« 学習支援教室 | トップページ | 『お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!』 »

女性の立場で防災講座

3月10日(日)

Photo 10時から16時まで、女性の立場での防災講座。
5グループに5~6人、30人ほどの参加(長時間なのに、よく集まったと、驚きました!)

◎産婦人科医で公衆衛生も学ばれた吉田穂波さんには、避難所を回った体験から、多くのことを教えていただきました。
「災害時要配慮者」のうちでも、0.78%とごく少数妊産婦は、災害時に配慮してもらえず、自分から心身の負担について言い難く、流産や早産が増えるという。

◎午後は、北区NPOボランティアぷらざの職員の方の指導で行った実践、HUG講座。
女性について配慮するメンバーだけでやると、やりやすい!
相談しながらやるので、押し寄せる避難者や取材・物資運搬の連絡に迅速に対応しきれませんが、それを体験することが大事。

◎最後に、乳幼児や障害がいをもつ子どものケア・プログラムについて、永田陽子さんから。
現地でファシリテーターを養成し、少しずつ癒していくというもの。

◎全体の質疑・応答では、吉田さんが「各避難所に、避難者名簿が必要。救援物資の配布に必要だからと自分で書いてもらい、情報開示に同意するかも聞いておく(DV被害者もいる)と。

※夫の昼食を兼ねてオニギリ持参。昼食は、持参組が一つのテーブルに集まって、おしゃべりしながら。
他区や埼玉からの参加者もいて、「こういう企画が素晴らしい」 「避難所運営を町会自治会にお任せというのは、どうか」「うちは、町会の役員が男性ばかり。半数を女性にしないと、避難所運営で女性が意見を言い難い。言っても、取り上げてもらえない」等々…。

« 学習支援教室 | トップページ | 『お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!』 »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 女性の立場で防災講座:

« 学習支援教室 | トップページ | 『お母さん!学校では防犯もSEXも避妊も教えてくれませんよ!』 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ