« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の記事

大晦日

12月31日(日)

Photo_2 NHKBSで毎回観ていた「赤ひげ」
例年のように、野菜の天ぷらと海老入り かき揚げの夕食後、NHKBSで黒沢監督の映画特集に「赤ひげ」を見つけて、観ました(3時間超え!)

三船先生、やはりいいです!
久我美子に香川京子、内藤洋子、二木てるみ、山崎努、笠智衆など、豪華な配役でした。
でも、新ドラマ版の主人公の中村蒼くんには共感がもてたし、津山医師・お杉役は、こっちのの方が好きです shine

「冬休みランチ会」

12月28日(木)

10時からの「書初めタイム」には、10人ほどの小学生が参加。机や床(ゴザ敷き)に道具を広げて書く子ども達を講師2人で指導しました。久しぶりの書写指導。地域に1軒となった文房具屋で朱墨を買って、ほめておだてて、何とか作品を仕上げさせ。 「書初めって、疲れるよな~」というご感想に、そりゃあ…かなりの集中力を必要とするものねえぇcoldsweats01

2017122812時からは、ランチ。
焼きそばパン・ホットドッグ・オニギリ、ミニトマト、みかんを用意してのバイキング。
計18人の参加で、スタッフ5人。

※前日の「子ども食堂」で子どもたちに「明日は書き初めやるから」と言ったところ、「ランチ会」をすること自体を皆、忘れていました!(チラシに書いたのに…もう。)大慌てで再度、広報。

※書初め用紙と墨汁、新聞紙、道具を忘れた子用の予備を用意し、「来るかしら~」と半信半疑。
※小学生の集中力は、短い!なだめすかして、何とか作品に仕上げました shine

これにて、今年の活動は終了。年明け最初の活動は、来年9日の懇談会。学習支援教室の講師と8月からの活動を振り返り、教室の今後の運営について意見交換をします。

前日の「子ども食堂」と2日続けての活動に、スタッフから「年末の活動はもう…(勘弁してほしい)」という声が。私もそう、感じました、ハイ! 家の掃除がまだ終わっていないってば despair
「冬休み、まだ(「ランチ会」が)ある?」と目をキラキラさせて聞いてくる子等に、「いや、もうないの。あとは、お正月でゆっくりしてね」と。「ゆっくり」したいのは、私です wink

12月第2回目の「子ども食堂」

20171227 「子ども食堂」の参加は、35人(幼児6、小中高校生27、保護者2)、 スタッフ・お手伝い11人でした。

◎献立:トマトライス、ウィンナー・ハム・唐揚げ・コーン添え、ポトフ、キュウリの浅漬け、梨、アイス

※今日は、少なめの参加。冬休みで、帰省やお出かけがあったかも。
※ご寄付の加工肉セットのベーコンとじゃが芋で、ポトフを作りました。梨は、前回のご寄付の大きい方をいただきました。
※非常食の買い替えでご寄付いただいたパンの缶詰やクラッカーをお土産にして、好評。廃棄処分になっていたものを1か月前にいただき、冬休みのおやつ等に活かせます flair

タラブックス原画展

12月27日(水)

今週は、毎日、掃除しています。洗面所、浴室、台所、フローリングの床、窓、終了。残るは、トイレと玄関。

そんな中、行ってきました!西高島平まで dash
板橋区立美術館で開催されている「タラブックス」の原画展。
南インド・チェンナイの出版社「タラブックス」は1994 年に設立され、シルクスクリーンで絵本を作る(手作業で)工房を持つインドの出版社。

Img_20171227_121346_4

ステキでしたー lovely
絵本も手に取って見られるので、子連れも。 民俗画家などと相談して作るというギータ・ウォルフとV・ギータという二人のインド人女性(代表者)のインビュー画像も見流れていて、ジェンダー視点がよいなぁ〜 shine

「密やかな結晶」

Photo_2 原作:小川洋子「密やかな結晶」(講談社文庫)

演劇公演のチケットを買って、それから原作を読んでいた。
情景描写が多くて…私にとっては とても読みにくく、大分時間がかかったが、読了。

鳥だの、薔薇だの、宝石だのと、一つひとつが存在と記憶を消されていく島で、記憶が消えない住民が秘密警察に連行されていく(多分、殺されている)。
住民は抵抗せず、諾々とそれを受け入れていく。知り合いを隠し部屋に匿うとか…まるでナチスのユダヤ人狩りを思い起こさせる bearing
そのうち、カレンダーが消されて、その時冬だったため、季節は冬から動かなくなった despair
寒い中、食料を探して回ったり行列したりは、ソ連邦崩壊前の東欧の独裁国家を彷彿とさせる。
そして最後には、人間の身体も消されて声だけになる!という恐ろしい話 shock
だが、秘密警察も声だけになって、隠れていた者は自由になるという結末。

今日は結婚記念日で、予約購入した 大好きなカニ脚が届いた lovely
ビーフシチューを作りながら、書いている。

劇場通いを振り返って

恒例、今年の「劇場通い」をまとめてみた。

今年は、途中で作業を全くしていなかったので、ブログを頼りに一覧表を作ってみたところ…感銘を受けない作品をアップしていないため、思い出せない部分も despair

結果は…
年間で30回ほど。舞踊が10、演劇が11、芸能6、コンサート6。
1・8・11月は0回なのに この数になるのは…ゴールデンウイークの「タクト」(パフォーマンス・フェス)や「熱狂の日」(クラッシク・コンサート)に毎日出かけているから。
なので、5月は8回 sign01

ついでに、映画は13回。明日、「恋とボルバキア」を観れば、1増える。
これも、ゴールデンウイークの「イタリア映画祭」で3作品くらい観ているからこその数。

年賀状は、終了 shine メールで遣り取りしている方には送らないようにして(年賀メールもあり)、極力減らしています。 が、e-mailをやっていない、或いは遠方に住んでいて一年に一度のやり取りで安否確認している場合もあるため、全て止めるという訳にはいかず、です。

<人形劇団ひぽぽたあむ>こいぬの兄妹 チップとチョコ

Photo

孫を連れて「幼児例会」へ。
どい かや原作『チップとチョコのおでかけ』『チップとチョコのおつかい』『チップとチョコのおるすばん』(文渓堂)

lovely 背景がキルティング!台所、森の中、食料品店、梨畑…たくさんあって、基本の小花模様のカーテンを引くと、それらが現れるという趣向。ステキでした shine

4人のスタッフで、子犬の兄妹のほかに色々な動物もこなし、楽しかったです。 帰りには「松ぼっくり」をいただき、ご機嫌でした。

クリスマスの飾りつけ

Photo_2

「土曜日に孫が来るのに…クリスマスの飾り付けはしないの?」
夫にこう言われ、今頃ではあるが…押入の天袋から出してきた coldsweats01

リビング、玄関、廊下に最小限のあれこれ。

Photo_3

クリスマス・ツリー

Tree

日曜の夜、長男から「クリスマス・プレゼントと一緒に、クリスマス・ツリーも!」というリクエストがラインに入った。
「えっ!今頃?飾る期間が短すぎない?」
うちではかつて、11月末に飾ってたから。

しかも、彼が指定してきたツリーは「クリスマスまでにお届けできない可能性があります」だって wobbly
だめじゃん!
すぐに届く似たようなものを探して提案、長男宅を届け先に指定して、ポチっと。翌日、届いた。

xmas義娘から孫の写真を添えて、お礼のメールが届いた。最近、「ツリーが欲しい」 と言っていたそうで、背丈より高い(150㎝)ツリーの前で、喜びのあまり飛び跳ねている写真 lovely
そんなに喜んでもらえて、嬉しい限り shine

※うちで使っていたツリーはとうに処分して、(場所を取らない壁掛け)リースで代用している。今年は、余裕がなくて…それすら出していない coldsweats01

パイプオルガン・コンサート

12月19日(火)

Img_20171219_184641

xmas劇場仲間を誘って、パイプオルガン・コンサートへ。
ペア券だと一人2,500円で、十分楽しめた。

高所にあるパイプオルガンが見えるようにか、前から4列は空けてあり、4人で最前列(5列目)。3階まで人が入っていて、満席に近かったと思う。

note 第1部では、バロックオルガンでバッハの独奏を聴き、第2部では、回転して出てきたモダンオルガンでサン・サーンスの「クリスマス・オラトリオ」を聴いた。
ソロ・二重唱・三重唱・四重唱・五重唱と歌手が入れ替わりながら進む曲は、女性のドレス鑑賞も含めて楽しめた
lovely

その後、皆で忘年会。
昨年、このコンサートの後に入ったのと同じ店に入って、「一年が経つのは早い!」と delicious

「パリテ・カフェ」

Img_20171217_141122 上智大学で行われた「パリテ・カフェ」に参加。
1945年12月17日に女性参政権が制定されたことを 記念し、議会が男女均等になることの意義、それを実現するための方策を探るという企画。

◎第1部 第193回通常国会を振り返る
国会で審議・準備された法案のロビー活動を行ってきた女性たちが、運動の成果と課題を報告。
「文部科学省の組織改編に伴う男女共同参画学習推進の強化に向けて 総合教育政策局に男女共同参画学習課を存続させることを求める要望書」を出された学識者も登壇。

◎第2部 総選挙・都議選を振り返る
賢明な活動も「解散!」で呆気なく幕切れ。でも、やったことは議員・政党には伝わったし、市民側もノウハウを蓄積できるという成果があるということ。

◎座談会 国会で地道に成果をあげてきたものの、惜しくも落選された方お二人に「語ってもらう」という企画。
お金・小選挙区制の戦い・在任時の成果・今後の動きなど、濃い内容でした。 離婚届に「養育費」「面会」欄を加えた、国会の場で大臣に「LGBT」について教えてあげた等、志ある女性議員の果たす役割の大きさに納得できました。増やしたい!

12月第1回目の「子ども食堂」

昨夜の「子ども食堂」の参加は、1歳~高校生までの子どもが50人弱。保護者とスタッフを加えて60人弱。

Dsc_0675◎献立:エビピラフ、クリームコーンスープ、ミニトマト、キャベツの浅漬け、梨。
※おやつに、ポップコーンを作りました。大人気 delicious

※梨は、近隣の方からのご寄付。ホームページを見てご連絡をいただきました。いっぱいあったので、お代わり続出 shine

※盛岡市から見学も。3.11の際に被災地で炊き出しをされ、その後、不定期で「子ども食堂」を開いてみて、定期開催をしたいということでした。予想通り、「ご自身のご都合にうちの開催日が合った」ということで、ホームページが取り持つ縁ですね wink

※スタッフの欠席・早退があり、朝、「梨を剥きに来て!」とお手伝いを一人確保。お話しながら入会をお誘いしたところ、快諾を得ました lovely

男女共同参画学習課

団体の仲間と、「文部科学省の組織改編に伴う総合教育政策局に男女共同参画学習課を存続させ、男女共同参画推進の強化を求める要望書」を文科省男女共同参学習課に持参した。

予約した上での訪問。入り口で代表者のみ名前などを書き、来館者名札を付けさせられて、 9階の暗~い廊下(省エネが過ぎる!)を端っこまで歩き、到達!
段ボールが雑然と積み上げられていて、唖然。人手不足?

課長さんが対応して下さり、要望を述べて説明を聴き、意見の交換もできた。能力もやる気もある方とお見受けし、少しホッとした。
こういう方が活躍できる職場だといいけど…。 何とか、改編の予定を覆す一助となれば嬉しい限り。

夜は、区の「子ども子育て会議」。
時期的に、行動計画の中間見直しが、会議の主な議題。計画をたてた時点での予測と乖離したものについて、現実に沿ったものに改めて軌道修正。

区が一定の要件を満たす「子ども食堂」を助成する事業を始めたので、最近は「子ども食堂」の話題が出る。 私は「男女共同参画」の団体推薦で出ているのだが、「子ども食堂」の代表でもあり、区内の「子ども食堂ネットワーク(活動中・準備中も含めて任意加盟)」の世話人の一人でもあるので…その立場で、質問に答えたり説明したりすることが増えてきている。今日も、他の委員からの意見にお答えしたりして sweat01

PC

Pc

 

パソコンを買い替えた。今回も軽量薄型(700gちょっと)。タッチが軽いので、気分いい shine

ただ…サインインだのプロダクト・キーだのと煩わしいこと。インストールだの、環境設定だのも必要だし。
これまでみたいに…今までのが立ち上がらなくなる前に買ったので、メーラーも(団体の)ホームページも少しずつ引っ越し。

で、古いホームページビルダーで対応できなくなった。
年表のページとか…一から作るのは考えたくもないので、やはり、更新するのがお手軽。 で、バージョンアップ版を買って、FFFTPもお引越し。ネットのみで完了できるのが、素晴らしい good

画面がズレているのを直して更新していたら、あっという間に4時間が経っていて weep
ついでに、ロゴを新しく入れたりして、遊んでいる。ついつい、そんなことをしたくなるのは…嫌いじゃないということね
wink

片付け

結婚が決まった次男。
「いい加減に荷物を整理するように」と最後通牒を出し…その後を夫と片付け。
物持ちなので、分別や詰め込み作業、粗大ごみの申込があるのよねぇ。
ギターが2台にウクレレ、コミック本は引き取り手が見つかったが、電動ビール泡立て器(なんじゃ、それ)は、燃えないゴミに…。
で、今日は、棚の裏から…ダーツが!即、引き取り手を確保 (^^)v

そして今日は、夫と部屋の配置替え。ベッドと箪笥を初期設定に戻し、その際に、夥しい埃を始末💦 夫のパズル的思考のお陰で…重い家具も何とか移動。

ベッドの収納スペースからは、またまたコミックと服がいっぱい。夫が着れそうなトレーニングウェア(いっぱいあって、捨てるに忍びず)は洗濯して、お下がりに (^^;

Photo

今年も、生活クラブで「葉牡丹の寄せ植え」を購入。お正月のお花を買う代わりに。
色が私好みで、とっても長持ちするの (^^♪

演劇「かがみのかなたはたなかのなかに」

12月7日(木)

Kagami055

新国立劇場で5日から始まった公演を観てきた(小劇場)。クリスマスまで続く。

作・演出:長塚圭史、振付・音楽:近藤良平
出演:近藤良平 首藤康之 長塚圭史 松たか子

【ものがたり】兵隊の「たなか」と、鏡のむこうの「かなた」は、お互いの孤独に同情し、さみしさを慰め合う。

近藤良平の「かなた」の演技は、例えば真面目にトレーニングする「たなか」のをちょっと省略して楽しているのが笑いを誘う。コミカルなのかと油断していると…
こっちの「こいけ」(高塚圭史の女装!)とあっちの「けいこ」(あまりに違っていて唖然)は、鏡で互いを見て、自信を無くしている「けいこ」と自信満々な「こいけ」。
うぬぼれ過ぎて邪魔にされ、「こいけ」を殺しちゃったり<えーっ!wobbly
二人の男に求愛されてイイ気になった「けいこ」が、自分を取り合いう男たちの決闘を楽しそうに眺めたり<コワイ!wobbly
…「たなか」と「かなた」は友情から、どちらかだけが「けいこ」と幸せになるのに耐えきれず、ノコギリで「けいこ」を半分にしちゃう<ホラーだ!!bearing

そして、「たなか」に出立命令が出て、何事も無かったように…「たなか」は去っていく。
なんて結末!シュールだわ~。

近藤良平と首藤康之の動きはやはり、いい shine
松たか子は可憐で、でも無邪気に
怖い演技もできるのねぇ flair

大河ドラマ観光

Photo_2

宿は、ベトナム料理店を併設。 だから?朝食には、フォーも! パクチーをいっぱい入れて、いただきました delicious

夫の希望で…市内の次男夫婦のアパートを訪問し、
その後、大河ドラマ「女城主直虎」観光をしたいというので、浜松へ。

Photo_3 1年だけの大河ドラマ館は、すごい人気!

Photo_8 気賀の港を散歩し…近くの龍潭寺へ。思ったよりも広いお庭があり、直虎のお墓も。

Photo_6 お昼は、地元の桜エビのかき揚げ丼 shine

静岡へ

次男が結婚することになり、(次男の依頼で)お相手のご両親にご挨拶するため、静岡へ。 「はじめまして」をしながら、会食しました。

Photo 会場は、徳川慶喜が将軍を辞してから住んだというお屋敷を利用した、個室の懐石レストラン。次男が予約してくれました。

お庭が見事で、駅前にこんな場所があるとは sign01
地酒をいただきながら和やかにおしゃべりをし、何気なく次男のPRポイントを紹介したり wink

そこから徒歩5分のホテルに宿泊。

「子ども食堂ネットワーク」

区内の「子ども食堂」をやっている団体(個人)とこれから開店予定の団体による「子ども食堂ネットワーク」第2回目の情報交換会を開きました(半年に一度の開催)。私は二人いる世話人の一人で、区の社会福祉協議会が事務局をしています。
※加入は、任意です。

区内の「子ども食堂」は、6月に「ネットワーク」が発足してからどんどん増え、現在17の「子ども食堂」が活動しています。 そのうち14の団体・個人と準備中の団体・個人が4、皆が事務局である北社協に集まりました。
初参加の団体が半分以上なので、「子ども食堂」「子ども食堂ネットワーク」について確認したり、今後の情報交換・情報交換会告知・寄付品配分の場としてのML登録の説明。そして、先行する「子ども食堂」からのアドバイスなど。
※数が増えると、郵送・電話・ファクスでの連絡は事務局の負担になるため、ネットワーク加入=ML加入とし、情報の一本化をはかります。

そして、「区内子ども食堂マップ」作成の提案。 事務局と世話人で、12月時点で活動しているものを今年度中に作ります。区立小中学校校長会などに配布できると、学校と連携がとりやすくなると思います。
※社協で「子ども食堂」のホームページを作成するため、掲載情報をだしてもらったり、寄付品の配分もありました。うちは、焼き海苔とコショウ、岩塩をいただいてきました delicious

「君たちはどう生きるか」

12月2日(土)

Photo 話題になっているので、読んでみた。

内容はともかく、「男らしく」というのが頻出して、辟易。
友達を助けにいくのも、ナポレオンの戦いも「男らしい」と表現されている despair
いくら時代が前だからと言って…これは、若い人に回せない。
「男らしく生きろ」だからね。

この著者は、果敢な女性をどう表現するのだろうか?

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ