« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月の記事

児童館も休館

2月29日(土)

孫達の子守。
近くの児童館は台風で雨漏りして暫くプレイルームが使えなかったのが、やーっと修理が終わっていた。混んでもいない。
新しいブロックも入っていて、6歳孫はもう夢中。
ボールを上から転がす「ピタゴラスイッチ」みたいなので、すぐ外れる脆弱性が難点。
誰も触っていないのに倒れてきて、そばにいた弟を疑って殴るのを止めたりして、もう…。

ここも、今日で休館。今月末まで使えない。
ネットで区切って、卓球少年4人が卓球台を2台で、延々、楽しそうにプレイしていた。
この子達も、一月、使用できないのね…。 

Photo_20200301060801Photo_20200301060802

中止のお知らせ

2月28日(金)

「学習支援教室」と「学習支援教室」について、Facebookとホームページで中止のお知らせを出した
>3月第1週の「学習支援教室」と第2週の「子ども食堂」をお休みします。

新型コロナウィルスの感染予防のために、
「教室」については、共同開催の社会福祉協議会の意向。
「食堂」は、区内「子ども食堂ネットワーク」事務局の社協の考えに同意した結果。
残念…。

◎昨日の、「小中高校の一斉休校を要請」というニュースには驚いた。
日中、親が仕事を休めない家庭はどうするの!?
低学年の子に、自宅で毎日留守番させる?
子どもの面倒を見るために仕事を休んだら、生活の補償は?
そういった配慮が全く示されていない要請でしたから。

◎今夕、都の判断を受けて、区教育委員会の対応が出された。
幼稚園や小学校、特別支援学校での預かりが可能。
学童の実施もあるということで、ホッとした。
でも、昼をはさんで居る子は、弁当持参。大変だよね。
※家庭によっては、痩せちゃう子や栄養のバランスが心配💧

全く「預かり」のない区、 低学年だけ「預かり」措置をする区と様々。
自治体によって違うのね。

新型コロナウィルスの影響

月に1回くらいのペースで、鍵盤ハーモニカグループの演奏依頼を受けていているが、2月・3月のイベントが中心・順延となり、
チケットを買っていたバレエ公演・コンサートも中止・払い戻しに。
参加者が不特定多数だから、しょうがないね。
手帳が白くなっちゃった(^^;
大勢が参加する研修・会議も開催中止の連絡ばかりで…余暇が増えたけど、映画館も行かない方がいいし、家で読書か練習かな。

そして、特定少数の集会開催について、逆に「実施するんですか?」という問合せが毎日ある。
「消毒液は用意します」「ご自身の判断で、ご参加ください」 とお答えしている。
「他の用事がキャンセルされて時間ができたので、参加する」というのもあって、これも「新型コロナウィルス」の影響。

手洗い・消毒

昨日の「子ども食堂」は、
◆参加:63人(幼児・小学生・中学生・保護者)
◆スタッフ:16人(会員・お手伝い・学習支援講師)
◆献立:キムチ炒飯、中華スープ、ミニトマト、浅漬け、りんご、チョコ(ご寄付)
◎幼児用に辛くないのも用意。
◎キムチ好きが多く、別皿のキムチがすぐに無くなってしまった。次回は買う量を増やしましょう!
◎新型コロナウィルスの感染が懸念される中、スタッフで消毒液をかき集め、開始前にドアノブやスイッチ、テーブルを消毒液で拭き、開催中もドアノブ消毒。受付担当者は受付時に全員の手洗い確認してチロルチョコを配り、配膳時に子ども達の手をジェルで消毒する担当者を置いた💦
※参加が減るかと思いったが、「8時過ぎまで親が帰らない」という子や、保育園帰りに立ち寄る母子など、いつも通りの人数。子どもにとっては居場所・親子にとっては憩いの場だし、子どもから子どもへの感染は可能性薄いしね。
消毒で気疲れしました💧


20200226202002262

新型コロナウィルスの影響

2月26日(水)

昨夜は、男女平等の団体の定例会。
3月3日に開催する集会について最終打ち合わせをしつつ、新型コロナウィルスの対策。
「中止?」という問合せも来て、結局、Facebookに「実施します」と告知を出した。

その前に、「子ども食堂」の方も副代表とミーティングしていたので、下記のような説明をして「実施します」という告知を出した。問い合わせが来る前に、ということで。
※参加については、ご家庭でご判断ください。
※消毒液を用意します。
※インフルエンザ・ノロウイルス対策同様、いつも通り衛生管理に留意致します。

目黒区の活動仲間によると、区からの要請で区内全ての「子ども食堂」は中止とのこと。
必要とする子ども達が実際にいるのに、いつまで中止するのかが、悩ましいところだろう。
精神科医が「うつ病の患者など、毎日の感染・死者の報道で不安が増して大変」と言っていた。さもあらん。

くぷくぷ『きんぎょがにげた』

2月24日(休)

2日間孫の子守をして、今日はゆっくりできるかと思っていたら、昼前に電話。
「これから連れて行く」と長男が。えーっ❗
慌てて、触られてまずいものを片付けて、お菓子隠して、昼食の準備に具材を足して💦

食事の後は、近所の公園で2時間遊ばせて、「子ども劇場」の幼児例会『きんぎょがにげた』へ。
自転車で走りだした途端に眠りこけた2歳孫、開始を知らせるガムランの音で目を覚まし、影絵の金魚が「あそこ!」「逃げた!」と、ずっと集中していました。
6歳孫も、ノリノリ。

ガムランの音にオリジナルのメロデイーを載せて歌うのは、楽器の旋律と違和感がありましたが、何しろガムラン。
私も大好き、気持ちいい~(^^♪
終演後の楽器・影絵体験も大賑わい。ロビーでのワークショップも楽しめました。

※泊りがけでスノボーに行っていた息子は、「気のおけない友達と一緒で、すごく楽しかった。学生ん時と違って、延々やるんじゃくなくて、少し滑って上田城観光したりさ」ですって。骨休めできて、よかったね~。

Photo_20200224191201Photo_20200224191202

ろまんちっく村(3)

朝風呂(露天風呂が広い!)して、朝食。
プールが開くのは10時なので、先に「道の駅」でお買い物。
鉢花や地酒、チーズ、地場野菜・手作り漬物(安い!)など。
宿泊者割引券が2人で千円あって、嬉しい 💓

プールでもうひと泳ぎして、昼食。
昨日食べた昼食の蕎麦、調理場でそば打ちが見えるの。
うどんも手打ちで美味しいというので、夫は、そば・うどんのセットを食べていました。
私は、道の駅で買ったいなり寿司弁当と地ビール!

Photo_20200221162702Photo_20200221162701

ろまんちっく村(2)

温水プールは、変形25メートル。
高齢者の常連がたくさんいて、歩いている。
ぶつからないように、500メートルくらい泳げたかな^^;
※翌朝、開く前に写真を撮りました。

夕食は、敷地内のレストランで。
お昼と違う地ビールの個性的な味を楽しみました🎶

Photo_20200221162201Photo_20200221162301Photo_20200221162302  

ろまんちっく村(1)

2月20日(木)

今日は、宇都宮の道の駅へ。
温泉と温水プールがあるの!

1年前はボルネオ島の広いプールで泳いだけど、海外旅行をする時間とエネルギーが無くて、車で2時間という近さに惹かれました。
今、サーカステントもあるというので、〇十年ぶりでサーカスを見て宿泊し、ゆっくりしてきます(^^♪
レストランとホテルもあって、らくちん✨

休憩を入れて、2時間で到着!
まずは、広場に立つサーカステントへ。
「ポップサーカス?」聞いたことが無いのであまり期待しなかったけれど、充実していました😍
メキシコ人ぽい大道芸、アフリカ系の軽業、中国系の雑技、ロシア系の空中ブランコと、多国籍。
生演奏は5人で、ドラムス・ベース・バイオリン・サックス(フルート/ギター)・トランペット(キーボード)で芸達者。
平日なのに高齢者も多く、6〜7割の入りで、幼稚園バスで来ていたちびっ子達も楽しそうでした。
夫も、(念のためとった)指定席料金分の価値は充分にあったと満足げでした(^_^)v
※新型コロナでイベントの中止が続く中、クラウンとのハイタッチ!?巨大風船を客席に送り、観客が素手でベタベタ触っているのも…危ないぞ(私は避けました)。

Photo_20200221161001Photo_20200221161002

 

 

 

お昼は、地ビールに手打ち蕎麦、苺のソフトクリーム。これで、ハーフサイズ200円、ちょうどいい量。美味しかった😋
デザインが素敵な植物園には、バニラや胡椒。カリアンドラという花の開花期でした。 

Photo_20200221161201 Photo_20200221161401Photo_20200221161402

学習支援教室

新型コロナウイルスの流行により、全国の「こども食堂ネットワーク」や区の「子ども食堂ネットワーク」加盟団体でも、「お休み」にするところが出てきています。

これについて、団体の副代表と相談しました。
*新型コロナはいつ収束するか分からない。
「梅雨の頃まで」という情報もあり、それまでお休みするのか?
*「持病のある高齢者」の参加はないし、近所で発生したという情報もない。
◎結論「子ども食堂は保健所からの通告、学習支援教室は区からの通告があれば、お休みする」ということにして、今日の学習支援教室は実施しました。

私たちの食堂・学習支援教室は、ネグレクトや虐待・不登校・高校受験直前の子などが必要としています。
今の段階で「収束するまでお休みする」というのは、根拠が弱いように感じています。
今夜も、母子家庭で重症の骨折で手術した子がいて、母親が付き添ったため、
残された妹を学習支援教室で宿題・食事をさせていました。

ライブ演奏

2月16日(日)

鍵盤ハーモニカのグループで、社会福祉協議会主催のイベントに初参加。
「ささえあい募金」の助成をいただいているので、勧められるままにエントリーしたのですが、ふりかえる会を含めて、実行委員会4回の参加で出番14分というのは…残念な気がしました。

雨天にもかかわらず、大勢の参加がありました。殆どがシルバーエイジですが、子ども達が対象の団体もあり、「子ども食堂」の常連家族が居たり、子ども劇場や男女共同参画ネットワークの仲間が居たりで、お互いに「こんな活動をしていたのか!」と驚いたり(*^^*)

演奏の方は、
現会員8人全員が参加できたので、パンデイロやシェイカーも交え、層の厚い演奏ができたと自負しています(^^)v

長男が2歳孫を預けてに来て、次男夫婦が帰るのを見送り(夫が駅まで送って行った)、子守を抜けての外出💨

小松亮太「アルゼンチン・タンゴ・コンサート」

2月15日(土)

昨日、静岡に住む次男夫妻が帰省。
1年ぶりくらいで「すき焼き鍋」を出して、奮発して国産の牛肉を!

今日は、2歳孫の子守をして、夕方からタンゴのコンサートへ。
「子ども劇場」仲間友人4人で行く筈が、直前に仕事が入ったと1人、キャンセル。
夫に声を掛けて、夫の初タンゴ。

チケット完売で、高齢者が多かったです。服部良一のタンゴ曲なんかが始まってビックリしたけど、フラメンコギター・ジャズピアニストのゲストを迎えて、どんどん世界が広がり、アンコール曲はチック・コリアの「スペイン」
ジャズを聴かない方は「チック・コリアって、誰」だったでしょうが、私は大満足。豪華な出演者に、夫も満足していました✨
ダンサーも素晴らしかったです。

【出演】小松亮太(バンドネオン)
北村聡(バンドネオン)、近藤久美子、専光秀紀(ヴァイオリン)、吉田有紀子(ヴィオラ)、松本卓以(チェロ)、田中伸司(コントラバス)、桜井芳樹(エレキギター)、熊田洋(ピアノ)、佐竹尚史(ドラムス)、小林照未(パーカッション)
【ゲスト】国府弘子(ピアノ)、沖仁(ギター)、アナ&アクセル(ダンサー)

【曲目】ロドリゲス:ラ・クンパルシータ、ビゼー:ハバネラ(カルメン)、ピアソラ:リベルタンゴ・ブエノスアイレスの夏、ガーデ:ジェラシー 他 

Photo_20200215122301

2月第1回目の「子ども食堂」

2月12日(水)

今日の「子ども食堂」は、60名超えの参加。
スタッフは、会員・お手伝い・学習支援講師の計17人

◆献立:ハヤシライス、人参とキャベツのスープ、ミニトマト、浅漬け、りんご
◎前回は37人だったのでご飯が余り、持ち帰りました。今日はそれで2合減らしたのですが、お代わりできない子が出て…参加人数は読めないので、難しい!
◎りんごは、配った後で大皿に盛って「食べ放題」。好きな子は沢山食べていました。

◎苦情のメールがありました(泣)
会館の前が広く空いていて、食前食後に、鬼ごっこや持参した柔らかいボールで遊んでいる子達がいる。
※スタッフが道路際で見守りをしています。
子ども達は今、学童やWAKUWAKU、塾、習い事などで「群れて遊ぶ機会」が少なくなっていて、約束しないでも集合できる「子ども食堂」は希少な場になっている。3つの小学校の学年の違う子達が混ざり合って、実に楽しそう。
が、そこに「うるさい」と、苦情がくる。
昨日は、メールで。「教育躾」を持ち出されて、返信が悩ましかったです。
室内に閉じ込めておかなくてはならないのかしらねぇ…。

202002130  

『科学の女性差別とたたかう』

2月12日(水)

地域の男女平等センターで借りて読みました。
これまでの学説の女性差別を紹介している内容
女性を貶めてきたトンデモ学説は、実に笑止千万ですね。
読むのに時間がかかりました。勉強になるでしょうが、私の知性不足か、ワクワクしない内容だからか? 

Photo_20200213065901

映画『トークバック』

2月11日(祝)

子守の後、夫を誘って 坂上香監督作品『トークバック』を観に、シネマチュプキタバタへ。
HIVの専門医が、自殺や他殺で命を落とす患者を紹介するのは、劇団。
薬物や窃盗などで再犯を重ねて刑務所にいる女性達も仲間。
皆、舞台の上で自分を語ることを要求される。
家族にしか話せないのに、皆「私はHIV」だと大書した服を着て、告白することになる(HIVでない元受刑者もこの服を着る)。

語られる過去は、少女期からの度重なるレイプ・薬物・DV。
こんな過酷な境遇で、家族に告白したら「家に近づくな」と拒否されたり。
それが、演劇のワークショップで身体を使ったり、練習で胸の内を吐露したり、公演に向けて一丸となる中で、仲間と強く結ばれていく。
長く在籍している団員は、励ましたり振付する役となり、他を支える。誰かに必要とされ、認められることで、前を向けるのだと胸が熱くなった。

Photo_20200212072001

風邪ひき兄弟

2月9日(日)

コンビニで祖父に買ってもらった極小の「ゼロワン」。
祖父は組み立てギブアップしましたが、6歳孫は完成✨


成長しましたねぇ〜(最初から、自分で作れよ!)

2歳孫は剣を手に、加湿器と戦っていました^^;

今日も 風邪薬持参だったので、朝昼と食後に飲ませて。
風邪ひいている時の方が多いわネ。

Photo_20200209154101Photo_20200209154201

パンデイロのワークショップ~その2~

午後は、パンデイロを学びに、また浅草へ。
前回よりはスムーズに演奏できた✨

還暦を過ぎてからの学びですから、やはり、繰り返し学ぶことが肝要。
アンサンブルはやはり楽しく、同年代の受講者が7割ほどなのにも勇気づけられる🎶

会場である音楽スタジオは、打楽器店のビルの中にある。
並んでいる輸入品が、実に面白く、ワクワクする💕
手に取って鳴らせるものは、色々試して喜色満面。

店は国際通りから路地に入ってすぐだが、分かり難い。3回目で、小さな看板を発見!そんな上では目に入らないでしょ〜。
向いは「汁無し担々麺」の専門店で、行列が。食事時しか開いていないので、時間を合わせないと食べられない😞

Photo_20200213151301Photo_20200213151302

釜池さんの講演会

午前中、「こども食堂ネットワーク」事務局である釜池さんの講演会に、仲間を誘って4人で参加。
「子ども食堂」に関心をもたれている大勢のご参加があり、殆ど満席。
区内「子ども食堂ネットワーク」所属の「子ども食堂」仲間や「子ども劇場」の事務局長・運営委員長、区議さん、部長、男女課の係長さん方もみえていました。
「子ども食堂」とは?「子ども食堂」の現状、中間支援組織の役割など、短い時間で様々な情報があり、「子ども食堂」についての理解を広めるのに大変役立ったように思います。

Photo_20200209153101

新年会

2月6日(木)

人権擁護委員会の新年会がありました。
女子栄養大学の松柏軒、久しぶりです。
①都の方の来年度の担当決め、②退任委員の感謝状贈呈式がその前にあり、1回でアレコレ済んでしまう、効率の良い会合でした。
②では、12年満期で退任された方が3人、任期半ばで教育委員になって退任された方が1人。前者には、東京法務局の課長、後者には区長が手渡し。
残った委員は1期目が多く、①では、新任の委員にも担当が振られて、研修委員というのを引き受けました。
男女共同参画の担当は輪番制で、委員の担当は2年先ということでした。
退任者のスピーチは、各人の思いが込められていて、感銘を受けました。
区長を交えてのお食事は、美味しかったです(実費負担)

熱燗を勧められましたが(保護司仲間や行政担当者など顔見知りが多いため)図々しくも「冷酒の方がいい」と本音を言い、1人で生貯蔵酒の小さい瓶を飲んでいました(^^;
少人数の会なので、気が楽 ✨


映画『CATS』

2月5日(水)

夫を誘って、映画『CATS』を観て来ました。
2007年に「劇団四季」の舞台を観ていて、映画のコメントが辛口なので観るのを迷っていましたが、
舞台未見の活動仲間が「楽しかった」と言ったのと、英国ロイヤルバレエ団のプリンシパル(ヴィクトリア役、ケニア出身)が出ているのが決め手。
オーディションを受けたんだそうです!

ジュディ・デンチ、イアン・マッケラン、テイラー・スウィフト など、豪華な顔ぶれ。
中でも、『ドリームガールズ』のジェニファー・ハドソンの存在感と言ったら! 服装や演技も。
最後に『メモリー』を歌った場面では、涙が止まらなくなりました💧

Photo_20200205155101

シーエーティープロデュース『黄昏』

演劇鑑賞会の例会、『黄昏』を観ました。
観ているうちに、思い出しました!
ジェーン&ヘンリー・フォンダ父娘主演の映画だと。
チラシの「あらすじ」を読んでも、ちっとも思い出さなかったのに(* *;
休憩時間に、左隣りのサークル仲間Kさんが「キャサリン・ヘップバーンが、妻役だった」と。そうでした!
ステキな歳の取り方だと思ったのでした。
あれは、40年前だったのですね。高橋恵子さん、歳相応にステキですね~。

作:アーネスト・トンプソン、翻訳:青井陽治
演出:鵜山仁
出演:高橋惠子/瀬奈じゅん 松村雄基・石橋徹郎 若山耀人/石田圭祐  

※父娘の和解、良かった。
あと、あんな皮肉屋の老夫とよく暮らしていられるものだと感心。優しいのね。
右隣のサークル仲間Sさんが
「あんなに優しくしたら、図に乗る」と言って、大笑い。
昨夜観た夫が「うちと同じ感じで、あんまり」と。
えっ、そうだったっけ? 

※KさんもSさんも、今回からの入会。感銘を受けたようで、ホッとしました。

Photo_20200203172401

こども食堂サミット2020

2月2日(日)

色々不具合があって、スマホの買い換えを決めました。
まだ4年なのに、androidが勝手にバージョンアップし過ぎて、私の機種ではグループで利用しているラインが使えなくなったことと、バッテリーがすぐに無くなる(買い替えは高くつく)。
前は5年もったので、ホント、もったいない💢

午前中が空いていたので、池袋へ。
夫のアドバイスもあり、即決。
同行してくれた夫とランチして、午後は豊島区役所で開催された「こども食堂サミット2020」へ。

早めに着いたので、前の方に仲間3人の席もとって。
新型コロナウイルスの影響もあってか、直前のキャンセルもあったそうで、それでも、北海道から沖縄まで225名の参加がありました。

◎尾木ママの講演は、ユーモアがあって楽しかったです(*^^)v
◎特色ある取り組みをしている各地域の団体によるリレー・トークは、今年も充実していました。
全国に4,000を超えると言われる「子ども食堂」ですが、自治体や社会福祉協議会の対応もまちまちで「行政を選べない」中で、工夫をこらして前に進む熱意に、いつも元気をもらいます(^^♪ 

2020-12020_2020020318110120202

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ