« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月の記事

「11ぴきのねこ」

6月30日(土)

夫婦で、孫二人の子守をしてます。
公園で遊んできた4歳児。お昼寝を中々しなくなったので、折り紙でも。

Photo_2 9月に「子ども劇場の」例会で、『11匹のねこ』を観ます。会報に折り紙のやり方が付いていたので、やってみました。
難しかった〜coldsweats02

思いのほか口が大きくて、 「もっとおっきいの!」とせがまれ続けて・・・魚がだんだん大きくなり、5匹。
この絵本が大好きらしく、お話を一人で演じて、ゴキゲンshine

木馬

団体のグループ活動事業として、区内のエコ施設見学会をしました。
レンタカーで大型のマイクロバスを借り、会員の夫が運転という企画wink

Photo リサイクル施設の販売コーナーに置いてあったのが、これ。かなりお邪魔な存在。
ロバか?ポニーか?値札が500円。
つかまり立ちができるようになった孫にピッタリsign01
ワンコインでお買い物をしたら、100円のお釣りでオマケをしていただきました。

とても軽いのですが、かなり大きいので、駐輪場まで抱きかかえて移動する間、大分目立ちました。

映画『万引き家族』

Photo是枝監督が原案・脚本・編集もした映画。
夫がカンヌ映画祭のニュースで関心を示したので、一緒に観に行った。
※結婚以来、(私に誘われて)10年に一度くらいしか観ていない夫は、シルバー料金に感激していた coldsweats01

妹分の万引きを食い止めようとした少年、切なかったweep
夫に捨てられた老婆、家に居場所が無かった少女、子をなせなかった女と男。パチンコ店の駐車場に放置されていた赤ん坊、DV家庭で虐待されていた幼女。
皆が寄り添って生きていたのが、誘拐・死体遺棄・年金詐欺などの犯罪に問われて崩壊し…幼女はまた暴力の巣窟に戻される。
※「子どもは親の元に帰るのが当然」と、正義をふりかざす警察。アメリカの犯罪ドラマのように、専門家による子どもの聞き取りをちゃんとやって家庭に介入する方策はとれないものか。

是枝作品、さすが!ノーメイクで通した女性陣、素晴らしい。罪を一人で被った安藤サクラ(監督が当て書きしたとか)はカッコよく、松岡茉優も光っていた。疑似家族を演じた皆が、名演 shine そして、何と豪華な脇役 lovely

6月2回目の「子ども食堂」

20180627 ◆参加:56名(うち保護者5)、スタッフ:15名
◆献立:ハヤシライス、玉ねぎとワカメのみそ汁、胡瓜とラディッシュのドレッシング合え)、ポテトコロッケ・ヤクルト(寄付)
※「これから「子ども食堂」を始めたい」「支援したい」という2件の見学・相談がありました。

◎前回の定員オーバーで「早く受付しないと食べられない」と危機感を抱いたのか、事前に27人もの予約がありました。開店前から子どもが来所し、何と・・・開店時刻4時半の3分後には50名に達し!入り口に「受付終了」と掲示。
◎その後も続々と子ども達が来所し、お断りするのが辛かったです。
◎台所設備やスタッフの人数から、参加人数を増やすのは難しい。基本的に、子どもを優先する方針でいきたいと思っています。
◎外遊びの見守り兼自転車整理を担当してくれる「お手伝い」の方がいてくれて、本当に助かりました。
◎今月から、学習支援教室の講師のお一人が、宿題もみてくれています。

敷地が隣接しているとは言え、二つの会場を行き来してあれこれトラブルに対応したり参加者とお話するなどして、ヘトヘトでしたdespair

すき焼き

Photo 株主優待で夫が選んだのは、すき焼き用の牛肉 sign02
この暑いのに…カセットコンロか despair

次男が帰省して「食べたい」と言ったのは、5年くらい前かな。それ以来、食べたことない。
だってー、夫婦二人で盛り上がらないもの。

肉が届いたので、その他の食材を夫が買ってきました。
300gくらいあり、「量、多いかな」と心配しましたが、いいお肉はスルスルと入っていき…野菜・豆腐・白滝も、完食 delicious

立った!

6月23日(土)

夫と、孫二人の子守。
前回、「雨で外遊びができないと、4歳児はエネルギーが溜まってしょうがいない」と実感したので…夫が上の子を鉄道博物館(@大宮)に連れて行った。
夫が外出担当の理由は、「シッコとウンチの世話は、イヤ」という、我がままwobbly

で、私が0歳児とお留守番。 そして今日、つかまり立ちをしたsign01
感動的だわ~heart02
オムツが濡れた、喉が渇いた、おやつ食わせろ、眠いから抱っこしろ…いちいち泣くので面倒だけど、ニコっと微笑んでくれるだけで、帳消し shine

鍵盤ハーモニカの合奏

鍵盤ハーモニカの合奏グループに誘ってもらい、初めての練習に出た。
「はじめまして」を連発して、ドキドキ…heart04

4部合奏の曲が多く、その日は5人参加。手持ちの楽器は色々。
Ⅱパートを吹いている人が急遽欠席となり、ベテランがそこを補ったりして、来月演奏する5曲を合わPhotoせた。

Photo_3 バスが入ると、ベース部分の音が豊かになるflair

新曲「笑点のテーマ曲」の提案があり、休憩時間に早速コピーして配布されたhappy01
1804092_2私は実力を補うべく、音域の広い「ハモンド」を買ったので、この曲では低音が必要なパートを担当することに。
ピアノの先生が何人か入っているので、音楽性の面で安心だし、子育て中など、自分より若い方達と一緒なのも…末長くご一緒できそうで、嬉しい
shine

私にとっては、殆ど新曲ばかり。チョコチョコ練習した結果として、足を引っ張ることもなく、ホッとした~coldsweats01

『友だち幻想』

6月21日(水)

Photo菅野 仁 著、筑摩書房 (2008/3/6)

2008年に社会学を専門とする著者が、人間関係で初めてつまずきを感じる多感な年頃の中・高校生に向けて書いたもの。最近話題になって売れているそうで、読んでみた。

『人生に必要な知恵はすべて幼稚園の砂場で学んだ』と同様、私が経験から身に着けたことが文字となってまとめられていた coldsweats01 人に分かりやすく説明するのに、役立つかも。

「1年生になったら、ともだち100人できるかな♬」なんていう歌は、相当無茶だと思っていたが・・・小さい子に「友達を作らなければならない」という重圧を与えるもの、という指摘は、ごもっとも!

教育大で教える著者が、特に教員に向けて言っているところは、なるべく多くの教員の卵に読んでほしい。
「皆、仲良く」は、幻想。意見が合わない、うまく付き合えない子「仲良くしろ」と強要などせず、距離を保って並存するためのスキルを身に着けさせることが、社会に出た後も有効。

学校で教員の仕事はまず、命の保障。気に入らないからといじめて、死に追いやったりダメージを与えるのは断固として阻止する。
運動会が学芸会などのイベント時に、期間限定で合わない子とも協力し合う経験は、その後の人生にも役立つ。

◎絶対受容:親友・恋人に、「自分を100パーセント、丸ごと受け入れてくれる」ことを望まないこと。それは、幻想。しっかり理解していくれる人と出会えれば、いい。

富岡製糸場

6月18日(月)

Photo 用事があって、夫と車で群馬へ。
帰省する時に毎回通るけど、街中に入ったのは、初めて coldsweats01

 ついでに?観光しようと、まずは妙義山へ。
※夫が「車が混むから」と、朝7時に出発dash
大阪の地震のニュースを気にしながら…県道を走っていたら、途中で猿の一団に出会い、ビックリ
coldsweats02

Photo_2 妙義山、広いのね〜。石段もいっぱい。
せせらぎの音、鳥の鳴き声が気持ちよかった confident

崖の上に建つ「妙義山道の駅」で地場野菜や花の苗、ソフトクリームを買って delicious

2

そして、富岡製糸場へ。
思いの外、広くて見どころ満載。
夫がホームページから説明ガイドをダウンロードしたので、それを聴きながら回りました flair

寄付

6月17日(日)

Photo_3 「スラムで暮らす子ども達の自立支援」で寄付。
夫にも協力してもらって、準備しています。
現地で売れそうな品がリストアップしてあるので、それに従って荷物を積み上げて。

他に、古いタオルケットを2枚洗ったり、天袋からバックを取り出して整理ができたり。
寄付をきっかけに…荷物が減るし片付くしで、一挙両得wink

同期会

6月16日(土)

大学のクラブの仲間との定例会で、池袋へ。
同期とその前後の学年が8人くらい、集まる会だ。

Photo ついでに「池袋ショッピングパーク」で好物のチーズとパンを買って delicious (うちの近所では売っていないのよ)

半年に一度のこの会。
まずは、20年来、初めて欠席したsign01常連の話題。
両親亡き後、実家を処分しようと荷物整理で腰痛だって coldsweats02

◆2年ぶりに参加した2人の近況報告
一人は…息子が突き止めた家系図の謎:上京した祖先が姓名の読み方を変更していたという発見!長らく気になっていたことを、社会人になったばかりの息子さんがサクサクス調べて現地調査をしてくれたんだって、ゴイねshine

もう一人は、「私の嫌いな言葉を言ったら、離婚するとカミサンに脅されている」「出て行かれたら困るから、抵抗しない」に、皆で爆笑happy01
例えば…「それ、違うだろう!」だって。
※頭ごなしに否定せず、話を聞いてから自分の意見を言えばいいの。具体的に言われているのは、まだいい。いきなり出て行かれるよりね。そう言って、慰めたwink

Photo_2 「梅シロップ」をつけた梅(シロップ消費後に残った)をいただいたlovely
ちょいブランデー入り。

20年来の会場は「サンシャイン大通り」から一本入った場所にある割烹で、地下の個室は人で溢れかえる外界とは遮断された、隠れ家のような場所。次回は、喫茶店になっている可能性アリだって。
困ったねぇ…。

映画『羊と鋼の森』

Photo_2 久しぶりに、映画。 森とピアノ演奏シーンがいっぱいで、気持ちのいい作品だった。

監督:橋本 光二郎、原作:宮下 奈都

旭川が舞台で、調律師の若者(山崎賢人)が主人公。 祖父が林業を始めて、森で育ったという設定。 音が鳴ると、森が出てくる。ピアノ演奏もたっぷり。

『ピアノの森』と被るなぁcoldsweats01
中でも、森永悠希が演じる「両親を事故で亡くしてピアノが弾けなくなった子」のエピソードが心に残る。

三浦友和と鈴木亮平(発達障害者?)が、やたらとカッコいい。皆、心優しい職人で、仕事に情熱をかける。セクハラなんかしそうにない、ステキな男たちの映画になっている。こんなステキな職場、あるのか?

上白石姉妹は、本当にピアニストかと思った(女優・歌手なんですね)。仲良くて、でもライバルで。主人公が優秀な弟との関係に悩むのと対になっているのね。

鑑賞後、月に一度の「足のリフレクソロジー」へ。
今日もいっぱい発汗して、汗だく sweat01
私の次のSさんは、「いいですねぇ、健康的で。私、汗を殆どかかないので」と。
「夏にスーツ着ても汗だくにならない」人ねsign01大汗かいてる私からすれば、うらやましい shine
見た目もほっそりしているし
wink

「男女共同参画推進フォーラム」

Photo NWECでの「男女共同参画推進フォーラム」、ワークショップが採択され、通知が郵送されてきました。

日時:8月31日(金)15:30~17:30

「東京から発信するメッセージ」ということで、
「多様な性」「多文化共生」が盛り込まれる 男女平等条例の今、これがタイトル。

東京では、この4月に「多様性」「多文化共生」をタイトルに入れた世田谷区の条例、「アウティング禁止」が注目されている国立市の条例が施行。両自治体の市民から、その特色や成立過程などを報告する予定です。
※アウティング・・・本人の了承なく、セクシャリティについて第三者に公言してしまうこと。 カミングアウトをした本人の了承なく、セクシャリティについて第三者に公言してしまうこと。性的指向、性自認の暴露。

6月1回目の「子ども食堂」

建て替え工事中だった自治会館が4月に完成して、初めて使わせてもらいました。

20180614 ◎献立:回鍋肉、春雨とチンゲン菜の中華スープ、ミニトマト、キュウリの浅漬け、果汁のゼリー

◎参加が60人弱!うち、保護者4人)。スタッフが12人
  計70人です!

隣接する都営アパートの会長さんから、集会所も使っていいと言っていただいたので、遊び場と食堂で分けることができ、調理も片付けもし易かったですshine

※予約が10人ちょっといて、参加者が50人に達したところで締め切りました。兄弟が既に来所していた子もいて、お断りするのが辛かったです。「予約してくれれば、とっておくよ」と。そして…受付をせずに「ふれあい館」で遊んでいた子達がいることが分かり!!増えちゃいました。
※動線や会場の使い方を改善しなくては。
※お手伝いが4人いる時はいいんだけど、日によってバラつきがあるの、何とかならないか。参加が多いと、目配りが難しい。
※今日も、隣接するマンションの住人が、ベランダから子ども達に「うるさい!」と延々怒鳴り続けていて。月に2回、楽しそうに遊ぶ子どもの声が我慢できないって…。そして、食後、近くの公園でパパが息子を遊ばせていたら、近所の住人から「うるさい、帰れ!」と怒鳴りつけられたと。せっかくの父子の時間を…。子育て支援に賛同しない人は、確実にいる。

『ふたりからひとり ~ときをためる暮らし それから~』

Photo つばた 英子、 つばた しゅういち、聞き手:水野 恵美子
自然食通信社 2016/11/26

映画『人生フルーツ』(原作『ときをためる暮らし』)では、最後で夫が亡くなる(あんな最期がいいなぁ…)。その後を描いた本で、聞き書きしたもの。
これも、地域の男女平等センターで借りました。
※忘れないうちに、メモしておきます。

映画では、自給自足的な日々の生活を大事にする暮らしや、「誰かへの贈り物」は買ったものではなく「手作り」したもの、お互いを尊重し(特に、夫が妻や子どもにそうであることが特筆すべきか)得意なことを無理なくやって補う合う仲の良い夫婦がステキだと感じましたが、
「月に一度は名古屋に出て肉や魚、嗜好品を買って宅配してもらうのは、リッチだ。お金があってこその生活だ」という友人の感想も、もっともだと思いました。

本書では、夫が現役時代に「仕事に行き詰まると出社しなかった(能力が優れていたから、それが許された)ことや、貯金0でもヨットにお金をつぎ込んていたことも知り、いい人生だったんでしょうねぇ。

◎ひっかかる部分が幾つかあって、「社会のことに興味がなくて」生きてきたとか、妻が共稼ぎの娘に「夫に食事を作ってもらって甘えてはいけない、それはあなたの役割だ」と諭したり。夫に寄り添って生きる女性に、私はあまり共感しないかな。

在宅

夫が退職し、ほぼ在宅となった。
夫の収入は減るが、時間はたっぷり。私の生活が、大変便利になった。

① 孫が病気で子守を頼まれても車で送迎ができるし(自宅で看ている方が格段と楽)、平日の市民活動の運搬作業に気軽に車を出してくれて、大変便利になった。

② 学習支援教室での中学生相手の講師をコンスタントにやってくれる。現役の教師は遅刻・欠席が常だし、学生講師はアルバイト優先なので、常に定刻に来てくれるのはありがたい。

③ 在宅だと、生協の荷受や宅配便の受取もやってくれる。洗濯物の取り込みもね wink

※朝、昼ご飯を話題にするようになった(^^; 私が居れば作るけど、留守の時は、いただきもののラーメン食べるとか。私が保護司の「更生保護サポートセンター」の駐在日だと、私のお弁当を兼ねた昼食を作ったり。

『キュロテー世界の偉大な15人の女性たちー』

Photo DU BOOKS (2017/10/6)
ペネロープ・バジュー (著)、関澄かおる (翻訳)

地域の男女平等センターで借りて読んだ。
予想をはるかに超えて、素晴らしかった!

タイトルから「偉人伝か?」「また欧米の人ばかり?」と思ったが、アフリカの人も中国人もいる。
「何者でもない立場から這い上がって思いを成し遂げていく女性たちを描いた」もので、あけすけで痛快な筋運び、ユーモアも皮肉もたっぷり。
イラストも鮮やかでカッコイイ!!

ここでは、彼女たちの人生を‥例えば下記のようにまとめている。
*ジョセフィン・ベイカーは「無視無欲で勇敢に行動する女性だった」
*トーベ・ヤンソンは「好きなことや楽しいことって ごまかせない」「無理強いされたことは、自分にも周りの人たちにも喜びをもたらさない」
*武則天は「政争を除いておおむね平和であり、様々な分野(芸術・社会制度改革)で、中国史上最も進んでいた時代」 日本人がいないのは残念だが…。

15

子守

Photo_2 ハイハイし回って…そのうち、寝てしまいました happy01
基本的に「抱っこしないと寝つけない」ワガママっ子ですが、時にはこんなことも。
この開脚、素晴らしいsign01

※長男が「お着換えバッグ」に紙オムツを入れ忘れ、ドラッグストアが開かないと、替えのオムツがない!漏れてきそうなので、抱っこできない despair この後、夫が買ってきたオムツをあてがい、ソファーに寝かせました(ズボンまで濡れていた、かわいそうに)。

赤ちゃんは、昼寝すると汗をかく。ゲリピーだと、始終ウンチの臭いがする。
汗臭くてウンチ臭くても…愛おしくて抱っこしたくなるって、不思議 coldsweats01
ニコッとされると、とっても幸せな気持ちになる。
だから、赤ちゃんは愛されて世話をされるんだなぁ(基本的にね。そう感じない人もいる)。

新聞で、「弱いロボット」を開発して、需要があるという記事を読んだ。
ゴミを拾いたくて、ゴミのそばまで行くのだが、手がなくて拾えない。困った表情をすると、高齢者や子どもが拾ってくれる。
また、子どものような訥々とした口調で説明するロボット。気の毒がって、多くの人が聴いてくれるそうだ。なるほどな~confident

佐藤水産!

6月8日(金)

Photo_2 夫が元の職場の「北海道会」に参加し、くじ引きで 佐藤水産 の珍味をいただいてきました。
※北海道勤務経験者と北海道出身者の会だそうです。 佐藤水産は…イクラや鮭の漣漬け・ニシン漬けなどを札幌の義姉によく送ってもらっています。 が、これは?!

ピリ辛 帆立貝ひも、開きこまい、鮭醤油。鮭醤油を使った煎餅も。全て北海道産だって delicious

イベント

週末は、恒例の市民活動イベント。

◎ステージの「めくり」は昨年のを10枚入れ替えて、主催事務局の社協に届けます。中腰で作業をしていたら、腰が痛くなって despair

◎所属団体で販売する長野県産干し杏の「紅茶漬け」は、明日パック詰めし、搬入(夫も車を出して協力してくれます)。干し杏(@500円)は、既にパック詰め作業終了。
※売る前から、保護司仲間の「予約」が25パックも入り、配達 dash

◎土日は団体の活動として、市民活動者向けのオリジナル名刺を作る「名刺屋」担当の予定でしたが…日曜出勤になった長男夫婦に子守を頼まれ、土曜のみの出勤となりました(ごめんなさーい!)
※夫は予定通り車を出して、搬出を手伝います wink

◎日曜は、模擬店の「子ども劇場」ブースで、サークルの仲間が販売を手伝います。

今どきの教科書は

Photo 青春出版社 (2018/1/20)

学習支援教室用に買いました。
昭和に教育を受けた私達にとっては、ためになりました。

5教科に渡って、色々書いてあります。
学校の現場から離れて時間の経つ講師にも回そうかと思っています。

劇団文化座『三婆(さんばば』

5月4日(月)

Photo 演劇鑑賞会の例会で、劇団文化座「三婆」を観た。
有吉佐和子原作、小幡欣治脚色

うーむ、登場人物の誰にも感情移入できない2時間40分は、辛かった。
※芸達者な三人に、会場からは笑い声がちょくちょくあり、多数にはウケていたようだ coldsweats01

本妻は、他に友人もいないし、やることもない。だから、一人は寂しい。性格が悪くて図々しい元夫の愛人と義妹と罵り合いながら生活していく方が、まだマシっていうことか。

※ 60過ぎを「老婆」と称し、10年後には5人中4人が認知症になっているのは…時代かしら?

6月邦楽公演「日本音楽の流れⅡ -琵琶-」

6月2日(土)

Photo_2 日本の楽器について、歴史・特色を紹介するシリーズ。
国立劇場 小劇場にて、14:00~17:20(長すぎて、お尻が痛い…despair


◎雅楽
「平調音取(ひょうじょうねとり) 越殿楽(えてんらく) 陪臚(ばいろ)」
楽(がく)琵琶=東儀博昭
西方から中国を経て伝えられた琵琶は、平安時代に宮廷音楽で用いられた。主旋律は管楽器で、琵琶は拍子のみ。水平に構えて演奏。

◎平家
「竹生島詣(ちくぶしまもうで)」
*今井勉が休演 にて、彼がここで演奏した 2017年の映像を鑑賞。琵琶法師が語る平家物語を「平家(平曲)」と呼び、盲人音楽家が語り、その合間に「ポローン」と奏する。

Photo_3 【実演・解説】 近代琵琶楽への変遷*薦田(こもだ)治子さん(武蔵野音楽大学教授)による、演奏付きの解説。 実に分かりやすかった shine
*近世、権力者の寵愛を受けた琵琶法師が「当堂」という団体をつくる。そこへの所属を拒んだ九州の琵琶法師が「宗教活動」を行う「盲僧(もうそう)」を名乗って活動。医療が発達したことと、盲人の職業の幅が広がったことで、晴眼の僧(盲僧の子孫ら)が檀家の希望に応じて、今も(天台宗玄清法流)演奏しているとな。
盲僧琵琶の演奏は、念仏を唱えながら琵琶をかき鳴らすもので、奏法がどうこういうレベルではない。単調で、すぐに飽きた
despair

薩摩琵琶・・・18世紀、盲僧琵琶から誕生。明治時代に活躍した薩摩出身の官僚により、全国的に流行。天皇にも指導した。撥が大きく、胴体に叩きつけてリズムをとる奏法が加わる。勇壮な題材と豪快な撥さばきが特色。

筑前琵琶・・・これも、盲僧琵琶から派生。琵琶よりも軽く、音域が広い三味線が流行したことから、琵琶で三味線音楽を演奏しようとして発展。女性の演奏家が多く出た。

◎薩摩琵琶「城山(しろやま) 」 須田誠舟
  西南の役で敗れた西郷隆盛の最後を綴った作品。

◎筑前琵琶「湖水渡(こすいわたり)」 奥村旭翠
  本能寺の変」の後、明智光俊が琵琶湖を渡って坂本城に駆け付けるという内容。
  流麗な演奏。

◎鶴田琵琶「壇の浦(だんのうら)」 中村鶴城
  鶴田琵琶は、戦後に誕生した琵琶楽で、映画音楽や現代音楽に進出。
  「壇の浦」は、源平合戦の安徳天皇入水の場面を描く。
  この奏者は声が小さくて張りも無いのだが、撥で弦をこする奏法と相まって、
   非常に切ない場面の表現が素晴らしかった confident

◎現代曲「胡絃乱聲(こげんらんじょう) 」新作委嘱初演、作曲=平野一郎
正倉院に伝わる二面の復元正倉院(四弦/五絃)琵琶を復元し、笙・竽・打物・群声(コロス)との合奏。
これがね、いただけない。古代の琵琶は響かないので、演奏が単調な上に、群声(東京混声合唱団)に負けちゃうの。琵琶の魅力が伝わってこない曲だった、残念。

甘酢漬け

Photo 今年も、生姜の甘酢漬けを作りました。
スライスして、甘酢に漬けるだけ。

市販の甘酢が私には甘過ぎるので、りんご酢とブレンド。
空いた瓶には、キュウリや大根・カラーピーマン等の野菜を放り込んで、二次使用wink

この時期、毎日のようにピクルスを食べる生活。
ビールやワインによく合うdelicious

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ