« 6月2回目の「子ども食堂」 | トップページ | 鍵盤ハーモニカの合奏 »

『友だち幻想』

6月21日(水)

Photo菅野 仁 著、筑摩書房 (2008/3/6)

2008年に社会学を専門とする著者が、人間関係で初めてつまずきを感じる多感な年頃の中・高校生に向けて書いたもの。最近話題になって売れているそうで、読んでみた。

『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』と同様、私が経験から身に着けたことが文字となってまとめられていた coldsweats01 人に分かりやすく説明するのに、役立つかも。

「1年生になったら、ともだち100人できるかな♬」なんていう歌は、相当無茶だと思っていたが・・・小さい子に「友達を作らなければならない」という重圧を与えるもの、という指摘は、ごもっとも!

教育大で教える著者が、特に教員に向けて言っているところは、なるべく多くの教員の卵に読んでほしい。
「皆、仲良く」は、幻想。意見が合わない、うまく付き合えない子「仲良くしろ」と強要などせず、距離を保って並存するためのスキルを身に着けさせることが、社会に出た後も有効。

学校で教員の仕事はまず、命の保障。気に入らないからといじめて、死に追いやったりダメージを与えるのは断固として阻止する。
運動会が学芸会などのイベント時に、期間限定で合わない子とも協力し合う経験は、その後の人生にも役立つ。

◎絶対受容:親友・恋人に、「自分を100パーセント、丸ごと受け入れてくれる」ことを望まないこと。それは、幻想。しっかり理解していくれる人と出会えれば、いい。

« 6月2回目の「子ども食堂」 | トップページ | 鍵盤ハーモニカの合奏 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/73726928

この記事へのトラックバック一覧です: 『友だち幻想』:

« 6月2回目の「子ども食堂」 | トップページ | 鍵盤ハーモニカの合奏 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ