« 初笑い | トップページ | 『十年 Ten Years Japan』 »

『海街ダイアリー』第9巻

Photo 『海街ダイアリー』、完結です。
これも、知らぬ間に出ていて、慌てて買いました

四女すずと異母姉達との衝撃的な出会いで始まる物語は、彼女を引き取った姉たちの住む鎌倉での暮らしを描き、周囲の人たちの生き死にも含めて、内容の深いものでした

中学1年の夏、蝉時雨のやむ頃から始まった家族の物語は、高校入学のために、彼女が鎌倉を離れるところで、完結。
姉達の行く末も希望がもてるものでホッとしました

最後の番外編「通り雨のあとに」も、良かった
すず、そして一時は家族だった弟・和樹(義母の連れ子)の「その後」。3度目の結婚をした義母(和樹の母)は、またもや子ども達を親戚宅に預けて…何と、行方知れずに。
さもありなん、繰り返すんですよねぇ。

« 初笑い | トップページ | 『十年 Ten Years Japan』 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 『海街ダイアリー』第9巻:

« 初笑い | トップページ | 『十年 Ten Years Japan』 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ