« 2018年9月 | トップページ

2018年10月の記事

甥一家の来日

10月19日(金)

夫の甥家族がアメリカから14年振りに来日中。
夫は札幌から上京する姉(甥の母)を迎えに羽田空港へ。そのため、孫の子守をしていた私は夕方、最寄り駅で仕事帰りのママと落ち合って孫をお返しし、それから渋谷での会食に合流 dash

Photo 夫の行きつけのお店で、札幌在住の義姉・その息子家族と会食。
常連客ということで…小中学生用・高齢者用・一般コースと献立を3種類お願いし、日本酒も美味しくいただきました shine

甥の息子達とは初対面(前の来日の時は産まれていなかった)。
義姉は英語教師。バイリンガルの甥の妻と二人で、日本語の苦手な甥とその息子に同時通訳。
家族のこと、子どもの状況、政治のことと盛り上がり、帰りは品川駅前のホテルまで送っていきました。

Photo_2 ※中学生の兄の方は、日本語が結構できる。
学校のカフェテリアで出るハンバーガーやホットドッグ・ピザが苦手で、毎日、ママ手作りのオニギリを持っていくと!そういう子もいるのね~sign01

RSウイルス

1歳孫がRSウイルス感染で登園できず…4日間、子守をしていました despair
※RSウイルス:聞きなれない言葉ですが、発熱・咳・下痢の症状で、2歳未満の子が罹ると、呼吸困難で入院したりするそうな。感染しても、大きい子や大人は「風邪ひいたかな」くらいで問題ないようです。

20181019 孫は、熱はあまりなく、咳と下痢ピーがひどい。
でも、いつも通り食欲旺盛で元気 coldsweats01
夫と都合をつけあって、看ていました。

←写真は、宅配便の空き箱と詰め物で遊び中。
子育て参加が少なかった夫が子守に慣れてきたので、助かりました。幾つか予定をキャンセルしましたが、孫の世話も楽しい lovely

連続講座

10月13日(土)

さんかく大学「女性であることと身体の関係」
第3回「月経観と整理用品の歴史」
講師:田中ひかるさん

今回も、初めて知ることいっぱいで、有意義でした(^^)v

◆月経不浄視(タブー視)
◎今でも、インドの地方やネパールに残る「月経小屋」。生理用品がなく、「男の前に立つことができないので、学校にも行けない。学業が遅れることも問題」と。※生理用品を寄付したとしても、それを処分できる焼却炉は無いし、月経不浄視は変えられない。
◎日本でも、1970年代までは、「月経は不浄だから、神社仏閣に近寄るな」「船に乗るな(遠回りして歩かされた)」等の慣習が残っていた。
◎日本における「宗教の中のタブー視」は中国から伝来。室町時代に浄土宗・曹洞宗が女性信者を増やすために「女は死んだら血の池地獄。信心しなさい」と説いた←ヒドイ bearing
◎「タブー」の語源:ポリネシア語の「月経」タブ。※月経と妊娠の関連は古代から理解されていたのに…。 ※「女性は月経があるから不浄」というのは、未だに残っているよね。土俵に上げない日本相撲協会、女性を能舞台に上げない能の流派。

◆近代日本の月経観
◎富国強兵の明治時代、「月経時に頭を使うと、生殖に悪影響。特に数学などさせるな」と信じられていた。吉凶の席・観劇・読書も禁止。
◎「月経時は精神疾患を発症しやすい。犯罪を犯しやすい」というのは、その後も信じられていた。

◆昔の生理用品
◎麻などの繊維・紙を詰める⇒脱脂綿の普及 ◎明治末期、アメリカ製のゴム月経帯が輸入販売。品薄で耐久性に問題があり、大正時代に安価な日本製が発売・普及。
◎戦時中は脱脂綿が配給制となり、藁灰・米ぬか等を布で包んで代用。戦時中の緊張と栄養状態の悪さから、無月経の女性も少なくなかった。

Photo ◆アンネナプキンの発売
◎「女性の生活を良くしたい」と、20代の女性 坂井泰子(よしこ)さんが水に流せるアンネナプキンを後案・開発・発売し、「月経を語れるようになった(アンネの日)と、女性からの感謝多数」「女性の社会進出を支えた」など、意義が大きかった! 大ヒットしたため、後続会社が300社も!
「そんな下のものなど、売れるか」と商品化への協力を拒否した会社まで。質が悪くてトイレが詰まるトラブルを引き起こすものも出て、ナプキンを流すことが禁止となってしまった(せっかく「アンネ」が開発した技術が無駄になった weep
※坂井さんは、若い女性社長だったことから「子どももいないのに」など、周囲から誹謗中傷などを受けた。 ※「アンネ」は、「アンネの日記」から命名。

※広告について  「40年」の意味:アメリカから40年も遅れた。  何の広告か分からないように工夫。  デパート・薬局で販売。
※後続会社がスーパーで販売し、「アンネ」は競争に敗れた。

◆タンポン・月経カップ
◎タンポンは、日本では現在1社のみ。愛用していた私としては、残念。水泳にも旅行にも便利なのに。
◎月経カップ…会場で「えーっ!?」という驚きの声が挙がった。まだ、全然知られていないのね。もっと早く日本の市場に出ていたなら、使ってみたかったわ wink

『シンデレラ』2回目

10月11日(金)

Cinderella_h4_vol2_web 別の友人と2回目の『Cinderella』。

始まってすぐの ニュース映画のシーンで幕が上がり切らず、ステージにいた出演者がサッと居なくなった。
「えっ!?」ーーこれは、2回目だから分かること wink

やや間があって、慌ててしどろもどろのアナウンス。
「テクニカル上のトラブルがあり、中止します。客席でお待ち下さい」と、アナウンス。
「中止?!」「払い戻しとか?」周囲がざわつく。
もしかして、「中断」と「中止」の区別もついていない? ⇒その通りでした sweat01

15分遅れで、最初から。 シンデレラと天使役は、前回と配役が違い、ビジュアル的には前より良かったです。今回も継母のアクの強さを楽しめました shine

絵本『みえるとか みえないとか』

Photoヨシタケ シンスケ・伊藤 亜紗、アリス館 (2018/7/12)

週刊誌の書評を読んで、買いました。
素晴らしい内容!もちろん、絵もステキ lovely

伊藤亜紗著『目の見えない人は世界をどう見ているのか』の絵本版をヨシタケさんが描いた。伊藤さんに相談しながら。

【内容】 宇宙飛行士「ぼく」が三つ目をもった生き物が住む星に降り立つ。目が二つしか無い「ぼく」を
「うしろがみえないの?」「かわいそう」「せなかのはなしはしないであげよう」と気遣い、「ちゃんとあるいてる!」と驚く coldsweats01
この星には、後ろの目が見えないひともいて、話が合う。そして、全部の目が見えない人もいる。
他に、脚の長いひとの星、空を飛べるひとの星、身体が柔らかいひとの星、口が長いひとの星も紹介されて…
「どんなひととでも、だよねー!っていっしょに いえる」ことがあり、「おなじところを さがしながら、ちがうところを おたがいに おもしろがれば いいんだね」shine

10月第1回目の「子ども食堂」

20181010 50名ほどの参加、スタッフが14名(含 学習支援講師1人)
◇献立:鶏そぼろ丼、みそ汁、キュウリの浅漬け、みかん

◎映画『こども食堂にて』を観た方が、地域の「子ども食堂」を検索して・・・「お手伝いしたい」と連絡してきてくれて、これから毎回、来てくれることになりました shine

◎この献立は…挽肉と炒り卵を床にボロボロこぼす子が多く、お掃除が大変なの coldsweats01

pencil 昨日、スタッフ間で話題になったこと
*洗い場に食器を下げる時、大半の子どもが無言。調理長から「ごちそうさま、でしょ?」と、指導が入ります wink
*そう言えば…「こんにちは」「さようなら」も言わない子が多い。こちらは、ひたすら声掛けをするけどね。そして、
*迎えに来たお父さんやお母さんも目の前にいる私達に「こんばんは!」すらナシだったりする。 無言で会場玄関に立っているので、「なんですか?」と聞くと「〇〇です」と言うので、子どもを呼んでくる。あるいは、無言で会場に入って来て、子どもを連れて帰っていく。親がこれだから、子どももそうなるのかねぇ despair
*いつも大量に残す子がいる。そして、それについて全く悪びれない。「食べられる分だけもらって」と言っているのに、だ。寄付していただいたお米を捨てるのは、心が痛い。スタッフに「〇〇くんと〇〇くんは、少なくしてね」と言っているのだが、登録者が多いので、名前と顔が一致しないらしく(これも困ったもんだ)sweat01

グループる・ばる『蜜柑とユウウツ~茨木のり子異聞~』

10月9日(火)

Photo 演劇鑑賞会の例会。
北とぴあさくらホールにて、18:30~21:00
※詳細は、こちら

ユニット最後の公演とか。
洗脳されて軍国少女だった自分、この国がまた戦争に向かうかもしれない不安の前にきちんと発言したい」という姿勢、詩作への情熱、友情、夫婦愛…茨木のり子さん、こんな方だったのね。
防衛予算が膨張し、好戦的な政権が続く今だから、作品のもつ意味がある。

ただ…彼女を知らない人には、分かり難い設定(隣りで寝ていた友人とかsleepy 設定や演出でこんなにひねくり回さなければ、2時間で終わっただろうに。少し退屈coldsweats01

CAN青芸『ぐるぐる』

10月8日(月祝)

Photo_2 1歳孫の劇場デビュー。1~3歳児までの限定公演。
暗くならない、平土間公演ですが、ずっと泣いている子が数人いました。うちは保育園育ちなので、他の「子ども」には、慣れています。

集中した30分でした。 緊張しているようで、私の膝から離れず、声も出さず、出演者を目で追って、観て、聴いていました shine

活動仲間も1歳孫連れで来ていたので…お隣りに座って。反応が違うのが、面白かったwink
「静かねー」と言われましたが、緊張して声が出なかっただけ。
いつもは、やかましいのヨ!「静かねー」と言われましたが、緊張して声が出なかっただけ。いつもは、やかましいのヨ!

終演後は、ロビーの窓から王子駅辺りを走る電車と新幹線を見せたら、椅子の上で飛び跳ねて喜んでいましたlovely
昼食時でお腹が空いている筈なのに…お迎えに来た夫の車で寝てしまい。
疲れたのねぇ coldsweats01

5歳孫も来たがっていましたが、お祖父ちゃんとカー用品店に行き、お子様コーナーでブロックで遊び、居合わせた子と交流したそうで…お店から子ども用の「ハロウィン菓子袋」をもらって、ごきげんでした lovely

区民まつり

Photo 「区民まつり」のステージ部門に、鍵盤ハーモニカサークルで出場。午前中の出番だったので、夫がゴルフで留守をいいことに、朝から家で練習していたwink

出番が終わってから、来月末のステージに向けた練習日の相談。
早々に音楽スタジオをおさえたのでした(超マジメ~coldsweats01

屋根ナシの屋外ステージは、暑かった〜sweat01
私は、ここでの参加は、初めて。ボランティアをする沢山の活動仲間と会い、「どうしたの?」と聞かれた。
演奏中、客席の活動仲間に気付き、手を振ったり(見慣れた顔があって、ビックリ?)
※鍵盤ハーモニカサークルのことは、あまり言っていないので…。

小学校PTA時代から、20年ぶり?の再会もあり、楽しかった。
緊張するとお腹がおかしくなるので、朝ごはん食べてないし・・・早々に帰宅して、シャワー浴びてビール飲んで、お昼寝sleepy

連続講座

さんかく大学「女性であることと身体の関係」
第2回「性別とジェンダー」~女装と女体化~
講師は、Trans-womanである 三橋 順子さん。

トランスジェンダー当事者から伺うお話は、とても新鮮でした。
女装の歴史を遡ると、紀元前2千何百年前の証拠品があるそうで、性器で男・女に分けること自体、不自然だと感じます。

*日本の戸籍は、続柄(長女・三男とか)を記すが、これは特殊。
*性同一性障害者のみ、戸籍の変更を許されるようになったが…外性器携帯近似要件(要外科手術)がある。
*欧米では、女性として生活している人は「女性」として認められている(社会的性決定)。
*日本では、Trans-manがTrans-womanの3倍もいる。これは、lesbianが結婚するためでは?同性婚が認められれば違ってくるだろう。

女体化(身体変工 Feminizatioan)の具体的な情報もありました。
「女らしく」は女性に対する押し付けではあるが、外見上男性が「私は女性」と「性自認」しても、「Doing Female Genderr(女をする)」ことが不十分だと女に見えず(性他認)、女性としての社会生活が円滑に行われない。なので、化粧や外科手術、しぐさで「女をする」ことになるが…社会が変われば、それも変わっていく。

近くで、頷きながらずっと「うん、うん」「ふーん」「あー」を連発する人がいて、気になりました。お茶の間じゃないんだから、いちいち声に出さないでほしいです(劇場や映画館でも、こういう人の近くに座ると、気が散ります)

マシュー・ボーンの『シンデレラ』

10月5日(金)

やっと来日した『シンデレラ』公演。友人を誘って、シアター・オーブへ。
アダム・クーパーとサラ・ウィルドーのポスターを見たのは、15年以上前。
彼らのキャスティングで、観たかったなぁ…weep

18210_2 演出・振付:マシュー・ボーン、美術・衣裳:レズ・ブラザーストン、音楽:セルゲイ・プロコフィエフ
13:30~16:00(休憩15分×2含む)

【内容】第二次世界大戦下のロンドン。
シンデレラは継母やいじわるな姉妹・兄弟たち、車椅子の父親と暮らしている。 継母からいじめられ、地味で冴えないシンデレラは、ある日ケガを負ったパイロットと出会い、恋をする。
継母と家族たちが着飾って出かけるのはお城のパーティではなく、ダンスホール。 当時ウェストエンドに実在した「カフェ・ド・パリ」という有名なホール。そこへエンジェルがやってきて、かぼちゃの馬車ならぬモーターバイクでダンスパーティへと連れていく。
ダンスホールで再会を果たしたシンデレラとパイロット。官能的で幸せな時間もつかの間、12時の鐘が響く中、空襲があり、シンデレラは元の姿に戻って負傷、病院に運ばれ、シンデレラが残して行った片方の靴を手に、パイロットがシンデレラを探す。

◎空襲の中、ダンスパーティーで飲んだり踊ったり!?日本とは大違いだわ wobbly
◎連れ子は3人の息子が加わり、多すぎ!
◎継母がアルコール依存症で、しかも男好き。主役二人と天使役の俳優がパッとしない(主役には、やはりオーラが必要)なか、存在感のある配役でした coldsweats01
◎継母が殺人未遂で逮捕されたら…残った家族は仲良しに。そんなもん?
◎どこが『シンデレラ』なのか?ただの恋愛作品では?
◎主役がからまない群舞が多く、眠くなっちゃった。

182102 テープ演奏も、残念。とは言え、結構楽しめた。
久しぶりの再会、楽しかった。
来週、別の友人ともう1度行く。

お兄さん先生

うちの学習支援教室では講師が足らず、地域の大学生に片っ端から声を掛けている。

3年生以上は就活で忙しいし、1・2年生も経済的な理由でアルバイトに忙しく、続かない。その中で、3人ほどの男子学生がよく来てくれるようになった。

180131 小学校の部では、30分しか座っていられない子、宿題すらやらない子がいて(何れも男子)、指導に困っていたが、男子学生に担当してもらったら…なんと、勉強しているではないかsign02
教員経験者である講師たちも、ビックリ wobbly
アニメやゲームの話が楽しそうで、小夜食の時間も笑い声が絶えない。母子家庭の子たちで、大きいお兄さんが好きなんだなぁ…と実感。

学生の一人は、弟妹が4人いて、やさしい。小さい子に慣れていることもあるのだろう。
一方、素気ない学生(小学生はムリ?と危ぶんでいた)でも、結構、子どもは嬉しそう shine
経験により教えるテクニックが役立つ場面と楽しく勉強できるモチベーション、両方が必要だと思うこの頃です。

映画『愛と法』

10月2日(火)

Photo_2 話題の映画、『愛と法』を渋谷まで観に行きました。
※写真は、出演された南さんと吉田さん、戸田ひかる監督(9月29日、初日の舞台挨拶)。

家族になった二人の弁護士。
息子のカミングアウトを最初は受け入れられなかったが…二人の弁護士事務所を手伝うようになった母。

二人は、マイノリティーにやさしい。
扱うのは、少年事件、アーティスト、無戸籍者、君が代不起立…。
周囲の無理解から、自殺者が多いLGBT。理解のための講演活動もする。
後見人になっている少年が施設の閉鎖で居場所を無くし、アパートに居候すると、その子に料理を教えたり。

自分らしく生きること、家族について考えさせられる作品でした。

『私たちの新フェミニズム』

Photo 東京新聞の望月衣塑子さんと様々な分野の4人の女性たちとの対談。梨の木舎 (2018/9/10)

中味が濃くて、付箋だらけ。
とてもここにメモしきれずcoldsweats01

【内容】

◎本名を出し素顔を出して性暴力を訴えた伊藤詩織さんと
ーー権力と一体化した日本のメディア、加害者を擁護し被害者をバッシングする日本の社会について、性暴力をなくすために何をすべきかを議論。

◎上智大学政治学教授の三浦まりさんと
ーー日本がしてこなかった最たるものは、ジェンダー平等に手をつけなかったことで、ジェンダーギャップ指数114位を返上するためにまず女性議員を増やそうと、そのための具体策を提案。

◎授業で「慰安婦」問題を教え続ける、大阪の中学校教師平井美津子さんと
ーーそれは過去のことではなく、女性差別につながる現在の人権問題であり、沖縄など基地の街の女性への暴力などまさに同じ根っこを持つと語り合う。

◎新外交イニシアティブ(ND)代表で弁護士の猿田佐世さんと
ーー自発的対米従属の現状を変えるためにどうするかを議論する。日本のリベラル陣営が、日本のオールタナティブを発信することが必要だ!
※オールタナティブ:既存のものに代わるもの、慣習にとらわれないもの、代案。

台風

10月1日(月)

夜中の暴風雨は、すごかった!
布団の中で・・・家が揺れて「マンションの方が安全だろうな」とか、
激しい雨粒に「やっぱり、雨戸を閉めた方が良かったか?」とか。
※この10年、雨戸を使っていないので、急に使って壊れるかもという危惧があり、閉めなかったcoldsweats01 玄関のハイビスカスの鉢を取り入れなかったのは、失敗。転がっていた sweat01

さてさて、 昨日、階段に飾ってある造花のつぼみを見て、5歳孫が
「なかなか、花が咲かないね」と。
本物だと思っていたのか!?なんと、愛らしい!(祖母バカ)
トランプで負けてあげないと怒る、果物ばかり食べたがって冷蔵庫を漁る…扱いが面倒くさいと思うことが多々ありますが、こんな一言でチャラになってしまうのですlovely

« 2018年9月 | トップページ

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ