« NHKドラマ10「透明なゆりかご」 | トップページ | 「夏休みランチ会」 »

『 「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ 』

Photo 夫から回ってきたので、読んでみました。
KADOKAWA (2018/6/9)

【内容】海外の大学に留学すると分かることだが、学生は膨大な資料の読み込みを課題に出されて、日々勉強に追われている。
日本では、大学受験後、そして学校を出た後に学ばない。それは、会社が社員の実力・能力を正当に評価しないことに原因がある。
そんなことだから、世界から取り残されてしまうのだ。
経済社会の進歩についていくには、独学しかない!

「分からない言葉があったら、ネット検索しなさい!」「ホームページは自分でやる」「ブログで発信してみる」なんて、当たり前のことが書いてあって(笑)拍子抜けしましたが…
「やはり、そうか」と思う点を以下にメモしておく。

*貧しくて学校に通えず、独学で成功した偉人は大勢いる。
 例:リンカーン、ガロア、ライト兄弟・・・
*エジソンは、小学校に入学して3カ月で退学。教師ともめたって(笑)
 その後、独学で成功。彼らは、独学者だからこそ、新しい発想ができた。

*教師と学生の差は縮まっている。昔は実年齢程度だったが、今は数年前の知識ですら、古くて役に立たない。進歩の激しい分野では、2、3時間前に勉強したことを教えている場合すらある。

*『鏡の国のアリス』で、赤の女王が「あるところに留まるには、走り続けなければならない」と言う。技術進歩の加速化で、特にITによって、今の世の中は、実際にそのようになった。

*大学で学ぶことの効用は、人的交流。情報の交換は新しいビジネスを立ち上げる時に重要。…そういう観点ねsweat01

*何が重要かを示さない教師は、無能。独学では、それを見出すのが大きな問題。

*基礎から一歩一歩でなく、できるだけ早く山頂に昇る。高いところから全体を把握すれば、個々の部分がどのように関連しているか、何が重要かが分かる。

« NHKドラマ10「透明なゆりかご」 | トップページ | 「夏休みランチ会」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/73911411

この記事へのトラックバック一覧です: 『 「超」独学法 AI時代の新しい働き方へ 』:

« NHKドラマ10「透明なゆりかご」 | トップページ | 「夏休みランチ会」 »

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ