« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年5月の記事

区からの補助金

5月30日(水)

区から、「子ども食堂」事業に補助金をいただけることになりましたshine
申請書を作成するのは手間ですが…これで、食後の果物やおやつ代も確保できます!
※補助金が無いと、食後の果物やおやつはとても買えません。

*最近は 50人ほど参加があるので、1回の食材費(食後の果物・おやつを含む)に約1万円かかります。
*お米は毎回3升5合(5.25㎏)炊いていますが、ご寄付があるため、買わずに済んでいます(買ったら、1回1万円では賄えない)。
*毎回、お肉は5㎏使っていますが、これも時々、ご寄付下さる支援者がいるため、助かっていますflair

補助金をいただく前は、食費を切り詰めて運営していました。無いなら無いなりの運営をするしかないですからネ coldsweats01

定期総会

「子ども食堂」「学習支援教室」を行っている団体の定期総会を開きました。区の助成金を得るため、総会や議決について「会則」に加筆したため、開かざるを得なくなったのです coldsweats01

会員13人の小さな団体ですが、総会の成立宣言をして、役員以外で議長をたてて、議決もやりました。
昨年度活動報告書・決算報告書を皆で見て、今年度の予算案・活動計画も確認。

「その他」では、こんなエピソードを紹介。
受付担当者は愛情あふれる人で(だから受付担当になってもらった)、「おばちゃん達、お金もらってないの?」「なんでご飯作ってくれるの?」と子どもに聞かれて、「皆が大好きだからよ」-「ほかの人もそうなの?」-「みんな、そうよ」と答えてくれました happy01
私も含めて、他のメンバーの誰も、一言ではとても答えられなかった難問でした。
今後、同様の質問をされたら、この答えを真似することにしました wink

「子ども食堂の活動について、周囲の人に中々話せない。それ、何?って聞かれる(社会への関心が低い?)」
「メディアで取り上げられる場合、殆どが『子どもの貧困』と結びつけられるため、食べられない子が行く場所だと思われている」という話も出ました。
面倒ではあるけれど…より多くの人に理解してもらえるよう、一つひとつ誤解を解いていきたいです。

孫の看病

5月28日(月)

旅行中のメールチェックして…洗濯ものを山ほど干して、荷物を全て片付けて寝て、
今朝は4時起き weep

というのは…
留守中、4歳の方もアデノウイルスにやられてしまい、子守が二人になったの。
「車で二人を迎えに来てほしい」と長男に頼まれて、
ゴルフに行く夫(旅行の翌日にゴルフだと~!?)が「ゴルフに行く前なら、車を出す」と。

で、「ハイハイできる環境」を作って、5時前に、車で迎えに行った。

連れて来た孫達と私、5時半に朝ご飯だよ despair

食後にハイハイで動き回り、寝ちゃった。 4歳の方は、赤い目で鼻血出してる。熱があるので、安静にしとくのがいいんだけど…なかなか。
外に出られない孫達、ベランダで新鮮?な空気を吸ったり、メロディオンや折り紙・録画番組、食事やおやつで気を紛らわせて。

下の0歳児は、笑顔で喃語をいっぱい喋るので、とっても可愛い。プクプクして重いので、抱っこがヤバい。明日は腰痛だわ coldsweats01

午後、二人共寝てくれて、私もウトウト…。
しかーし、明晩はNPOの総会があり、司会の担当。台本を手直ししながら、準備するのでした。

3日目―再び、奄美観光

180527

岩が波に削られた丸石ばかりの「ホノホシ海岸」へ。
浅いところと深いところで、色が違うねflair

1805272

白い石を集めて、ハートが作ってあった happy01

1805272_2

その後、マングローブパークへ。
東京ドームの15倍の広さ。
川でカヌー体験。 まっすぐ進むの、難しかったー!

180527_3

黄色い葉っぱは…海水の塩分を引き受けているそう。
全体のために、犠牲になると…。
へぇ〜!

1805272_3 地元の黒糖焼酎メーカーの見学。
使用する黒糖は、全て奄美産(外国産の方が安価)。

1805274 試飲で、飲み比べdelicious

3日目―加計呂麻島へ

180526_7

海上タクシーで加計呂麻島へ。
高速で20分、水しぶきをたてて揺られてdespair

Photo_5


港の市場(道の駅みたいな)で、パッションフルーツのソフトクリーム!美味しかった delicious

観光バスに乗って、2時間の旅。

20180526_2 まず、樹齢300年の巨大なガジュマルの木を見学。 最初は1本だったのが、根が垂れて地面につけば、幹になる。熱帯でよく見られる。

この後、島尾敏雄文学碑へ。
呑之浦(のみのうら)に旧海軍震洋隊の格納庫があり、島尾敏雄が隊長だったことで、彼の文学碑がある。

180526_8 戦後、島尾敏雄作品「死の棘」の映画化の折に作成した「震洋艇(船の特攻隊)」の復刻品を譲り受けて、それが収納してある。

板張りの船。
これで、巨大軍艦に体当たりをしたのね…。

昨年、永山絢斗・満島かおり主演で映画が公開されて、この話がピックアップされていた。
ガイドさんは「島の娘」との愛の物語のように説明していたけど、戦後、愛人つくってドロドロの愛憎劇になるのに…。

2

その後、諸鈍(しょどん)でデイゴの並木を見て、生間(いけんま)から奄美に戻った。

1805262_5

強風で海上タクシーは大揺れ、海水が中に入ってきたり weep
さらに、締め切った船内は湿度が高くて蒸し風呂みたい。この状況を、同乗の若い人が「難民船ってこんな感じ?」と評した bearing

 

3日目―大島紬村

奄美大島紬村へ。
泥大島の糸を染める作業、織る作業を見学、説明を受けました。
泥大島・藍大島・白大島と並べてみると、分かりやすい flair
亡母が50万だか100万だかの高価な大島紬を残してくれましたが…自転車に乗れないし、手入れが面倒で、ほったらかし。
家で手洗いできる服が、一番coldsweats01

Photo_4 ここは、お庭が植物園のようで楽しかったです。

2png

これは、阿檀(アダン)、あちこちで見ます。幹がスラっとしている(美脚)。

180526_5

昼食は、奄美の郷土料理「鶏飯」の専門店へ。

1805262_2

「汁をたっぷりかけて」と言われたが、「塩の分量、間違えた?」と思うほどのしよっぱさに、夫婦で閉口 sad
他の店は、どうなんだろ?

3日目―奄美大島

180526 今日は、最低気温25、最高30℃の予報。
事前調査より、高温だわ。
でも、梅雨入りしているのに雨じゃないことに、感謝 confident

朝食前に、ちょっとお散歩。

180526_2 「コケコッコー!」がしきりに聞こえる方に行ってみたら、小屋で山羊と暮らしていました flair

目の前が海、海岸を歩いて。

180526_3

葉っぱの上に朱色で葉っぱを描いたみたいな花。ショウジョウ草、熱帯の帰化植物だそうです。

朝食後、まず「奄美パーク」へ。
奄美の自然や文化、風俗などをドキュメンタリー映画や今どきのバーチャル装置を使って体験できる
wink

1805262

中にある「下村一村美術館」は、外観も内装もステキ lovely
180526_4 椅子も木製で、風情がある。
作品を鑑賞していると…時間が足りないsign01

2日目―奄美大島へ

Photo 屋久島空港は、滑走路の長さから、プロペラ機しか発着できない。

180525空港職員が屋久杉の箸置きプレゼントを手渡したり、手を振ってお見送り。

この横断幕は、地上を離れるまでそのまま。
また来てねの「ラブコール」がスゴイ coldsweats01

180525_2飛行機からは、屋久島の宮之浦岳(二千メートル弱)が雲の上に見えた。

Photo_2 奄美大島空港からホテルの送迎車で10分、ホテルに到着。
南国らしい雰囲気。

180525_3夕食は、黒豚のしゃぶしゃぶ。

夫と、地元の黒糖焼酎3種類を飲み比べdelicious

2日目-屋久島(白谷雲水峡)

Photo_2 屋久杉の食器で、地産の昼食。
※江戸時代、柾目の板を得るために屋久杉を切って…そのまま放ってあるのをヘリコプターで運ぶのは危険。そんなことで林野庁が禁じたため、屋久杉の供給がストップ。そんなことで、屋久杉を使った製品は、とっても高価!

180525_6 さあ、白谷雲水峡!
花崗岩隆起の島なので、岩がゴロゴロの道も。

1805253 映画「もののけ姫」の苔生した森(宮崎監督は、何度も歩いたとのこと)を体験する1時間半。

※写真は、全て夫が。膝痛の私は、歩くので精一杯、そんな余裕ナシ coldsweats02

4 Photo_3

2日目―屋久島

5月25日(木)

180525 30分〜1時間の散歩ができるホテルの広い庭に外灯がないこともあり、夜、星がきれいに見えました。

夜明けは5時17分、東京から離れた…と実感できます。
※庭の向こうは、海
lovely

Photo◆地図参照
昨日は北東に位置する空港から右回りに南下して、南海岸の尾之間に宿泊。

今日は、西周りに観光して北の海岸辺りで昼食⇒白谷雲水峡谷を歩く⇒空路、奄美大島へ。 島を一周ということ!地理が苦手な私でも、旅すれば分かる wink

屋久島は、明日、梅雨入りとのこと。ラッキーでした shine

180525_2◆世界自然遺産の西部林道を歩いて、たくさんのヤクシカ・ヤクサルに遭いました。

180525_3 ◆日本一の亀の産卵地、「いなか浜」では、亀の足跡(タイヤみたいなの)と、産卵したらしい場所を見ることができました。今がその時期なのね good

※フィリピン・カリフォルニアを回遊して産卵に帰ってくるのは、30年後! 卵でいうと、5千分の一の確率だとか。

トラブル

旅行前に起きたトラブルについて、ここで紹介。

先週の「子ども食堂」の時に、担任の先生が「子ども食堂は、親が忙しい家しかいっちゃいけない」と言い、常連の子が参加できませんでした。
スタッフが校長先生とお話したところ、「区の校長会では、遊びに行く感覚の子が多いこと、近隣からの苦情があったり、子ども食堂のあとまっすぐ家に帰らないなど情報がでていたので、学校として、先生方に話をした」とのこと。

当食堂しては、 「子ども食堂は、運営団体によって考え方が異なる。うちは、共生食堂でやっている。地域の大人と子どもが知り合う希少な場。困ったことを抱える子に出会えば、大人はできることをする。学校の管理を地域に持ち込まないでほしい。子ども食堂を見もしないでレッテルをはらないでほしい」とお話しました。
「実情を知らないので、今度、見に行きます」とのこと。

親が家にいても、虐待やネグレクト、親がうつ病、親子で孤立しているなど、様々なケースがあります。いつも親子2人で食事しているので、たまには賑やかに食事したい。きょうだい喧嘩しながら食事するより、お友達と食べたい。多子世帯で、真ん中の子が来る場合もあります。

私たちは、子どもも親子さんも「居心地のいい」場所作りを目指しています。リラックスして、愚痴でも何でも言ってほしい。 参加する子どもを限定されたら、来ている子まで来にくくなるので、本当に困ります。

※区内の「子ども食堂」ネットワークで情報を共有し、区立校長・副校長・園長会でもお話する必要がありそうです。 昨年11月に、区立小学校の養護教諭の研修会でお話しましたが、学校内で情報が共有されないものですね。

1日目―尾之間温泉

180524onoma_2 ホテルは、尾之間温泉。温泉、久しぶり shine

部屋は、オーシャンビューで、絶景 lovely

Dsc_0056_2 夕食には、芋・麦焼酎を飲みつつ…
Img_20180524_185442 ピーナッツ豆腐や鹿児島産黒豚(生ハム・ロースト)、飛魚(さつま揚げ)、さつま芋(ムース)など、地産のものを少しづついただきました。お腹いっぱいdelicious

Img_20180524_185410180524_3spa その後、露天風呂で脚の疲れを癒しまして。

1日目―ヤクスギランド

Photo 「ヤクスギランド」なんていうテーマパークみたいな名前ですが…ヤクスギ(樹齢千年以上の杉)がいっぱいある遊歩道shine

ここは、杉(本土と同じ種類)・ナラ・ヒメシャラの森。
上り→下りの繰り返しを1時間。階段ばかりで、膝が心配だわ coldsweats01

180524◎紀元杉
樹齢3千年と言われている。

Photo_2 ◎千尋(せんぴろ)の滝

何度もここを訪れている宮崎駿。映画「千と千尋の・・」は、この名前に由来していると!
※左の花崗岩400m×200mで、世界最大級とか
flair

1日目―屋久島→奄美大島→加計呂麻島へ

5月24日(木)

Photo 夫の退職記念旅行は、一度行ってみたいと思っていた屋久島・奄美大島へ。
屋久島から奄美へのチャーター便を飛ばす企画に参加してみた(定期航空便は無い)。

※鹿児島乗り継ぎで、屋久島へ。プロペラ機の窓から、桜島が見えますsign01

アデノウィルス?

「アデノウィルス」に罹ったと、朝から0歳の孫の看病をしています。
兄の方は保育園に行くのですが、自分も行くものと勘違いして、説得するママも大変 sweat01


クシャミする度にドバーッ!と鼻水が出て、拭き取りに忙しい sweat02
鼻ちょうちんが二つも出て膨らんだ時には…大笑いしてしまった祖母でした happy01
ごめん…。

なかなか寝てくれないので・・・床に下ろしたらら、元気にハイハイ。ヤカンの蓋でヤカンを叩いて、打楽器演奏したり coldsweats01
体力使った後は食事してグッスリお昼寝 sleepy 起きてオムツ替えて、またハイハイ。

夕方の「子ども食堂」も行けないため、仲間にアレコレ、メールに忙しい。
※一昨年11月のオープから、欠席は、初めて。

「おらおらでひとりいぐも」

Photo_3 河出書房新社 (2017/11/16)

地域の男女平等センターの「新刊コーナー」で目にして、借りてきました。話題になってから結構経つので、今頃…感ががありますが、購入したばかりのようです(私が最初の読者!)

最初は、参りました。私は東北の出身なので東北弁は気になりませんが…夫に先立たれ、子ども達は家を出て、昼日中にネズミが台所でガサゴソ動いているのが「一人で寂しいよりいい」って…coldsweats02

「桃子さんは」と「さん付け」が頻発するのも、違和感あり。
更に、全ページの左端にタイトルが印刷されていて、ウルサイ。

が、2章からはグイグイ引き込まれ、1日で読了。 支配的な母親から逃れて上京してきたこと、子ども達への接し方がどうしてもその母親と同じになってしまい、自分も逃げられてしまった(そのまま、疎遠)こと。

朴訥で美男の夫が大好きだったが、「それでも」夫の死に「一点の喜びがあった。おらは一人で生きでみたがったのす」と。 一人で生きた経験がないなら、それも然り。

孫娘が一人で訪ねてきて希望のみえる終わり方も、良かった confident

幼児例会

4歳の孫を連れて、子ども劇場の例会へ。

Photo 仕草や台詞が独特で、大笑い。
そうして、親子や友達とのつながりに心があたたかくなる内容でした。 孫も「おもしろかった!!」と。

土曜日なので、保育園に来る子どもは少数。
朝、車でお迎えに行き、弟も一緒に連れて来ました。
上の子と私が観劇で外出中は、夫が次男とお留守番。
〇ンチのおむつ替えがイヤな夫が、何度も
「すぐ帰ってきてね!」と coldsweats01

北とぴあからの帰りに、「飛鳥山公園に行きたい!」という孫を
「お家でお昼ご飯を作らないとね~」と説得 sweat01

今日も、0歳児を抱っこして「幸せな気持ち」になりました heart04

メロディオン

Photo_2 4歳の孫が、私の「ハモンド」で遊びます。
両手でガンガン叩いたりして、小さな傷が weep
スピーカーを繋ぐジャックも付いている「プロ仕様」なので、これはイカン!と…
孫用に普通のを買いました。段違いに安いsign01
これで安心 shine

バランスを保つ

先週から今週にかけて、3人の引受人宅を訪問しました。
保護司活動の一環で、こんなに集中したのは、引受人が約束した日時を延期したり、私の都合によります。

収監されている人が仮出所する時には、住居と仕事を提供・世話したり、励ましたりする支援者が必要。保護観察所からの依頼で、収監者が指名した引き付け人候補者を訪ねて状況を説明し、何気なく・・・経済状態や健康・心構えなどを聞き取り、自分の判断を加筆して、報告書類に記入⇒郵送します。

引受人は、基本的に親。親が高齢の場合(や拒否する場合)は、配偶者・内妻、知人など。
大体、私より年上。高齢者の話を延々聞いていると…疲れます。エネルギーを吸い取られるような気がします。

合間に学習支援教室があって、小学生・中学生の相手をしているうちに、しぼんだ風船に空気が入ったような happy01
家庭に問題を抱えている子などの対応にはとても気を遣いますが、小夜食・おやつのお代わりをして笑顔が見えたり(美味しいものを食べると、元気になる!)、学習意欲が見えない子が講師の励ましで勉強していたりする姿に、エネルギーをもらえるのです。

こうして、自分で気づかないうちに、精神状態のバランスを保つように活動しているのだと実感するのでした coldsweats01

「政治分野の男女共同参画推進法」成立

5月17日(木)

Photo 男女平等の活動をしている仲間たちの間で、長らくの悲願だった法律が、やっと成立しました。先月、衆議院で可決され、今月、ようやく参議院で shine

議員は男性ばかりなので、もちろん、男性議員のご協力も得てのこと。
罰則のない「努力義務」が何とも情けないですが…韓国や台湾など近隣の国に大きく後れをとっている現状、これで少しは挽回できると期待
confident

2

Photo_4

集会の開催

5月15日(火)

34web_2 ◆2月から準備してきた集会を開催。

Cimg6547_4 学識者のご紹介で法学部の学生さん達のご参加があり、用意した資料が不足、スタッフ分を充てました。

「庁内でまとめたのなら、条例ではなく通達で良かったのではないか?」「条例名から男女の文字が消えるのは、何か問題があるのか?」といった「そもそも」質問に、スピーカーの桜井さんが丁寧に答えて下さり、会場からの意見も出て、あっという間に終了。
疑問や意見をもつ学生さん、いいですねぇ!私たちの思いを 若い方に広く伝えていきたい。

※会場のリーブラは、広大な敷地を贅沢に使った施設。調理室や造形室(美術分野で使用)、登録団体用の大きなロッカー、フリースペースの広さに「さすが都内一の富裕自治体、港区」という羨望とため息が出ていました sweat01

詐欺

Photo_5 保護司の活動で高齢の引受人を訪ねたところ、
「こんなハガキが届いていて」と、見せられました。

本人は刑務所にいて、でも「本人が連絡を」と書いてあるし…と放置してあって。

期限が過ぎているので、慌てて電話したら話し中、次は英語のテープが流れて、変なの。
「私が電話するから」と引き取って、管轄が法務省なので、役所に確認してもらったら…詐欺でした sign02

こういう役所の名称も住所も架空。保護シールが貼ってあって、いかにもなの。
メールでは慣れていたけれど、この手のハガキを見たのは初めて。
こんな手口で騙しとるのねぇ。被害が無くて、何より despair

母の日

5月13日(日)

2018052 静岡の次男から、「母の日」のプレゼントが shine

201805 結婚して、そういう気遣いができるようになったのね wink
ありがとう!

『さよなら、田中さん』

Photo 鈴木 るりか 著、小学館 (2017/10/16)

これも、地域の男女平等センターで借りて。
「新着コーナー」で、この強烈な表紙に惹かれて手に取り(西原理恵子の絵はインパクト大!) 読んでみたら面白かったので、作者を確認したら、小学生作家として話題になった方。これは、13歳で書き下ろしたものsign01

タイトルにある「田中さん」が誰なのか、五つある短編の最後にやっと明らかになる。これも、作者の「手」なのね。

父親の話がタブーな母子家庭に暮らす小6女子が主人公。貧困だが、それを恥じたり恨んだりしないのは、母親の価値観に依る。死を覚悟した経験のある母親が、様々な出来事に際してとる行動や引用する格言が、娘に伝わるから。 この絵のように、ガサツでダイナミック(父親も兼ねているからか)、彼女のエピソードがユーモラスに描かれている。

が、最後のエピソードがあまりに悲劇的で weep
主人公のクラスメートの男子が語り手。自分の意思と無関係に小学⇒中学受験をさせられて、失敗すると母親に罵倒しまくられる。「見えないところに行ってほしい」と、山梨の全寮制に入れられてしまうのだ!何という毒親。

『弟の夫』1~4巻

Photo 地域の男女平等センターで借りて読んだ。
今年3月にNHKでドラマ化された番組の原作。
田上 源五郎 著、2015年5月~2017年7月、双葉社。作者は、当事者。

【内容】
主人公は、弥一。双子の弟がいて、カナダで結婚していた。
その夫、マイクが、ある日突然、訪ねて来る。弟は既に亡い。
「パパに双子の弟がいたの?」「男同士で結婚って出来るの?」。
小学生の娘、夏菜は突如現れたカナダ人の優しい「叔父さん」に興味津々。すっかり懐いて、家に居候することになる。
マイクの来日から3週間後の離日までを描く作品が1~4巻にまとめられている。

弥一は、かつて、弟にカミングアウトされて以来、距離を置いてしまっていて、弟の存在を娘にも伝えていなかった。そんな訳で、義弟とのギクシャクとした暮らしに戸惑う。一方、マイクは、亡夫に似ている弥一を見て、切なくなる。

夏菜は叔父さんを親戚として受け入れ、友人にも紹介したいと、家に誘う。が、その母親にそれを咎められたりと、周囲からの偏見・差別が描かれて、悲しくなる。

そうして、巻が進むうちに、弥一親子とマイクの絆が深まり、弥一が「ゲイだった弟」とマイクを受け入れていく様子が描かれていく。

最終巻(第4巻)では、夏菜の担任が弥一を学校に呼び出して、「学校でその話をすると、いじめられる」などと言う angry
それに対して、弥一は「あの子が叔父の話をするのを止める理由はない」「もしいじめられたら、いじめる子を注意してほしい」と、キッパリ shine

マイクに見せてもらった弟とマイクの結婚式の写真には、マイクの家族に囲まれた弟が写っていた。それに対して自分は…そう思わせるエピソードだ。
そして、マイクが明かす、来日の理由。
一緒に両親のお墓参りをして、弟の夫を紹介する弥一。

◎偏見に怒り、亡夫への愛情が切なくて、家族愛にあふれた内容に感動した。ゲイカルチャーのコラムも、理解に役立つ。

※ただ…大人の男性が全て筋骨隆々で首が短い ラガーマン風に描かれているのには、正直、違和感がある。

5月第1回目の「子ども食堂」

180509 参加者が50人(うち、保護者3人)
◆スタッフ:会員9人、お手伝い3人
◆見学:3人

◎牛肉は、いつもの保護司仲間からのもの。柔らかい、高級品です delicious
いつもの4㎏でしたが、盛りが良すぎて?お代わりを途中で打ち切り。次回は5㎏に!

◎会員の食事用に、オニギリをたくさん作ったら、お代わりできなかった子・オニギリ好きな子も、集まってきました!

◎区の子ども家庭支援センター(子どものいる家庭の相談機関)の地区担当の職員さんが、見学にみえました。最初から最後まで居て、子ども達といっぱい話して遊んで、食べて、大人気!片付けまでお手伝いいただきました shine
児童相談所の扱う件数が多すぎるため、軽いものは区のセンターで扱うことになるそうで、「子ども食堂」を必要とする子ども達のために、連携していきます。

食器のご寄付

5月9日(水)

1805092_3 「こども食堂ネットワーク」を通じて、食器メーカーから、販売終了の食器を譲っていただきました。昨年もいただいているので、柄を揃えることができました。
※ブログの不具合で、写真が寝てしまいます sweat01

大小の丼ぶり、箸、スプーンを必要分。割れないタイプだけど、数があるので、ずっしり重い。
送料無料で、本当に助かります!

赤ちゃん

5月6日(日)

孫2人の子守。
上の子の外遊びは夫が担当。暑いので、水鉄砲を出しました。

Photo 下の0歳児は、やはり音の出るもの、プチプチやシャカシャカが好き。
この小さなボトルは、小さな星の立体折り紙を入れた手作り品。「子ども達に」と、沢山作ってくれるボランティアの方がいるのです。光る紙もあって、キレイ
lovely

胸に顔を付けて寝るのが好きな0歳児、下に置くと泣くので、ずっと私の胸の上。
スーピースーピー寝息をたてて、かわいい heart04 なんか・・・とっても幸せな気持ちになりました。スベスベな肌に触れると癒し効果があるのだと実感。

外遊びから帰ってきた4歳児まで「赤ちゃん返り」?で抱きついてきて、3人でお団子状態に coldsweats01 いつもは「はなせ!」なんて「大きい子ぶってる」のに、「おばあちゃんを取られた」と思ったのでしょうかね happy01 もちろん、抱っこしてあげました。

NHK「地球タクシー」

私が大好きな番組、NHK BSの「地球タクシー」。

この番組は、タクシー運転手の車に乗って昼も夜も街を巡る趣向。特筆すべきは、タクシーを何台も乗り換えて「歴史ある観光名所」「今の特色ある地区」「自分の馴染みの店」などを案内しながら、各人が語る「今の社会状況」「我が人生」が、すこぶる面白い。
観光・社会・人生が一度に楽しめる。他の旅番組とは大違いだ flair

昨日は、ウィーン。人口190万人の7割以上が外国籍と移民が占める sign01
*ドイツ出身の運転手は、「週休2日」「休みの日は、家で過ごしたり劇場に行ったり」と、文化的な生活 shine
*ユーゴスラビアの紛争から「逃げてきた」運転手は、「戦いたくなくて(ここに来た)」「出国できたのは、運がよかったから」「ここで親切にしてもらった」「うつ病になり、離婚した」
フムフム…。カーシェアリング・ウーバーに圧迫されている話題も。
*イラン革命を逃れてきた運転手が案内する移民の住む街、そして移民排斥者からの嫌がらせ体験談
*ウィーンっ子が案内する「我が庭」(生まれ育った、下町)

かつて旅した記憶も蘇って、楽しかったshine

難点は、毎週同じ放送枠でないこと。今、ミニ版を集中放映しているので、どうぞご覧あれ sign01

「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO2018」2日目

5月4日(祝)

Dsc_0040_2 今年から、池袋の東京芸術劇場も3~5日(祝)は音楽祭の会場となった。
会場は、普段は演劇公演で使う小ホール、シアターイースト。

音楽祭2日目は、レミ・ジュニエのピアノ独奏
notes 曲目
①プロコフィエフ:ピアノソナタ第8番 変ロ長調 op. 84
②ストラヴィンスキー:「ペトルーシュカ」からの3楽章

※諸国遍歴の後にソ連に戻ったプロコフィエフと、二度の亡命を経験した世界人ストラヴィンスキーを新進ピアニストが演奏。

②ストラヴィンスキーは、「火の鳥」「春の祭典」「ペトルーシュカル」など、バレエの作品で馴染みがある。リズムも曲想も、独特だよね。この「ペトルーシュカル」は、後にピアノ独奏用に編曲したもの。

非常にダイナミックで激しい演奏。鍵盤を叩きつけるような箇所が、随所にあり。レミくん、演奏前に内ポケットからハンカチを出して神経質そうなのにねぇ。
サイトに載っていた写真は美少年だったが…膨らんだ髪の毛(天パ?)が、小型の「鉢かずき姫」に見えて sweat01 気になってしょうがない<前髪、切れよ~。
ホールを出る時、後方で若い女性が二人で「桁違いだよね、凄いsign01」と、感動の声 shine

※ホールのトイレで、所属団体の会員さんとバッタリ!お互い、「ラ・フォル・ジュルネ」に毎年通っていることが分かった。「そうそう、この人、この間…ピアノ弾いてたっけ」と、向こうも思ったかな wink
※劇場前広場が無料演奏会場になり、その影響で「大道芸フェスティバル」が6日(日)のみになっている。例年、パフォーマンスの公演を楽しんでいた私としては、残念!

Img_20180504_134704東武デパートで一目で見つけた、履きやすい」サンダル(滅多にない幸運!)+池袋SPで好物の「貝づくし」寿司、フランスパンなどを購入 delicious
池袋では、これも楽しみの一つ。

「ラ・フォル・ジュルネ TOKYO2018」

5月3日(祝)

Dsc_0035_2 今年も、「ラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日)」へ。

東京国際フォーラム前広場の屋台村には行列ができて、まぁ…すごい人出でしたよ sweat01

◆曲目
*ラフマニノフ「死の島」
*ヴィクトロワ オラトリオ「エクソダス」(日本初演)
: 「出エジプト記」から想を得たウクライナ人作曲家の新作(映画『十戒』の音楽版)

Img_20180503_131333 出演:ウラル・フィルハーモニー管弦楽団、エカテリンブルク・フィルハーモニー合唱団、ドミトリー・リス(指揮) 石丸幹二(朗読)・麻実れい(朗読)

lovely オーケストラは2管編成で50名ほどいるのに加え、2曲目で50名ほどの男女合唱団が入場、豪華だったわ~。
※映画『十戒』の粗筋をナレーターが担当し、それをかき消すほどの音量で演奏が鳴り響く!(かち合わないようにしてほしい coldsweats01

作曲者が最後に登場。感じのいい女性でした。
楽屋口には、大勢の女性ファンが出待ちしていた。石丸さん・麻美さん、どっちのファンか?

自分で

Photo_5 誕生日に何ももらえず、母の日ももらえないだろうし…で、自分で花束を買いました。これ、母の日用 wink

亡き義母がグループホームに居た頃、母の日のプレゼントに贈ってその便利さに驚いたもの。
下に栄養入りジェルが入っていて、自立して世話要らず heart04
花瓶も水換えも不要なので、楽 shine

次男の帰省

5月2日(水)

29日に帰省した次男が、帰りました。
例のごとく…友達とサッカー、父親とゴルフ(昨日・今日の2日連続!)。
夜はサッカー仲間・友人と飲み会。 朝食の時だけ、会話していました coldsweats01

Photo_2 で、これを食べさせたら「うまいsign01」というので…買い置きしているのを一つ、持たせました。
そもそもは、兄が食べていた「ご飯のお供」の一つ。これを気に入り、お土産に何袋ももらってきたのが手に入らなくなり(スーパーから消えたそう)、 それが最近、生協の宅配で買えるの shine

Photo_4 そして、洗剤要らずの「ベビーまぐちゃん」をプレゼント。
※水も汚さず、洗濯機にカビもできずの優れもの。匂いが無いのも、嬉しい(彼が持参した衣類の香料が強すぎて、私はクラクラ…despair

ご報告

夜、仲間と 子ども食堂の後援(会場費無料)・学習支援教室の協力(会場費減免)をして下さっている自治会の(総会前の)打ち合わせ会に出向き、昨年度の事業報告をしました。(報告書配布)

長老さまより、「新しい会館の壁を汚さぬよう、傷を付けぬよう、指導して。躾の一環」「自転車を一列に並べるよう、指導して」等の意見を承りました。

故意に壁などを傷つける子はいないけど、うちの息子達を思い出しても、お約束は難しい。皆さま、子ども時代を思い出してみて despair
そして、4時前から6時半過ぎまでバラバラ来る子ども達の自転車を揃えられるか?

映画「リリーのすべて」

5月1日(火)

Photo 地域の男女共同参画センターで借りて、観ました。

監督:トム・フーパー
出演:エディ・レッドメイン(アイナー・ベルナー/リリー・エルベ)、アリシア・ビカンダー(ゲルダ)、2015年イギリス、120分、R15+

実話だったんですね…。
自分の女性性を医者に「精神病」だと診断されて苦しむ主人公。
「自分は、女性だった。体も女性になりたい」という夫に苦しむ妻。だって、愛する夫が女性になっちゃうんだもの。
観ていて、辛かった weep

そして、世界最初となる?外科手術を受ける。
「危険だから」と(元)妻は止めるが、自己同一性を得たいと必死な主人公。理解できる、この気持ち。
術後、すぐ感染症?で亡くなるけれど、自分が女性になれたと安堵してのこと、胸が痛くなった。

« 2018年4月 | トップページ | 2018年6月 »

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ