カテゴリー「つぶやき」の記事

プーシキン美術館展

7月3日(火)

Dsc_0106_2 そのうち行こうと思っていた展覧会(東京都美術館)。
「会期終了まで、あと1週間もない!」と気付いて、慌てて来館。

「伊藤若冲展」での失敗もあるため、予め、混雑状況をネットでチェックして行ったのですが…
入るのに待つ必要は無いものの、十分、混雑していました。人が切れ目なく入ってきて、チケット購入からだと、行列。
やはり、公園口改札手前のチケット売り場で買って行って正解。

館内は撮影禁止、出口にでかい撮影スポットがありました。ルソーが想像で描いた熱帯ジャングルの世界。馬の陰に入って、この作品の世界に入り込める大きさ shine ※この絵、馬がジャガーに襲われているように見えないんですが。ジャガーが馬に抱きついているとか・・・。

◎パリ市内の地図、パリ郊外の地図が掲示してあり、作品のタイトルにある地名がどこなのか、分かるようになっていたのは、親切でした。

◎『廃墟のある風景』を描いたアルマン・ギヨマン(1841~1927年)の解説に目が留まりました。
「50歳で宝くじが当たり、仕事を辞めて、絵に専念した」と! 調べてみたら、日中描いて、夜は土木局で夜勤をしていたそうです。妻は教員をして、生活を支えていたとも。
安易に得た大金だと散財してしまう人が多いでしょうが、堅実だったんですねwink

自分で

Photo_5 誕生日に何ももらえず、母の日ももらえないだろうし…で、自分で花束を買いました。これ、母の日用 wink

亡き義母がグループホームに居た頃、母の日のプレゼントに贈ってその便利さに驚いたもの。
下に栄養入りジェルが入っていて、自立して世話要らず heart04
花瓶も水換えも不要なので、楽 shine

ゴールデンウイーク!

Photo_4 長らく休みなく働いてきたので、ゴールデンウイークは、遊びます flair
助成金の申請とかワークショップの応募とか、パソコン作業はありますが…会議もイベント運営もナシ!

お花見

3月27日(火)

Photo 北とぴあで活動あったので、「今日は、花見」と決めました!

飛鳥山公園、平日朝はやはり花見客が少ないwink 始発のエスカルゴが来たので、それで下りました。
下(王子駅前)では既に利用客の列が。

Photo_3 帰りは、音無親水公園から石神井川沿いを徒歩で。

雪かき

大雪だった月曜日。
雪かきスコップを手に、夫と私は寝る前に2度、家の前を広めに雪かきをした。翌朝、夫が更にやった。

郷里(宮城県)では、自分の家の前の道は公道だけど、そこの雪かきはそこんちの義務。そんな風に育った。東京じゃあ、違うみたいで、呆れる。
高齢だから…とは限らず、年齢に関係なく、自分ちの前の雪掻きをする人が少ないの。

そこを歩く人のことを考えないのかな。 新聞配達や郵便配達の人たち、困るでしょう wobbly
雪かきをしない家やマンションの前の道は、水曜になっても凍結して歩けなくて、危ない状態で、歩くのも怖かった。
労働者の権利と共に、そうした公共心を学校で教えるといい。教えない家が多そうだから。

ベビーマグちゃん

Photo_3 フェイスブックで知り、買って使ってみた。
マグネシウムを利用したもので、これを洗剤代わりに洗濯機に入れて普通に回す。

洗剤を使わないで洗濯とは!
水は汚れないし、洗濯機のカビも無縁。
※綿・麻・化繊用で、ウール向きではない。

無限に使える訳ではないが(1日1回使用で1年ほど)、環境にいい上に、経済的。番組スポンサーでもある洗剤メーカーに遠慮して、メディアは取り上げないんだね。
子育て中の活動仲間2人は既に使っていると知って、驚いた。アンテナが高い!

1個が3キロ用なので、もう一つ購入 shine

新年のご挨拶

2018年元旦

何ということでしょう!腹痛で動けません bearing
年明け早々、丈夫な私が、なのです。掃除と料理はバッチリ終わっているので、特に問題もなく、 夫がアレコレやってくれています shine

3_2

トイレ通いが落ち着いたところで… 今年の抱負を。
「子ども食堂」「学習支援教室」、男女平等を目指す活動を地道に続け、市民活動支援・保護司活動もいつも通りやりつつ…劇場通い・旅行など、楽しいことをいっぱいしたい。
いつもと変わりませんね wink
宜しくお付き合いのほどをお願い致します。

タラブックス原画展

12月27日(水)

今週は、毎日、掃除しています。洗面所、浴室、台所、フローリングの床、窓、終了。残るは、トイレと玄関。

そんな中、行ってきました!西高島平まで dash
板橋区立美術館で開催されている「タラブックス」の原画展。
南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」は1994 年に設立され、シルクスクリーンで絵本を作る(手作業で)工房を持つインドの出版社。

Img_20171227_121346_4

ステキでしたー lovely
絵本も手に取って見られるので、子連れも。 民俗画家などと相談して作るというギータ・ウォルフとV・ギータという二人のインド人女性(代表者)のインビュー画像も見流れていて、ジェンダー視点がよいなぁ〜 shine

PC

Pc

 

パソコンを買い替えた。今回も軽量薄型(700gちょっと)。タッチが軽いので、気分いい shine

ただ…サインインだのプロダクト・キーだのと煩わしいこと。インストールだの、環境設定だのも必要だし。
これまでみたいに…今までのが立ち上がらなくなる前に買ったので、メーラーも(団体の)ホームページも少しずつ引っ越し。

で、古いホームページビルダーで対応できなくなった。
年表のページとか…一から作るのは考えたくもないので、やはり、更新するのがお手軽。 で、バージョンアップ版を買って、FFFTPもお引越し。ネットのみで完了できるのが、素晴らしい good

画面がズレているのを直して更新していたら、あっという間に4時間が経っていて weep
ついでに、ロゴを新しく入れたりして、遊んでいる。ついつい、そんなことをしたくなるのは…嫌いじゃないということね
wink

喪中はがき

喪中を知らせるハガキの中に、見知らぬ名前の女性からのものが。
なんと…同級生の死を知らせる、伴侶からのものだった。

仙台の中学の時のクラスメイト。
合唱祭では、彼が指揮で私は伴奏。とっても真面目な子だった。
四半世紀ぶりに東京在住者で集まった同級会で再開。真面目一方から成熟し(?)予想外に意気投合して、暫く話し込んだ。
暗い表情で、いきなりの「戻れるものなら、違う人と結婚したかった」という一言に、驚いた。
幸せではないのだな、と despair

その後、会うこともなく、何となく年賀状を遣り取りしてきたが、一言も自筆の文言がなく、いつも気にかかっていた。その後、どうなったのかと。

選択に迷ったこともないので、「前に戻っても同じ選択と失敗を繰り返す」ことがイヤで、「戻りたい」などと思ったこともなく、やるべきことをバリバリやれている自分の人生が、本当に幸せだと思う。
彼の最期は…どうだったのだろうか。

この話をした活動仲間は「夫を大事にしたい」と coldsweats01
えっ、そこ?粗末にしてってこと?
私は、彼はパートナーとの価値観の違いに苦しんでいたのだと思ったんだけど・・・

より以前の記事一覧

2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ