« 第15回「世界バレエフェスティバル」Bプログラム | トップページ | オセロゲーム »

「こども食堂ネットワーク」のNPO法人化

8月12日(日)

Photo 午後、NPO法人「こども食堂全国ネットワーク」スタートアップ交流会があり、「子ども食堂」運営者・支援者など50人ほどが集まりました。
会場は、新宿の「カタログハウス」。プーク劇場のお隣り。

始まってみたら、NPO法人化はせず、 理事長に就任する予定だった湯浅誠さんが下記の目的で支援団体を新たに立ち上げることになったと(えーっ!?)
1 中間支援機能の強化
2 企業連携をサポート
3 調査研究
※団体のメンバーとして、有能な研究者が何人か自己紹介。 「こども食堂ネットワーク」事務局もそこに入り、湯浅さんも「こども食堂ネットワーク」の顧問となり、密接な関係をもつ。
※現在、「こども食堂ネットワーク」には実際に「子ども食堂」を運営する360の団体が加盟し、そのうち300が公開されています。
全国には2,500ほども「子ども食堂」があるそうで、現在、都道府県の半数で地域ネットワークが進んでいます。東京は区ごと。来月、上記のページに地域ネットワークも追加される予定。
※ 湯浅さんには、企業から漠然と「協力したい」という申し出がたくさんあり、支援団体でそういった相談に応じる。また、国への働きかけ、運営の実態を数字にして公開するなどして社会での理解を深めていくと。

20180812_2 「多様な子ども食堂の多様性を尊重しながら、広げていく」「地域に開かれながらも、食べさせているだけじゃない。どの子もこぼれないように手を尽くしているところがたくさんある。それを知らせたい」「子ども食堂は多様性と自立性が大事、そこが役所と違うこところ」などの湯浅さんのお話に、深く共感しました。

運営者の大先輩である「だんだん」の近藤さんの「事故が起きた時には(マスコミや周りから非難されても)、ネットワークでフォローしたい」「私たちは、じっくり、ゆっくりやっていきましょう」にも、励まされました。

Dsc_0119_2 その後の交流会に30分ほどいて、早退。
カタログハウスの正面玄関ロビーには、こんな可愛い猫たちが

« 第15回「世界バレエフェスティバル」Bプログラム | トップページ | オセロゲーム »

市民活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「こども食堂ネットワーク」のNPO法人化:

« 第15回「世界バレエフェスティバル」Bプログラム | トップページ | オセロゲーム »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ