« パトロール、続行中! | トップページ | 夏休みの「子ども食堂ランチ会兼学習会」 »

『買売春解体新書』

7月28日(火)

地域の男女センターの「新刊コーナー」にあったので、借りてきた(2,400円します)。
でも、「1999年7月発行の「新版」だったのです。20年前!かなり昔でね。
でも、中身はかなり刺激的で、ぶっ飛びました。

【上野・宮台さんによる対談】

フィールドワークから言えることとして、女子高生の実態が紹介されている。
ブルセラ、援交(援助交際)、ホテトル、テレクラ…など、私の認識はかなり更新された。(* *;

「ブルセラ・オヤジの分析」
*高校生はメンスもあれば、妊娠もできる。使用可能にのかかわらず、戦前からの純潔教育によって「使用を禁止されている」

*性道徳が厳格な親父は、娘への愛情ではない。私有物を犯されたという怒り。子どもの人生も人格も自分の持ち物。性的非行は、だから、自傷行為。
*テレクラ売春は、商品からフリーランス、自営業者に変わった、決定的な変化。
*自営は、危ない目に合うこともあるが、いやな客に売らなくていい。
*自分の意志で売春しているのだから、援交は自由。性的なアルバイト。非行や犯罪ではない。性暴力や性感染症というハイリスクは、あるが。
 ⇒自分の娘や知ってる子なら「本人の自由意思だから」と、ほっとく?性教育もされていない娘がさ。すぐ妊娠しちゃうよ。

※角田由紀子さん他の講演録も掲載。

Photo_20200728070901

« パトロール、続行中! | トップページ | 夏休みの「子ども食堂ランチ会兼学習会」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« パトロール、続行中! | トップページ | 夏休みの「子ども食堂ランチ会兼学習会」 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ