« 『家族終了』 | トップページ | 印刷作業 »

『わたしが子どもをもたない理由』

8月17日(土)

続けて、家族の話
少し前、インタビュー記事で、女優の山口智子が「子どもをつくらない人生を選択した。夫婦2人の生活はほんとうに幸せで、一片の悔いもない」と発言したことがニュースになり、ネット上で賛否両論の意見が飛びかった。
「勇気ある行動」だの「夫の理解があってこそ」等の称賛も含めて、他人がとやかく言うことではない。女性にとって「子どもをつくる・つくらない」が社会からの無言の圧力になっている現状をきっかけに、この本が出版されたと。

著者も酒井順子さんと同様、子どもをもたない選択をした。「母のようになりたくない」と思ったのが大きな理由。
親子関係に苦しんだ(親から虐待を受けた、あるいは親からの過干渉に苦しんだ)人は、子どもをもつことに躊躇しがち。自分もそうなるのでは?と怖れるからだ。※筆者の場合は、過干渉。
◎「女性の自己表現の場は、結婚によって減ることは少なくなったが、出産によって相変わらず奪われている」
◎「最近問題なのは介護である。子どもを産み、仕事もし、税金を納め、介護もしてとすべてを押し付けられている女性はまわりにも数多い」
◎高倉健さん、岡本太郎、高峰秀子・松山善三夫妻は、死後のことを考えて気心の知れた人を養女に迎えた。そうした選択も考えている。
※「終章」には、子どもをもたなかった人々の声が紹介してある。「子どもはいても良かったが、できなかった。不妊治療はしなかった」という人も含まれている。その中で、
◎「子どもがいるから忙しい」「子どもがいなければ自由に好きなことができるのに」という専業主婦の母の口癖から、子育てのマイナス面が刷り込まれたというものがある。
子どもにしてみれば「勝手に産んでおいて、今更」な愚痴だ。 

Photo_20190817050301

« 『家族終了』 | トップページ | 印刷作業 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『家族終了』 | トップページ | 印刷作業 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ