« 10月第1回目の子ども食堂 | トップページ | 松本ヒロ »

小曽根真「Jazz meets classic」

10月14日(土)

Photo

小曽根 真が毎年企画しているシリーズ。
東京文化会館 大ホールにて、17時~19時半

◎第1部はまず、リオ・クオクマン指揮で都響による
バーンスタイン作「キャンディード」序曲
速足で登場した指揮者がコンマスと握手して、自分の位置に付くなり、すぐに演奏開始。
アップテンポで起伏の激しい演奏、刺激的~
2列目の良席で、舞台袖に引っ込んだ指揮者が紙コップで水を飲む姿まで見える

◎そして、小曽根とピーター・アースキン(パーカッション)が登場し、バーンスタイン作交響曲第2番「不安の時代」
様々な楽器の音が入れ替わり、リズムが複雑。とても寝ていられません!
小曾根の演奏場面で、そのアレンジを微笑みながら聴いているバイオリンパート&憮然として待機している(ように見える)ビオラパートの団員が、対照的(そんなに気乗りしないのか?)


※バーンスタインの楽曲は、譜面通りに演奏しないと「バーンスタイン財団」に訴えられるそうで、小曽根は有力な人を介してアレンジでの演奏を許可してもらったそうだ。
この日が初演

◎第2部では、小曽根とピーター・アースキン、ダレク・オレス(ベース)によるトリオでの演奏。第1部とうって変わって、リラックスした静かな演奏。
曲目は、L.Bernstein: Some Other Time、P.Erskine: Twelve、Ozone: Nova Alvorada、Ozone: Wishy Washy、Mirror Circle、Before I was Born、Erskin: Bulgaria、Ozone: Popcorn Explosion(アンコール)
※「僕たち、いつ知り合ったんだっけ?」と小曾根が聞くと、「1978年」とアースキン。小曾根が留学費用を捻出するためにホテルでバイトしていて、「ウェザー・リポート」の一員として来日していたアースキンが
「オスカー・ピーターソンみたいなピアノを弾く高校生がいると聞いて、見に行ったんだよ」と。そーんな昔からの知り合いだったのね

« 10月第1回目の子ども食堂 | トップページ | 松本ヒロ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小曽根真「Jazz meets classic」:

« 10月第1回目の子ども食堂 | トップページ | 松本ヒロ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ