« コロナ支援窓口 | トップページ | がいこくじん の みなさんへ »

9月入学は、そう簡単じゃない

今、話題になっている「9月入学」。

「国際的にも…」と言うが、それらは9月で6歳の子が小学校に入学して、17歳で高校を卒業している。
日本より「半年早い」のだ。
安易に半年遅らせて9月始業にすると、留学生と1歳違ってきて、国際基準とずれる。

しかも、翌年の9月まで、授業料を半年分長く払うことになって、奨学金を払い切れない人が増えるだろう(それを国が支給するなら、いいよ)。
そして、来年9月に2学年分入れないと、1歳の違いは正せない。
彼らは6年後に中学、3年後に高校、その3年後に大学に入るので、その度に1年生が2学年ずつになるのだ。
教室や教員は間に合わないのでは?

初めててから16年後にやっと転換終了する、大規模な改革なのだから、しっかり準備が必要なのだよ。
※反対している訳じゃない。やった方がいいとも思う。
  

« コロナ支援窓口 | トップページ | がいこくじん の みなさんへ »

記事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ支援窓口 | トップページ | がいこくじん の みなさんへ »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ