« 「バンガラ・ダンス・シアター」来日公演 | トップページ | 11月第1回目の「子ども食堂」 »

ドビュッシーの午後

11月11日(日)

Img_20181112_050433 友人を誘って、北とぴあへ。15:00~16:30
ささやくような歌声で、ピアノが強く弾くとかき消される。
フランス歌曲がこういう歌い方なのか、波多野さんの調子が悪いのか(席は、前方右サイド。場所が悪いのか?)

◎リリー・ブーランジェ(1893-1928)、ジェルメール・タイユフェール(1892-1983)、二人の女性作曲家の作品も演奏されていた。前者は、24歳で夭逝。
フランス語、歌詞の意味が分からなくて…。訳詞を配布されているが、暗くて読めないし。

終演後、キリンシティでビールを飲んでいたら、出演のお二人が入って来て、お友達と合流、目の前のテーブルに

友人と私は、かつて女声合唱団に所属し、合唱祭にも出ていた。
その後、私が誘ってゴスペルグループへ。そして、母の遠距離介護をきっかけに私が抜けて、20年。
彼女はそのまま、歌い続けている。義父母や父親の介護でお休みしながらも。 私はバンドの方は続けて、今は鍵盤ハーモニカサークルという訳だ。
音楽好きな友情は変わらず、だ

« 「バンガラ・ダンス・シアター」来日公演 | トップページ | 11月第1回目の「子ども食堂」 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドビュッシーの午後:

« 「バンガラ・ダンス・シアター」来日公演 | トップページ | 11月第1回目の「子ども食堂」 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ