« こども食堂サミット2020 | トップページ | 映画『CATS』 »

シーエーティープロデュース『黄昏』

演劇鑑賞会の例会、『黄昏』を観ました。
観ているうちに、思い出しました!
ジェーン&ヘンリー・フォンダ父娘主演の映画だと。
チラシの「あらすじ」を読んでも、ちっとも思い出さなかったのに(* *;
休憩時間に、左隣りのサークル仲間Kさんが「キャサリン・ヘップバーンが、妻役だった」と。そうでした!
ステキな歳の取り方だと思ったのでした。
あれは、40年前だったのですね。高橋恵子さん、歳相応にステキですね~。

作:アーネスト・トンプソン、翻訳:青井陽治
演出:鵜山仁
出演:高橋惠子/瀬奈じゅん 松村雄基・石橋徹郎 若山耀人/石田圭祐  

※父娘の和解、良かった。
あと、あんな皮肉屋の老夫とよく暮らしていられるものだと感心。優しいのね。
右隣のサークル仲間Sさんが
「あんなに優しくしたら、図に乗る」と言って、大笑い。
昨夜観た夫が「うちと同じ感じで、あんまり」と。
えっ、そうだったっけ? 

※KさんもSさんも、今回からの入会。感銘を受けたようで、ホッとしました。

Photo_20200203172401

« こども食堂サミット2020 | トップページ | 映画『CATS』 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« こども食堂サミット2020 | トップページ | 映画『CATS』 »

2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ