カテゴリー「市民活動」の記事

解離性障害

5月23日(土)

NHK 「バリバラ」カイリの謎~前編から

解離性障害については、本を読んだり当事者の話を聴いたりと、結構学んでいると自負していましたが、この番組を見て、知らないことが沢山あったと気が付きました。
◎解離性健忘、解離性同一性障害、離人症性障害、解離性遁走など、本人が語る内容が分かりやすかった!
※再放送は、5月24日(日)0:00(土曜深夜)
※後編「つきあい方の流儀」は、5月28日(木)夜8:00 

第9回「配布会」

50食を配布しました。
40人を超える予約があり、(予約を忘れた)常連の子たちにも手渡すことができて、ホッとしました^^;
◎バナナ、生チョコ、「マカロンのようなカラフルな」スープ(お湯を注いで食べて!)・鮭フレークのご寄付がありました。
◎ご寄付の給食牛乳をどっさり手にして、子ども達が喜んでいました(*^^*)
◎「配布会」について伝え聞き、遠くから来所された方がいました。
殆どの子ども食堂が今、お休みしているからですね。

202005205202005206

食品の山

明日の「配布会」に向けて、企業からバナナ、輸入チョコ、給食牛乳が大量に届いています。
玄関は、完熟バナナの匂いが充満^^;

20200520202005202202005203

ウォーキング

5月14日(木)

この2か月、1キロメートル圏内での生活で、体重増加、筋肉も無くなりそう?
夫を見習って、石神井川沿いの遊歩道をウオーキング。
※夫はポケモンゲームしながらなので、同行せず^^;

月が見えたり、花が愛らしかったりと、朝は気持ちがいい。8千歩近く🎶
ただ…マスク無しでのジョギング(息がかなりの範囲に飛び散る)やおしゃべりするカップルとすれ違う時は、不快。
マスクが無い時はバンダナでいいから、鼻と口を塞いでほしい。

Photo_20200519073501Photo_20200519073502Photo_20200519073503

第8回「配布会」

第8回目の「配布会」を行いました。
◆オニギリ弁当・果物・お菓子を45食配布

◎全国ネットワークを通じて、ゼスプリさんからキウイフルーツ2種類、区役所を通じてポテトチップスのご寄付がありました。
◎会場の窓を全開にして、受け渡し所を作りました。
◎希望者は、学生講師が学習支援をしました。
 ゴールデンウイーク明けに、どっちゃり宿題が出て、全くやっていない小学生・中学生がいる!
 3・4月はほったらかしで、いきなりだから。困るね。
 この間3か月、保護者が手当している子とそうでない子とで、かなりの学力差が開いているように思う(* *;

20200513202005132

定期総会

「子ども食堂」と「学習支援教室」を運営している団体の定期総会をひっそりと開催した。消毒と換気・距離に気をつけて。
別館・別室で10人ほどの子ども達と4人の学生講師で臨時「学習支援教室」をやっているので、出入り口を分けて30分ほど。
参加は10人、新入会が1人✨

決算報告と事業報告、予算案と事業計画。
「子ども食堂」皆勤賞の発表や参加の統計など。

都知事の要請を受けて、区が区立小中学校の休業延長と学童・保育園の縮小延長を決めたので、今月も「子ども食堂」は実施できなくなった。
できることをやるしかないので、臨時の「学習支援教室」と「配布会」を続けることになる。
来月再開できても、ワクチンが行き渡るまで、消毒・換気・密集を避けざるを得ないため、形態を考えないとね。

学習支援教室

社会福祉協議会と共同運営している学習支援教室(無料)は、今月末までお休みが延期された。
3月からだから、3カ月も。
が、実は…並行して運営している自主事業の学習支援教室(無料) は、この連休中も、少人数で休みなくやっている。軽食・おやつ付き。
だって、保護者に問題のある家庭だったら「ステイホーム」なんて、こわい。経済的に苦しい家庭もあるし。
学校が関われない間は特に、地域の大人が目配りする必要があると思っている。
会場が広いので、1テーブルに一人。地域の学生たちに講師をしてもらって(授業もバイトも休みで家に居るから、感染の危険性少ない)。スタッフも、必要最低限。
子ども達がニコニコして、実に楽しそう!
※消毒液や手作りマスクのご寄付で、大変助かっている。

河北新報の記事より
「虐待や貧困の中にある子どもたちに目が行き届かないこと、社会がイライラしていて他者に攻撃的になっていること…。影響は甚大でウイルスと同じレベルで危険だ」
「学校側の目配りが行き届かず、子どもの心と表情の変化、体の傷など虐待の兆候を見逃す恐れがある」

ステイホームの恐ろしさ

河北新報の社説より
「虐待や貧困の中にある子どもたちに目が行き届かないこと、社会がイライラしていて他者に攻撃的になっていること…。影響は甚大でウイルスと同じレベルで危険だ」
「学校側の目配りが行き届かず、子どもの心と表情の変化、体の傷など虐待の兆候を見逃す恐れがある」

社会福祉協議会と共同運営している学習支援教室(無料)は、今月末までお休みが延期された。
3月からだから、3カ月も。
が、実は…並行して運営している学習支援教室は、この連休中も、少人数で休みなくやっている。軽食・おやつ付き。
だって、保護者に問題のある家庭に「ステイホーム」なんて、こわい。経済的に苦しい家庭もあるし。
学校が目配りできない間は特に、地域の大人が気遣う必要があると思っている。

会場が広いので、1テーブルに一人。
地域の学生たちに講師をしてもらって(授業もバイトも休みで家に居るから、感染の危険性少ない)。
スタッフも、必要最低限。
子ども達がニコニコして、実に楽しそう!
※消毒液や手作りマスクのご寄付で、大変助かっている。

第7回「配布会」

7回目の「配布会」では、45食を手渡し・お届けしました。
◆スタッフ10人(うち、手伝い3、学習支援講師 1)

◎「授業もバイトもない」と、大学生3人が子ども達の相手をしたり、勉強の支援をしてくれました。
◎ボランティア希望の子ども達数人にも、手の消毒・マスク完備でお手伝いしてもらいました。
◎「子ども達が久しぶりに会えてよかった」というママ。「配布会」が顔を合わせる機会になって嬉しいです。
◎「久しぶりに家を出た」という小6生、壁でしばらく1人卓球をして、スタッフとおしゃべりしていきました。
◎今回も、手作りマスクを希望者に差し上げました。
◎「〇〇は子ども食堂が大好きです。早く前のようにみんなで食べたいそうです」という予約メールをいただき、胸が熱くなりました。
◎異動されてきた担当課係長が見学にみえました。

※「NPO法人 むすびえ」を通して、アルコール製剤をご寄付いただきました。数本のボトルに小分けして、使っています。感謝です!

 20200422220200422

第6回「配布会」

第6回「配布会」では、47人に配布・お届けしました。
お菓子は袋詰めにして、大サービス(^^♪

※「園も休園になり、親も子ども3人も、ストレスマックスなところ、先日、お弁当の提供をいただきました。私にも余裕ができ、子どももいつもと違うご飯で、楽しく食べることができました」という予約メールが、とても嬉しかったです♬
※参加者の保護者から、大人用・子ども用の手作りマスクをたくさんご寄付いただいたので、マスクをしていない子に付けてあげたり、希望者に差し上げました。ありがとうございます!
※宿題やドリルを広げた子達を大学生・高校生のボランティアが学習支援しました。

より以前の記事一覧

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ