カテゴリー「音楽」の記事

海藻姉妹コンサート

Photo_2 「海藻姉妹?」チラシに興味をそそられ、5歳の孫を連れて「子ども向け」の回に行ってみた。
区民前売り2千円、小学生以下千円、2歳以下無料(膝の上)。

ヨチヨチの1歳児から小学生の家族連れで、満席。
芸名は、わかめ、めかぶ、こんぶ happy02

服に海藻が刺繍されていて、個性的flair 髪型やメイクは、このチラシより、洗練されていた。
オリジナル曲あり、ジブリ作品メドレーや「チャルダッシュ」などを編曲して、MCを入れながらの1時間超。

演奏は、中々sign01
だが、子ども向けは45分で終わらせた方がいい。
うちの孫は、飽きていた coldsweats01
しゃべくりも、これから上手くなるのだろう。
孫は「まだ終わらないの?」と文句を垂れながら、曲に合わせて唄っていた wink

6月邦楽公演「日本音楽の流れⅡ -琵琶-」

6月2日(土)

Photo_2 日本の楽器について、歴史・特色を紹介するシリーズ。
国立劇場 小劇場にて、14:00~17:20(長すぎて、お尻が痛い…despair


◎雅楽
「平調音取(ひょうじょうねとり) 越殿楽(えてんらく) 陪臚(ばいろ)」
楽(がく)琵琶=東儀博昭
西方から中国を経て伝えられた琵琶は、平安時代に宮廷音楽で用いられた。主旋律は管楽器で、琵琶は拍子のみ。水平に構えて演奏。

◎平家
「竹生島詣(ちくぶしまもうで)」
*今井勉が休演 にて、彼がここで演奏した 2017年の映像を鑑賞。琵琶法師が語る平家物語を「平家(平曲)」と呼び、盲人音楽家が語り、その合間に「ポローン」と奏する。

Photo_3 【実演・解説】 近代琵琶楽への変遷*薦田(こもだ)治子さん(武蔵野音楽大学教授)による、演奏付きの解説。 実に分かりやすかった shine
*近世、権力者の寵愛を受けた琵琶法師が「当堂」という団体をつくる。そこへの所属を拒んだ九州の琵琶法師が「宗教活動」を行う「盲僧(もうそう)」を名乗って活動。医療が発達したことと、盲人の職業の幅が広がったことで、晴眼の僧(盲僧の子孫ら)が檀家の希望に応じて、今も(天台宗玄清法流)演奏しているとな。
盲僧琵琶の演奏は、念仏を唱えながら琵琶をかき鳴らすもので、奏法がどうこういうレベルではない。単調で、すぐに飽きた
despair

薩摩琵琶・・・18世紀、盲僧琵琶から誕生。明治時代に活躍した薩摩出身の官僚により、全国的に流行。天皇にも指導した。撥が大きく、胴体に叩きつけてリズムをとる奏法が加わる。勇壮な題材と豪快な撥さばきが特色。

筑前琵琶・・・これも、盲僧琵琶から派生。琵琶よりも軽く、音域が広い三味線が流行したことから、琵琶で三味線音楽を演奏しようとして発展。女性の演奏家が多く出た。

◎薩摩琵琶「城山(しろやま) 」 須田誠舟
  西南の役で敗れた西郷隆盛の最後を綴った作品。

◎筑前琵琶「湖水渡(こすいわたり)」 奥村旭翠
  本能寺の変」の後、明智光俊が琵琶湖を渡って坂本城に駆け付けるという内容。
  流麗な演奏。

◎鶴田琵琶「壇の浦(だんのうら)」 中村鶴城
  鶴田琵琶は、戦後に誕生した琵琶楽で、映画音楽や現代音楽に進出。
  「壇の浦」は、源平合戦の安徳天皇入水の場面を描く。
  この奏者は声が小さくて張りも無いのだが、撥で弦をこする奏法と相まって、
   非常に切ない場面の表現が素晴らしかった confident

◎現代曲「胡絃乱聲(こげんらんじょう) 」新作委嘱初演、作曲=平野一郎
正倉院に伝わる二面の復元正倉院(四弦/五絃)琵琶を復元し、笙・竽・打物・群声(コロス)との合奏。
これがね、いただけない。古代の琵琶は響かないので、演奏が単調な上に、群声(東京混声合唱団)に負けちゃうの。琵琶の魅力が伝わってこない曲だった、残念。

「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO2018」2日目

5月4日(祝)

Dsc_0040_2 今年から、池袋の東京芸術劇場も3~5日(祝)は音楽祭の会場となった。
会場は、普段は演劇公演で使う小ホール、シアターイースト。

音楽祭2日目は、レミ・ジュニエのピアノ独奏
notes 曲目
①プロコフィエフ:ピアノソナタ第8番 変ロ長調 op. 84
②ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章

※諸国遍歴の後にソ連に戻ったプロコフィエフと、二度の亡命を経験した世界人ストラヴィンスキーを新進ピアニストが演奏。

②ストラヴィンスキーは、「火の鳥」「春の祭典」「ペトルーシュカル」など、バレエの作品で馴染みがある。リズムも曲想も、独特だよね。この「ペトルーシュカル」は、後にピアノ独奏用に編曲したもの。

非常にダイナミックで激しい演奏。鍵盤を叩きつけるような箇所が、随所にあり。レミくん、演奏前に内ポケットからハンカチを出して神経質そうなのにねぇ。
サイトに載っていた写真は美少年だったが…膨らんだ髪の毛(天パ?)が、小型の「鉢かずき姫」に見えて sweat01 気になってしょうがない<前髪、切れよ~。
ホールを出る時、後方で若い女性が二人で「桁違いだよね、凄いsign01」と、感動の声 shine

※ホールのトイレで、所属団体の会員さんとバッタリ!お互い、「ラ・フォル・ジュルネ」に毎年通っていることが分かった。「そうそう、この人、この間…ピアノ弾いてたっけ」と、向こうも思ったかな wink
※劇場前広場が無料演奏会場になり、その影響で「大道芸フェスティバル」が6日(日)のみになっている。例年、パフォーマンスの公演を楽しんでいた私としては、残念!

Img_20180504_134704東武デパートで一目で見つけた、履きやすい」サンダル(滅多にない幸運!)+池袋SPで好物の「貝づくし」寿司、フランスパンなどを購入 delicious
池袋では、これも楽しみの一つ。

「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO2018」

5月3日(祝)

Dsc_0035_2 今年も、「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」へ。

東京国際フォーラム前広場の屋台村には行列ができて、まぁ…すごい人出でしたよ sweat01

◆曲目
*ラフマニノフ「死の島」
*ヴィクトロワ オラトリオ「エクソダス」(日本初演)
: 「出エジプト記」から想を得たウクライナ人作曲家の新作(映画『十戒』の音楽版)

Img_20180503_131333 出演:ウラル・フィルハーモニー管弦楽団、エカテリンブルク・フィルハーモニー合唱団、ドミトリー・リス(指揮) 石丸幹二(朗読)・麻実れい(朗読)

lovely オーケストラは2管編成で50名ほどいるのに加え、2曲目で50名ほどの男女合唱団が入場、豪華だったわ~。
※映画『十戒』の粗筋をナレーターが担当し、それをかき消すほどの音量で演奏が鳴り響く!(かち合わないようにしてほしい coldsweats01

作曲者が最後に登場。感じのいい女性でした。
楽屋口には、大勢の女性ファンが出待ちしていた。石丸さん・麻美さん、どっちのファンか?

パイプオルガン・コンサート

12月19日(火)

Img_20171219_184641

xmas劇場仲間を誘って、パイプオルガン・コンサートへ。
ペア券だと一人2,500円で、十分楽しめた。

高所にあるパイプオルガンが見えるようにか、前から4列は空けてあり、4人で最前列(5列目)。3階まで人が入っていて、満席に近かったと思う。

note 第1部では、バロックオルガンでバッハの独奏を聴き、第2部では、回転して出てきたモダンオルガンでサン・サーンスの「クリスマス・オラトリオ」を聴いた。
ソロ・二重唱・三重唱・四重唱・五重唱と歌手が入れ替わりながら進む曲は、女性のドレス鑑賞も含めて楽しめた
lovely

その後、皆で忘年会。
昨年、このコンサートの後に入ったのと同じ店に入って、「一年が経つのは早い!」と delicious

小曽根真「Jazz meets classic」

10月14日(土)

Photo

小曽根 真が毎年企画しているシリーズ。
東京文化会館 大ホールにて、17時~19時半

◎第1部はまず、リオ・クオクマン指揮で都響による
バーンスタイン作「キャンディード」序曲
速足で登場した指揮者がコンマスと握手して、自分の位置に付くなり、すぐに演奏開始。
アップテンポで起伏の激しい演奏、刺激的~ flair
2列目の良席で、舞台袖に引っ込んだ指揮者が紙コップで水を飲む姿まで見える coldsweats01

◎そして、小曽根とピーター・アースキン(パーカッション)が登場し、バーンスタイン作交響曲第2番「不安の時代」
様々な楽器の音が入れ替わり、リズムが複雑。とても寝ていられません!
小曾根の演奏場面で、そのアレンジを微笑みながら聴いているバイオリンパート&憮然として待機している(ように見える)ビオラパートの団員が、対照的(そんなに気乗りしないのか?)


※バーンスタインの楽曲は、譜面通りに演奏しないと「バーンスタイン財団」に訴えられるそうで、小曽根は有力な人を介してアレンジでの演奏を許可してもらったそうだ。
この日が初演 notes

◎第2部では、小曽根とピーター・アースキン、ダレク・オレス(ベース)によるトリオでの演奏。第1部とうって変わって、リラックスした静かな演奏。
曲目は、L.Bernstein: Some Other Time、P.Erskine: Twelve、Ozone: Nova Alvorada、Ozone: Wishy Washy、Mirror Circle、Before I was Born、Erskin: Bulgaria、Ozone: Popcorn Explosion(アンコール)
※「僕たち、いつ知り合ったんだっけ?」と小曾根が聞くと、「1978年」とアースキン。小曾根が留学費用を捻出するためにホテルでバイトしていて、「ウェザー・リポート」の一員として来日していたアースキンが
「オスカー・ピーターソンみたいなピアノを弾く高校生がいると聞いて、見に行ったんだよ」と。そーんな昔からの知り合いだったのね wink

「熱狂の日」

5月5日(祝金)

Dsc_0421
東京芸術劇場の魅力的な公演の合間に、
1日だけ「熱狂の日」へ(東京国際フォーラム)。
身近で聴く生音を堪能 notes

◆ホールB5にて(250席)
演奏:テディ・パパヴラミ (ヴァイオリン)&フランソワ=フレデリック・ギィ (ピアノ)
◎ファリャ:スペイン民謡組曲…起伏に富んだ曲、良かった flair
◎バルトーク:ルーマニア民俗舞曲…ドラマチックで眠気が覚めた

wink

◆G409にて(150席)
演奏:大萩康司(ギター)
◎レオ・ブローウェル「舞踏礼讃」…かなり難しそうな曲を繊細に演奏。
◎ピアソラやジョビンの曲が、ギター独奏用の編曲で別もののように難曲になっていて。

Dsc_0420

◎藤井敬吾「羽衣伝説」…沖縄音階(特殊なチューニングをするんだって)で「特殊奏法を駆使した(プログラムより)」演奏、新鮮で素晴らしかった shine
今日は端午の節句なので」と、1分でチューニングを戻して、残りの1分でタンゴを
flair

 

Photo_4


BホールからGの部屋に移動する合間に、地上広場の無料演奏をちょこっと聴く。

暑かったので、屋台村にマンゴーパフェかマンゴーソフトが無いか探したが…パフェなし、ソフトはバニラのみ。去年まではあったのに(私が来ない日は、あるのかも) despair

「ボンクリフェス2017」

5月4日(祝木)

Photo_2

今日も東京芸術劇場へ。

せっかく西口なので…半年振り?にTデパートで買い物をして、
東京芸術劇場前で男女ペアのジャグリングを楽しみ(子ども達が大勢、最前列で拍手してた)、
劇場ロビーからは、地下一階広場のギターの無料コンサートが見られた(「ボンクリフェス」の一部)。
演奏者は、村治奏一さん notes

Photo_3


◆17:30~コンサートホールにて、「ボンクリフェス2017」スペシャル・コンサート
※「ボーン・クリエイティヴ」を略して「ボンクリ」。「人間は皆、生まれつきクリエイティヴだ」という意味。

「現代音楽の夕べ」って感じ coldsweats01

◎ディレクターは、作曲家の藤倉 大。藤倉さんの曲、藤倉さんの好きな坂本龍一やデヴィット・シルビアン、大友良英さんの曲を藤倉さんが選んで交渉した「アンサンブル・ノマド(現代音楽アンサンブル)や伶楽舎(雅楽アンサンブル)、仲良しのクレア・チェイス(フルート奏者)が演奏。

◎藤倉さんの「フルート協奏曲」では、斬新なフルート演奏(クレア・チェイス)が lovely
これまで、100曲以上の新曲を提供されて世界初演しているそうな。長すぎて1/4ほど曲がったフルートや2メートル以上のどでかいフルート(これも、途中で曲がっている。重すぎて、立てて吹く)を超絶技巧で聴かせる shine
雅楽との共演も面白かった flair

ライブハウス

2月19日(日) sun

notes 北とぴあ14・15階で、子ども劇場の例会。
14階の2ホールでは午前中から夜まで8プログラムが続く「ライブハウス」で、15階ホールは休憩所。ライブの合間に会員が飲食して過ごせるように、これも会員が出店をし、利益は財政へのカンパという企画 shine

Photo_3
wine 私たちのサークルは、夕方の笛&ギター演奏を選び、その前の2時間、サークルで「ワインバー」を出店した。
150m入り再生紙の紙コップを買って、イタリアcoopのワインを1杯200円。

…coopみらい店舗にワインを買いに行ったら…なんと sign01買う予定のワインより1ランク上のワインが「在庫処分価格」で買えた。これだと、1杯150円でもペイするぞ。しかし…
*定価だと200円でトントンなので、次回「値上げした」と言われると困る
*50円玉の釣銭が用意できない の理由で、急遽、「お代わり100円」を追加。
赤と白、どっちがいいかな」と悩む人には、「お代わりして、どちらもどうぞ」とおススメ wink

コロッケ、コロッケバーガー、コーヒー、豚汁、パンケーキ、手作り焼き菓子、太巻き、浅漬けと多彩なお店が並ぶなか、家族で食事をし、子どもたちが楽しそうに走り回り、親達は仲間とゆっくり話し、ワインのお代わりに至福の時 sign02
てなことで、紅白6本のワインも殆ど完売 delicious
利益をカンパすることができたし、活動仲間と言葉も交わせたし…で、楽しかった
lovely

◆一噌幸弘(能管)&高木潤一(フラメンコ・ギター)
安土桃山時代から続く「能楽一噌流笛方」の一噌(いっそ)さんが、ルネサンス・リコーダーから角笛まで、大小様々な笛でオリジナル曲などを演奏。
2本の笛で和音を吹き、もう1本足してメロディーを吹きと、一人で重奏してしまうのが、スゴイ
sign03

Talk & Lesson 小曽根 真ワークショップ「自分で見つける音楽」Vol.4

Ozone
東京文化会館 小ホールにて、19:00~21:00

自分の音楽をピアノで語る、プログラムなしの小曽根ワンマンショー。
方言そのままにホームパーティーでしゃべるような、アットホームな雰囲気。1500円というコスパの良いコンサートだ
notes

開場時刻に行ったら、既に長蛇の列。やむを得ず、鍵盤が見えない脇の3列目に座る。640余りの席は、ほぼ満席。
「ここの音響とピアノが好き」という小曽根。集音マイクだけの会場で、残響を聴かせる場面も confident

10月に都響と共演で弾くバルトークの病的な不協和音について、演奏付きで解説も。
その後の聴衆との質疑応答では 高校3年生の「進路相談」や演奏家の「壁を越える方法」について饒舌に語り、予定を30分も超過 wink 楽しいひと時だった。

より以前の記事一覧

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ