« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の記事

角田 由紀子さん

4月30日(火)

Photo_26  日本初のセクハラ訴訟弁護士 角田由紀子さんの記事。
 性差別で就職できず、司法試験突破。男性弁護士が引き受けない事件を手掛けるうちに、女性差別の活動へ。
※「セクハラ」とは「嫌がらせ」ではなく、「軍隊用語で繰り返しの攻撃」を表す。

セクハラ訴訟の類型は「加害者は男性上司、被害者は若い女性」「支配関係の中で受けたセクハラで心身を壊し、退社後に訴える」「裁判は1〜2年かかる上、争われるのは事実認定と女性の落ち度」
「判決が命じるのは賠償「若くして失われた大切な時間やキャリアは戻らない」「セクシャルハラスメント」を定義して禁じる、新たな法律が必要」

「イタリア映画祭」2作品目

4月29日(祝)

Photo_25

 今日は長男が何年かぶりで友人たちとサッカーをするというので、孫たちを預かりました。
 気分転換してね!
 昼食を済ませて、有楽町へ💨

 ◆「彼女は笑う」(2018/95分)原題:Ride
監督:ヴァレリオ・マスタンドレア、出演:キアラ・マルテジャーニ、レナート・カルペンティエーリ
Img_20190503_090609 【内容】俳優V・マスタンドレアの長編初監督作。職場で35歳で事故死した夫。
 突然の死から生まれる、家族の3世代の物語。
 主演は、監督の妻。オーディションを延々やった挙句に…妻になったそうです。
 舞台に表れたのは、映画とは打って変わって…フェミニンな女優さんでした(* *;

夫が亡くなったのに、妻はずっと家に居る。「何で涙が出ないのか」なんて悩みながら。死亡届とか葬式の用意とか、忙しいからなく暇なんてないのだと思うのだが…。
元恋人だった女とか、夫の兄、近所の老女が訪ねてきて、一日が過ぎていく。夜、義兄と義父の間にも「殺すぞ」のドラマがあり…息子も友人と好きな女の子についてアレコレありでした。

◎帰宅して近所の公園を通りかかったら、孫達と子守の夫がいて、1歳の方が、泣きながら駆け寄ってきました。
何か、辛いことでもあったの?
一足先に連れて帰り、お菓子や果物を食べたら、すぐに笑顔になりました(*^^*) 

「イタリア映画祭2019」

4月28日(日)

恒例の「イタリア映画祭」(~有楽町朝日ホールにて~)初日。
Photo_23 帰宅したら…次男から誕生日のプレゼントとして1ダースの薔薇が届いていました!

 息子達を連れて遊びに来ていた長男が、私の留守中に夫と子ども達の昼食を作ったそうです💦
 遅い昼食を食べているうちに彼と1歳孫・夫が昼寝し、5歳孫の要望により…公園で孫のサッカーのお相手をさせられました(* *;

 さて、映画祭。
 『私の娘よ』(原題:Figlia mia)2018/96分
 監督:ラウラ・ビスプリ Laura Bispuri
 出演:ヴァレリア・ゴリーノ、アルバ・ロルヴァケル

初回は、上映前に、来日した監督の舞台挨拶がある。普段着で登場(左は、通訳)、気取らりのない、感じのいい女性でした(^^♪
Img_20190428_120945

Photo_24 【内容】育ての母と生みの母、で揺れ動く少女の三角関係を通して、母性や母子の絆、母親という存在について問いかけるドラマ。サルデーニャ島の小さな村で暮らす10歳の少女ヴィットリアは、自分と似た女性と会う。母親とはまるで違う彼女が実母ではないかと近づいていく。
堅実に暮らす育ての母とは違い、実母は酒浸りで金欠、男全てにすり寄って酒代をせびる売春婦。それでも、主人公は陽気で率直な彼女に惹きつけられていく。

※観ている私は、人気のない荒野を実母の家に通う場面や、彼女の生活に密着して性被害に遭うのでは?とハラハラした。
監督の質疑応答では、「最後、二人の母のどちらかを選ぶのではなく、二人の存在を認めるということで脱皮していく」と。10歳にして、何と大人な…。
◎質疑応答で、「こうすると、更に良い作品になる」とか偉そうに言う奴がいて、呆れた。評価は必要なし、君の批評は聞きたくない。

「EAST MEETS WEST」

4月27日(土)

Logo_1 連休初日は、ジャズ・コンサート(夫はゴルフ)。
 ※昨日は胃がポコポコ音を立て不調のため、6時半に就寝。11時間寝たら、治ったみたい(^^;

 東京国際フォーラム ホールCにて、昨日から3日間のジャズ・イベントの中日。
ベーシスト ウィル・リー率いる日米混合バンド(エレキギター・ツインドラム・ツインキーボード)に、日野皓正や臼井ミトン、矢野顕子、ランディ・ブレッカー&アダ・ロバッティ(イタリア・女性)がゲストで入り、彼らの必要に応じてウッドベースやキーボード・ギター・フォーントリオ・コーラストリオが加わるという豪華な編成(^^♪
※「アンコール」には、マイク・スターンまで出てきた!

◎S〜C席のうちのA席なのに…3階の2列目、エレベーターで6階まで上がったぜ。ここのホールは木材がふんだんに使ってあって落ち着く。舞台もよく見えた。
◎13時~16時(途中20分休憩)は、長すぎた。
◎キーボード・ピアノの桑原あい、独学でギター・ピアノも演奏するシンガーソングライターの臼井ミトン(プロデュースも自分でやると!スゴイね。歌はつまらないかったが…)、初めて見た。
◎矢野顕子の歌が殆ど聞き取れなかった。音響係の腕が悪いのか?

4月2回目の「子ども食堂」

参加者は54名(幼児7、小学生42、中学生2、大人3)
◆スタッフ:19名(会員11、学習支援講師2、お手伝い6)
◆献立:回鍋肉、チンゲン菜と春雨のスープ、ミニトマト、キュウリの浅漬け、苺
◎区内の大学3年生と私立中学3年の生徒さん各お二人がお手伝いに来てくれて、参加者とジグゾーパズルやトランプ、折り紙、ブロックなどで遊んでもらいました。
◎食後は、大勢の小学生が中学生ボランティアと鬼ごっこ。すごい勢いで走り回り、幼児がそれに混ざって、実に楽しそうでした(*^^*)

20190424

 

感染性胃腸炎、その後

4月24日(水)

昨日は、下痢ピーの孫の世話で、朝から長男宅に出張看護。
「ひどい下痢用」の薬が効いたみたいで、症状は落ち着きましたが…念のために、もう一日、静養。
お兄ちゃんが保育園に行くのに「僕も」と言ってきかず、一緒に行き、ちょうど出勤してきた担任の先生にあいさつして…
隣の公園で遊んで帰ってきました^^;
明日は登園できそう。

今日は今日とて、朝から夫の代理で近所の内科医院へ。
昨日、病院まで夫が行けず(孫からうつされたみたい)、電話で医師と話し…私が処方箋をいただきに行けると良かったのですが、
孫の看病で留守をし、帰宅できたのは閉院後。
下痢止めのお薬をもらって、お隣の和菓子屋さんでできたての柏餅を買って帰宅(もちろん、私の分だけ)。
味噌あん、好きなんですよ (^^♪

※夫には、医師の言いつけ通り、具の無いスープとみそ汁を。

Photo_20

男女平等の会議

夜、渋谷にて、月例の運営委員会。
先月の集会のアンケート集計を参照しながらのまとめ、
昨年度の会計報告の承認、新年度の担当決めをサクサク行い、
応募締め切りが連休明けに迫った「男女共同参画推進フォーラム」ワークショップ応募について話し合いました。
30分経ったところで、新年度最初に行う懇親会の会場(イタリアンレストラン)に移動して話し合いを続け、スピーカーのご都合を電話で聞いての希望日決め、テーマ決めまで辿り着きました(^^)v
前回の集会をきっかけに加入して下さった新メンバーの歓迎会、そして、区議会議員に立候補して再選されたメンバーの祝勝会もあり、大いに盛り上がりました(^^♪
運営委員のそれぞれの区の女性議員の割合なども話題になり、全体的に女性議員が増えたようで、クリティカルマス(3割)を量の面では達成した区もありました。

※お料理はとっても美味しかったのですが、会議の記録をとりながら食べながらで、写真を撮る余裕ナシ(^^; 

Photo_21 Photo_22

 

「ねっとわーくまつり」

19

孫の看病

統一地方選挙に立候補された皆さま、選挙に関わられた皆さま、お疲れさまでした。
地元の区議会では、女性議員の現職がそのままで、4人の新人が当選されました。
これで女性の比率が3割達成!男女平等の視点から言えば…嬉しいことです。

さて、下痢ピーの1歳孫ですが…長男宅では飲み残しの整腸剤でしのいでいたようで、未だに下痢がおさまらず。
引き取ってきて、近所の小児科医院に連れて行き、「ひどい下痢」用のお薬を貰ってきました。

ズボンや下着、ベビーカーのシートにまでしみ出てしまい…シャワーや洗濯に追われています(泣)

ただ、本人は食欲満々で機嫌がいいの(笑) 

Photo_19

感染性胃腸炎

お昼ご飯を食べていたら、義娘から電話が。
案の定、緊急のヘルプ依頼でした(T_T)

1歳の方が下痢が止まらず、保育園からお迎えに来るよう連絡があったとのこと。
出掛けようとしていた夫に車を出してもらい、保育園にお迎えに行った。
昼寝に入ったところを連れ帰ったので、眠くてフラフラしているのに…寝ない!

下痢の音が聞こえる状態で、オムツ替えが忙しい(泣)
それでも、冷蔵庫を指さして食べものを要求するので、水分補給させて風船や絵本で遊んでいるうちに…やっと寝た。
この姿勢、よくやるの (* *;

Photo_18

助成金の報告書・申請書

社会福祉協議会に、「学習支援教室」の昨年度の助成金の報告書と今年度の申請書を出してきました。
そして、鍵盤ハーモニカサークルの申請書も。これは初めての申請です。
チラシや写真などの資料を付けるので、それも用意。
終わって、ホッとしたわ〜✨

 

国立演芸場

4月17日(水)

 夫が退職した会社の福利厚生事業で、一緒に国立演芸場の中席へ。
チケットは有料(割引)ですが、美味しいお弁当とお茶が付くサービスなの。
歌丸師匠の追悼公演で、「笑点」メンバーの昇太・圓楽と他の出演者による座談会もありました。

昇太のファンなので、楽しかった♫

※歌丸師匠の弟弟子にあたる米助、声の聞き取れない部分が多く、ガッカリでした。

Photo_15 Photo_16

ピクルス

暖かくなってくると、ピクルスが食べたくなって…玉ねぎとパプリカ、大根、きゅうりを。
お弁当に、大好きなちらし寿司も作っています♫ 

Photo_17

 

映画『あの日のオルガン』

4月15日(月)

Photo_13 活動仲間から薦められていた映画をやっと観に行けました!
主役の「主任」(戸田恵梨香) が区内にある保育園創始者であるという地縁もあり、夫も誘って吉祥寺へ。

品川の戸越保育所は、保育士さん達が幼児を連れて埼玉に疎開し、終戦まで24時間体制で共に生活して食べさせ、お母さん代わり。
終戦後も、親が東京大空襲で亡くなった子も含め、全員が親や親戚に引き取られるのを見届けるまで、たくさんのドラマがあって💧

1945年夏には疎開先の村でも空襲警報が鳴り、疎開を発案した気丈な主任が、「もう、15年も戦争している」「どこに逃げても、戦争が追ってくる」「逃げても無駄!」というシーン、リアルでした。彼女も、東京大空襲で家族を亡くしているのです。

 2 ◎監督は平松恵美子。気立てのいい保育士役の佐久間由衣、天真爛漫な人気保育士役の大原櫻子、良かったです!
橋爪功や松金よね子、夏川結衣など、出演者が豪華でした✨

子ども同士のいい関係

5月14日(日)

午前中、近くの公園に孫たちを連れて行きました。
そのうち親子連れが来て…
1歳の女の子がシャボン玉やアンパンマンのボールに走り寄ってきたら、5歳孫が「使っていいよ」と手渡しました。
お母さんは大変恐縮していましたが、この子自身がこれまで、大きい子に貸して貰っていた経験が活きているなぁと、嬉しくなりました(*^^*)

そしたら、その後にやって来た親子連れが持って来た青い自動車に、うちの1歳孫がトコトコ寄って行き、スルッと乗ってしまいました!
「すみません」と謝ると、3〜4歳くらいの持ち主が「使っていいよ!」と。
同じ年齢くらいだと取り合いになりがちですが…大きい子が小さい子に寛容にすると、その子も自分より小さい子に優しくなるのですね✨

助成金

5月12日(金)

一昨日、「子ども食堂」事業の助成金の報告書を提出。
昨日からは、社会福祉協議会からの「学習支援」事業助成金の報告書に取り掛かり、一段落。
並行して、鍵盤ハーモニカサークルの助成金の申請もしよかと、担当者に予約の上、相談に出向いた。

アンサンブルの練習をする音楽スタジオや楽譜の購入などで、結構出費。演奏はボランティアが殆どで、交通費も自前が多いので、助成金をいただけそうだと分かって、メンバーも喜んでくれた。

年間計画と予算案、会則案と何種類か作成。
休憩もせずに5〜6時間集中したので、目が限界で。
でも、経験が活かせて何より。メンバー皆に喜んでもらえて、嬉しい✨

メンバーの意見を受けて手直しし、週明け、担当の職員さんにメールで送って確認していただきます! 

コンサート

Photo_14 今日は、鍵盤ハーモニカサークルのメンバーで、デイサービスにて「春のコンサート」。
「春」に因んだ曲としては、ビバルディの「四季~春~」五重奏や「Best friend」「さくら(独唱)」の四重奏。
そして「歌いましょう」の部では、「朧月夜」を笑みを浮かべて歌う方たちとアイコンタクト。
職員の方達に何度もお礼を言われて、恐縮です 💦

『子どもの脳を傷つける親たち』

友田 明美 著、NHK出版 (2017/8/8)
※ブログに写真が挿入できないので(ココログの障害だと思う)、リンクを付けておきます。

著者は、子どもの発達に関する臨床研究を30年近くつづけてきた小児精神科医。
新聞やNHKの番組で知り、地域の男女平等センターで借りて読んだ。

◎身体・精神的・性的虐待や面前での夫婦喧嘩等の「マルトリートメント(不適切な養育)」が、子どもの脳を「物理的」に傷つけ、学習欲の低下やうつ、統合失調症などの病を引き起こすことが明らかになった。添付された何枚もの脳の写真が、その悲惨な研究成果を証明している。

◎パニックを起こしたり、衝動性が高く、キレやすくて乱暴だったり非行に走る子の背景に「そういうことがあるのか」と、心当たりがあったりする。

◎愛着形成の重要性を説きつつ、予防や傷ついた脳を回復させる方法、脳が傷ついたまま親になっている場合の治療など、具体的な対策を紹介する。ケーススタディが豊富で、多くの人の参考になるだろう。

◎愛着障害:親に優しくされた経験が無く育つと、世話をしてくれる相手に警戒心を抱き、甘えたくても素直に表現できない。逆に、特定の相手に愛着を示す能力が低く、誰にでも過剰な愛情を求めるケースも、これだと。保護司や「子ども食堂」など、子どもと接する中で、こういう子に出会っているので、大変参考になった。

 

ヒマワリの種のパン

Photo_10 生活クラブで購入した、ヒマワリの種の食パン。
Tizu 最後の1枚。
Tokeru 美味しかった〜。
また、買おうっと

 

春のコンサート

4月7日(日)

Photo_9 今週、デイホームで「春のコンサート」を依頼されています。
高齢者 向け「歌いましょう」コーナーに入れた「春の曲」は、「朧月夜」。
プログラムに一番の歌詞だけ載せようとしたら…2番の最後にやっと「朧月夜」が出てくる❗
で、2番までやることにしました🎵

活動報告書

4月6日(土)

来週に迫った区への助成金報告書提出に合わせて、活動のまとめと決算をしています。

「ランチ会」を含む24回の開催で、参加者が延べ1,100人超え。
皆勤賞の子が1人、23回が1人、22回が4人、21回が5人(精勤賞?)

必要とされているなぁ…と感じます。
登録者が300人ほどになったので、1回限りの参加で1年以上来ない人を除いて、登録カード(毎回の参加者の数と参加者名簿に使用)を作り直すことにしました。

 

セクハラ・パワハラ

4月5日(金)

Sekuhara
週刊金曜日、女性のセクハラ・パワハラ被害の座談会シリーズ、今号のも素晴らしい!
ハラスメントまみれ、長時間エンドレス、追加料金請求不可…男性でも過酷な労働条件に絶句。
「常にパワハラを受けていると感覚が麻痺して、自分から告発する力もなくなる」「(DAYS JAPANの告白について)本当によく告発してくれたと感謝しています」

お買い物

4月4日(木)

否応なく変更されたブログの投稿方法に、やっと慣れた(泣)多分、今日からはいつも通り。

Photo_7 夫がいただいてくるゴルフコンペの賞品、百貨店共通商品券が大分たまってきたので、珍しく…デパートへ。
今日から会員割引きで10%引きもあるから。
まずはムーミンのエプロン。好きな柄だと、気分がアップ🎵

Photo_8 地下でチーズに、ピスタチオ入りロールケーキ!
心置きなく買い物ができました✨

お釣りがもらえるので、お財布が小銭でパンパンに😵

※春休みとあって、小学高学年くらいの男の子が、五千円札を手にお惣菜コーナーで買い物をしていました(リッチだわ〜)。
※それにしても、デパ地下のお惣菜は高額。近所の八百屋でおばちゃん手作りのが、ベスト

「生活と自治」

Photo_6生活クラブの会報は、記念特別号。一週遅れで読んでいます^^;
三浦まりさんや望月衣塑子さん…さすが生活クラブ!  

柿の種

4月2日(火)

これこれ、ちょっと辛くて小袋入り。
食べ過ぎず、旅行に持って行きやすい(•ө•)♡

Photo_5

お土産

4月1日(月)

夫がゴルフから帰宅。
ゴルフ仲間宅のお庭に咲く桜の枝と、ゴルフ場からいただいた桜そば。
マンションに住む仲間は、「枝を折ってきたと誤解されるから、要らない」と断ったそうです💧

Photo_4

 

「子ども食堂」の献立

2018 「子ども食堂」の2018年度の活動をまとめている。
まずは、献立一覧。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ