カテゴリー「市民活動」の記事

6月1回目の「子ども食堂」

◆参加:54人(幼児~高校生1、保護者2)
◆スタッフ:21名
◆献立:麻婆丼、じゃが芋とワカメのみそ汁、ミニトマト、キュウリの浅漬け、りんご

◎保育の専門学校生や中学生がお手伝いに来てくれました。前者は社会人経験アリの方達で、保護司・民生委員の話もしました。
◎前回、麻婆丼が辛くて食べられない子がいたため、コチュジャンはほんの少しだけ使用。3歳児がお代わりしていました(*^^*)
◎希望者は、講師が宿題や勉強など学習支援を行いました。
◎二升炊きの炊飯器のスイッチを押し忘れて、食事が6時30分近くになりました。「水に浸けておこう」などと思わず、「内釜をセットした時にONにしないとダメ」ということになりました。

20190612  

 

イベント参加

6月8・9日(土日)、区内の市民活動団体などが参加する大イベントに、「子ども食堂ネットワーク」として初参加。
「ネットワーク」の世話人をしているので、他の仲間と「準備会」に参加し、前日の設営・駐在当番・片付けもしました。
横断幕を作って掲示したり、スタンプラリーの当番に現れない団体に焦ったり…。

沢山の方がみえて、パネルに見入ったり、質問をされたり。参加の目的であるPRに役立ったと思います。
社会福祉協議会からお借りした「魚釣りゲーム」は、お子さん方に大人気でした(^^)v 
加盟団体の代表者とは情報交換会で顔を合わせていますが、駐在当番にはその他のスタッフの方達もみえるので、お話する機会にもなりました。

※このイベントには、「子ども劇場」としては四半世紀、「男女平等」団体としては15年ほど参加を続けています。あっちこっちと渡り歩き、忙しかったですが、沢山の市民活動仲間や来所する区議さん達とお会いできました。

20197

学習支援教室

子ども支援事業として、「子ども食堂」と並行すて「学習支援教室」も行っています。
計24人の子どもが登録し、ボランティア講師の分も含めて、毎回40食近くの小夜食・おやつを提供しています。お腹を空かせていては、学習に身が入りませんから^^;

ご寄付や在庫により、うどんやオニギリ、ホットドッグ、ハッシュド・ポーク、親子丼など、工夫しています。
講師の出欠に合わせたコーディネートや学童のお迎え、保護者対応などもしていると、調理・配膳担当は4〜5人。片付け作業もあるため、お皿も一つになってきています(* *;

小夜食が出る頃に来所し、食後にちょっと宿題して、学習し終わった他の子と遊び出す子もいて、ヤレヤレ…ですが、来所して宿題をやる習慣が身に付くことを期待しています。
※写真は、親子丼。

1906

 

子ども・若者応援ネットワーク

社会福祉協議会の呼びかけで、長らく準備されてきた「子ども・若者応援ネットワーク」発足の集いがあり、参加しました。
区内で活動している子ども・若者対象の団体・企業・NPOや関心をもつ個人が集まり、顔なじみの「子ども食堂」仲間やスクールソーシャルワーカーとも会えました。
準備会メンバーが社協の職員と1年かけて準備したもの、お疲れさまでした。

団体リレートークで「子ども食堂」や「学習支援教室」の活動、「応援ネットワークへの期待」についてお話し、グループトークで初めてお会いした方とお話したり。
こんなに大勢の大人が子ども達のために活動していたり、関心をもっているのだと、心強く思いました。

 

5月2回目の「子ども食堂」

◆参加:61名
◆スタッフ:14名
◆献立:チキンライス、かきたま汁、ミニトマト、キュウリの浅漬け、苺

◎食前・食後、多くの子が会場前で外遊び。カードやゲーム機から離れて、健康的!
◎オープン前、既に予約が50名近くあり、5時前には50名。
いつも来ている子や久しぶりに顔を見せた卒業生(中学生)、常連の子のお母さんが弟を連れて来所。断る訳にはいかず、中学生は自治会館で食事をしてもらうことにして、受け入れました。
「今日はいっぱいいるから」と、ご飯の盛りを少なくしていたら、最後にいっぱい余ってしまった💦
うまくいかないものだわ。20190522

 

映画「愛と法」

イベント2日目。午前中の「ステージ発表」では、仲間と鍵盤ハーモニカの4重奏をしました。
ジャズのトリオやアカペラの合唱もあったりで、メリハリのある舞台でした。

午後は、映画上映会『愛と法』。当日券も出て、黒字(*^^)v

LGBTや「君が代不起立」「無戸籍者」について、いきなり話題にするのは難しいですが、同じ映画を観ての会話はスムーズ。
映画はそういう利点があるのです。

モギリやアンケート回収のお手伝いをしてもらった団体会員の方達とも、暫くテーマについてお話しました。
普段、私の話をあまり聴かない夫にもチケットを用意して観てもらったので、夕食時に、作品の話題で盛り上がりました。

◎期間中、社会福祉協議会に「フードドライブ」をしてもらっていました。講演会や映画上映会に誘った友人や活動仲間にメールしまくって、皆、家にある食品で協力してくれました。
大勢の少量寄付品も、少数者の大量の寄付に匹敵します。何より、理解者を増やすことが大事です。

机や椅子を元に戻し、展示物を撤去し、余った食品を運営委員で買い取り、お疲れさま!

学習支援教室

「学習支援教室」では、卒業した6年生の欠員で、4人の新入生があり、その保護者の方達とも初顔合わせ。
顔と名前・学校・学年を覚えるのが大変でした。

お菓子をあげたら、予想外だったらしく、「こんなにもらっていいの?」と大喜びする姿が実に可愛くて、頬がゆるみました(*^^*)
また、初回で緊張しているせいもあるのでしょうが、真面目に学習する子ばかりで、講師が驚いていました(^^;

逆に、これまで、宿題すらやらない、30分と座っていられなくてウロウロしていた子が、大学生講師と静かに学習し、食後に将棋をしながら笑顔になっている姿に、スタッフ皆で驚きました。
信頼関係ができてきたと実感できた一こまでした

 つい、「勉強しないなら、帰れば?」と言いそうになりますが…家庭環境などから大人に不信感をもつ子の場合、講師やスタッフを「信用できる」かを確認するの、時間がかかるのかと思います。

定期総会

5月1日(祝)

「子ども食堂」と「学習支援教室」を運営する団体の定期総会を行いました。
第1水曜日が祝日となったので活動を第5に振り替え、有効利用です。
「子ども食堂事業」と「学習支援事業」の活動報告、決算書、事業計画、予算案について説明、承認。

後半は、お茶やビールを飲みながら、事業の運営や区内・他区・県の「子ども食堂」や「学習支援教室」の動向について共有。
*5月8日締め切りで、全国的に「子ども食堂」の数を調査しています。3,500くらいあると予想されていますが、地域ごとのネットワークがまだされていない所の数の把握が、難しい。
*これから始動する「子ども食堂」に先輩がアドバイスする「マイスター制度」というのを作った県ネットワークがあります。「マイスター制度」という言葉が、どうもね。「徒弟制度」で「親方」と「弟子」の関係ですから。早く始めたからといって、運営がうまくいっているとは限らず、区内でも中心的な人物が病気になって休止した「子ども食堂」があります。「人・場所・金」のうち、「人」は複数で回していける運営体制が必須。これは「子ども食堂」に限らず、市民活動全てに言えること。

それから、いつも参加する子ども達のあれこれについて。
皆、継続してきたことで子ども達や保護者との距離が縮まってきたことに、手応えを感じています。

4月2回目の「子ども食堂」

参加者は54名(幼児7、小学生42、中学生2、大人3)
◆スタッフ:19名(会員11、学習支援講師2、お手伝い6)
◆献立:回鍋肉、チンゲン菜と春雨のスープ、ミニトマト、キュウリの浅漬け、苺
◎区内の大学3年生と私立中学3年の生徒さん各お二人がお手伝いに来てくれて、参加者とジグゾーパズルやトランプ、折り紙、ブロックなどで遊んでもらいました。
◎食後は、大勢の小学生が中学生ボランティアと鬼ごっこ。すごい勢いで走り回り、幼児がそれに混ざって、実に楽しそうでした(*^^*)

20190424

 

助成金の報告書・申請書

社会福祉協議会に、「学習支援教室」の昨年度の助成金の報告書と今年度の申請書を出してきました。
そして、鍵盤ハーモニカサークルの申請書も。これは初めての申請です。
チラシや写真などの資料を付けるので、それも用意。
終わって、ホッとしたわ〜✨

 

より以前の記事一覧

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ