« Wikipediaの「子ども食堂」 | トップページ | お雛さまの乱! »

映画「シェイプ・オブ・ウォーター」2017年

3月2日(金)

Photo 少しエネルギーがあったので、近場で映画を観てきました。新聞・雑誌・Facebookの広告などで気になっていた作品。

うん、ステキだったわ~

監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ
出演:サリー・ホーキンス/イライザ、マイケル・シャノン/ストリックランド、リチャード・ジェンキンス/ジャイルズ、ダグ・ジョーンズ/不思議な生きもの、マイケル・スタールバーグ/ホフステトラー博士、オクタビア・スペンサー/ゼルダ

【内容】1962年、冷戦下のアメリカ。政府の極秘研究所で夜間の清掃員として働くイライザは、声帯を傷つけられて話せない(聞こえるが、話すのは手話)。
そこに、アマゾンで捕獲した(半魚人のような)不思議な生き物が密かに運び込まれてくる。粗暴な現場の管理責任者は、「彼」を下等な生き物とみなし、電流棒で殴ったり電流を流して虐待する。
イライザは現地で神のように崇拝されていたという「彼」に惹かれて、こっそり会いに行き、手話で話しかけて少しずつ心を通わせていく。そして、「彼」が殺されて解剖されると知ると、アパートの隣の部屋に住むおじさんに頼み込んで、救出する。

異生物の「彼」を見て、その声(鳴き声)を聞いても全く驚かずに微笑む主人公には、ビックリ  ゆで卵を与えて餌付けして、2人で食事しながら交流する場面は、微笑ましい。

口コミでは「彼」と彼女の交わりを「エログロ」「倫理に反している」と嫌悪感を書く人がいるが、私は全然 ! 国家戦略のためとして、人を平気で殺す野獣のような心をもつ人物の方が「人とは思えない」と感じた。
そして、「彼」は半魚人などではなく、不思議な力をもつ生物だったの
埠頭で撃ち殺されたと思った彼らが海に飛び込み、奇跡のような「彼」の力でイライザも蘇ったと信じたい。

主人公は、美人じゃない中年女性。彼女を助けて発砲されるなどの「恐怖体験」をするのは、隣室のおじさん(ゲイ・売れない絵描き)と職場が一緒のゼルダ(黒人・「ドリーム」に出演していた)。このマイノリティーの3人とロシアのスパイである良心的な科学者が、真っ当な心をもった人間として描かれている。

ナレーターが誰か、最後に分かるのもいい。

« Wikipediaの「子ども食堂」 | トップページ | お雛さまの乱! »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 映画「シェイプ・オブ・ウォーター」2017年:

« Wikipediaの「子ども食堂」 | トップページ | お雛さまの乱! »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ