« 『裸足で逃げる』 | トップページ | 区議との懇談会 »

映画 『blank13』

1月24日(木)

13 再び、CINEMA Chupki TABATA へ。
今回は、夫のお誘いで 『blank13』 を鑑賞。

客席数が少ないので、グループで来館されるのを怖れて、やはり予約(いいシステムだわ~)

監督は、斎藤巧。
彼の交友関係からか、出演者が豪華!
1シーンだけに有名俳優がいて「えっ!?」

【内容】父親(リリー・フランキー)が背負った借金で、チンピラに脅される生活。父親は蒸発して、母親(神野三鈴)が息子二人を朝晩のダブルワークで育てる。
13年後、消息が分かった父親は、余命3か月。葬儀の場で、参列者の口から、その13年間の父親の生活が語られる。 困っている他人を自分が借金してまで助けて感謝される「いい人」だった。

息子達(斎藤巧・高橋一生)からしたら「勝手な父親」だが、他人から「死を惜しまれる」姿を知り、憎しみが減り、「捨てられた」傷が少し癒える。
*とは言え…誰にでも優しい人間は、家族に「責任」を負えない。子どもをもつと、子どもが気の毒。

妻は、喪服に着替えるも…葬儀には現れない。悲しくて辛いのだろう。怒ってはいるが、憎んではいない。夫の悪口を言うシーンが全く無いので、かなり好きなのだと思う。
*とんでも夫だが、「ダメンズ」好きな女性は少なくない。困ったものだ。

◎松岡茉優、可憐!一生の子役、美少年だった

近くの居酒屋で焼き鳥で一杯。タンとナンコツが美味しかった

« 『裸足で逃げる』 | トップページ | 区議との懇談会 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画 『blank13』:

« 『裸足で逃げる』 | トップページ | 区議との懇談会 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ