« 連続講座 | トップページ | Music Program TOKYO 小曽根 真ワークショップ「自分で見つける音楽」Vol.6 »

人形劇団クラルテ『11ぴきのねことへんなねこ』

Photo_2 孫を連れて「子ども劇場」の例会へ。

◆原作/馬場のぼる(こぐま社)、脚色・演出/東口次登

ちょうど、このシリーズの絵本を読んていたこともあり、ノリのいい孫は、すぐにお話の中に入っていきました。
繰り返される歌とメロディー(歌詞を変えて延々、使い回す)、長く続く場面(魚釣り・追跡調査など)は、子ども達にとって心地よいのでしょうね。
※私としては、干物作りの場面が面白かったです。

◎ロビーでは、出演者(猫のぬいぐるみ)を抱っこして写真撮影するコーナー(手作り額縁が可愛い!)あり、(劇中の猫たちのように)マグネット釣竿でお魚釣りができたり、段ボールで作った壊れた宇宙船(中に入れる)ありで、孫は大喜び。 ※担当サークルの皆さま、ありがとうございました!

◎終演後は、出演した猫とそれを動かしていたお兄さんとの写真撮影コーナーがあり、ここでも写真を撮らされました

◎グッズ売り場では、大(4千円)から小(950円)のぬいぐるみが目の前でどんどん売れて、辛うじて残っていた小さいのを買えて、残念そうで且つ満足気(もっと大きいのが欲しかったが、買えただけいい)。
※商売、上手いなぁ…。

« 連続講座 | トップページ | Music Program TOKYO 小曽根 真ワークショップ「自分で見つける音楽」Vol.6 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 人形劇団クラルテ『11ぴきのねことへんなねこ』:

« 連続講座 | トップページ | Music Program TOKYO 小曽根 真ワークショップ「自分で見つける音楽」Vol.6 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ