達にとっては、この事業も「子ども食堂」と同じように、地域の親子と知り合える場であると考えています。


*スタッフ一同、子ども達の集中力に感動しています lovely
*この活動を機に、会員が増えました。「学習支援」に強い関心をもっている方たちです flair
*子どもと講師両方の出欠席の連絡・記録、教材の管理、おやつや麦茶・会場の準備などをスタッフで行います。講師もスタッフも無償です。和やかな雰囲気で、子ども達が楽しく学習できるよう、気を配っていきたいと思っています。

「夏休みランチ会」第3回目

8月1日(火)

20170801

今日の「夏休みランチ会」は、ホットドッグ。
参加は、ちょうど30人。
スタッフ4人、お手伝い2人。

◎食後のかき氷に、皆、大喜び。カルピス4味を用意しました。
◎男女共同参画施設が発行する情報誌「ゆうレポート」の取材で、担当の職員さんと所長さんがみえ、お手伝いもいただきました。

「夏休みランチ会」第2回目

7月31日(月)

20170731
小学生対象の「夏休みランチ会」2回目。
帰省している子もいて、参加は30人弱。
スタッフが4人、お手伝い2人。
今回も、常連さんに誘われて初参加の子がいました。




献立は、冷やしうどん・オニギリ、胡瓜の浅漬け、ミニトマト。

201707312

うどんのトッピングを様々用意して、「たぬき」と「きつね」が両方楽しめます!
焼き海苔・細葱も人気でした。

201707313

オニギリのトッピングも、お好みで flair

7月第2回目の子ども食堂

7月第2回目は、夏休みで少な目。 参加は37人(幼児から高校生35、母親2)。 スタッフ8人、お手伝い3人、見学7人。

20170726_2

献立は、厚揚げ麻婆丼、ご寄付のチキンボールとミニトマト、バナナ。

※チキンボール・ワンタンスープ・バナナ・ミニトマト・浅漬け夫々について「食べられない!」と露骨に嫌な顔をする子がいて、好き嫌いは色々だわ~。

◎大学3年生の「夏休みボランティア」が参加。会場設営から浅漬け・配膳・片付けまでお手伝いしてくれて、大助かりでした。

◎お米10キロの寄付をいただきました。「ふるさと納税」の返礼品だそうで shine

◎見学:母子生活支援施設の職員さん方が研修として来所。子ども達の相手やお手伝いもしていただきました。

より以前の記事一覧

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ