« 「子ども食堂 応援 フェスティバル」 | トップページ | 練習日 »

北海道の地震

9月7日(金)

北海道では、大変なことになっていますね。
北海道電力、地震は「想定外」じゃないので、震度2であの有様は、お粗末でした。
宅地の液状化や山の斜面の地滑りは…東日本大震災を思い起こさせました。
液状化しやすい地盤、地滑りしやすい立地は、全国にあるのです。

札幌には、義父母亡き後も義姉が住んでいる。
昨朝、夫が電話した時は停電に茫然としていたけれど…午後には復旧したと。早い!
「水も電池も備蓄していない」と言うのに…夫婦で唖然としたが、もう復旧したとなると、変わらないかなぁ。
東日本大震災は「他人事」だったのか、教訓にならないものねぇ sweat01

今朝、札幌市内に住む2番目の義姉から「大丈夫だから」と、電話がありました。
固定電話がやっと繋がったので、連絡してきたのでした。
安否確認できずに心配していたので、ホッとしましたが、
夫「こういう時のために、携帯電話をもったらどうか?」
義姉「実は…夫がもっているが、普段、電源を切ってある」
携帯電話をもっているなら、それですぐに電話してこればいいと思うけれど、電池切れだったのか、持ち慣れていない人には思いつかなかったのか…。

しかし、夫が義姉に
「うちでは、夫婦で非常用リュックとヘルメットを用意してある」「水・カセットコンロ・非常用トイレも買ってある」と自慢げに言っているのに、苦笑 coldsweats01
それ、全部、私が用意したものですから。
東日本大震災の時も、ホームセンターや食料買い出しの列に並ばずに、1週間は暮らせました。だって、神戸の震災があったじゃないですか。他人事じゃないと、思いましたもの。
あの後で家を買った時は、地盤をきちんと調べました。カセットガスストーブも買いました。

ともかく…
夫は急に、非常灯兼ラジオの点検をして(「どこにあるんだ!から始まったの。興味が無いから、自分の非常用リュックに入っているのを忘れている)、電池が古くなっていることに気付き、取り替えました。
いいことです。備えあれば、憂いなし flair
※因みに、電池不要の手動式ラジオも、あります。

« 「子ども食堂 応援 フェスティバル」 | トップページ | 練習日 »

家族」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/74174363

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道の地震:

« 「子ども食堂 応援 フェスティバル」 | トップページ | 練習日 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ