« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月の記事

10月2回目の子ども食堂

delicious 地域の出身という方から、お肉の寄付がありました。
今は他県にお住まいだそうですが、「子ども達にいっぱい食べてほしい」と、会場に持ってきて下さいました。今日使う「豚丼」用の豚バラ肉と次回の「豚汁」用の豚小間です。

20171026
参加は、38人。雨模様だったのせいか(?)、幼児連れの親子さんの参加は0人、新規登録が5人。
スタッフ8人、お手伝い2人。
◆献立:豚丼、芋汁(さつま芋・本シメジ・舞茸)、バナナ

※ハロウィン仕様のお菓子の寄付がありました。参加者が少なくて余ったのを密かにゲットしようと、それが置いてある受付辺りを子ども達が始終ウロウロし、担当者が目を光らせていました(最後は、ジャンケン)。

『サイコパス』

Photo
中野 信子 著、文春新書、2016/11/18

地域の男女共同参画センターで借りた本。

外見はクールで魅力的。会話やプレゼンテーション能力も抜群。しかし、トンでもないウソつきで、不正や捏造が露見しても、恥じることなく平然としている。時には自分が被害者であるかのようにふるまい、 残虐な殺人や善良な人を陥れる犯罪を平気で行う。他人を利用することに長け、人の痛みを感じない。
…思い当たる人、いますよね?

そんな人達の餌食にならないよう、知っておいた方がよい知識 wobbly
元々、「サイコパス」とは、連続殺人鬼などの反社会的な人格を説明するために開発された診断上の概念。『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクター博士のような。脳科学の進み具合を知りたくて、読んでみた。

◆サイコパスは…

*脳の、他者に対する「共感性」や「痛み」を認識する部分の働きが大きく違う。

*個人主義が発達している欧米よりも集団主義的な社会である東アジア圏で少ない。男性よりも女性の方が少ない。

*症状にも程度があり、グレーゾーンのような広がりをもって分布している。100人に1人はいると言える。

*口が達者で、おそれを知らずに果敢に行動するため、非常に魅力的に映り、ファンになってしまう人も少なくない。毛沢東のような革命家・独裁者、スティーブ・ジョブズのような起業家とか。

*殺人者の場合、計画的。拷問や殴打・切断のような過剰な暴力好む。他人が苦しむ様子を観察すること自体に悦びを感じる。

*脳の機能については遺伝の影響が大きく、生育環境が引き金になって反社会性が高まる可能性がある。

*治療の成果については、報告されていない。

*女性は「弱い女」「泣く女」を演じて、批判する者を極悪人のように演出。「自殺する」と脅すが、それほど落ち込むことはない。「パーソナリティー障害」と診断されることが多い。

◎サイコパスの餌食になる人は、騙されていたことが分かったり、犠牲者の存在が明らかになっても信者であり続ける。それはーー人間の脳は「信じる方が気持ちいい」から。自分で判断するのが負担で苦痛に感じる(認知負荷)。また、矛盾する認知を抱えて葛藤すると、都合のいい理屈を作って「間違いを認めずに済む」ようにする。サイコパスは、この弱点を巧みに突く。

◎本書の中に、サイコパス度を測るテストがあり、私は ほぼ0点。ここで高得点をとった読者((サイコパス)は、我と他者との違いを認識し、更に技を磨くのだろうか…bearing

イデビアン・クルー「肩書ジャンクション」

10月21日(土)

Idemian
1年ぶりの「イデビアン・クルー」の公演。
今年は豊島区の「フェスティバル・トーキョー」じゃなくて…「東京芸術祭2017」の一環として開催、だって。
東京芸術劇場 シアターイーストにて、13時過ぎから約70分

◎振付・演出:井手茂太、出演:斉藤美音子 菅尾なぎさ 福島彩子 後藤海春 酒井幸菜 中村達哉 原田悠 三橋俊平 井手茂太
◎企画制作:東京芸術劇場 days、 主催:東京芸術劇場・アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)

会場は満席。いつものように、若い人が多い。
今回も、クスクス笑える場面がいっぱい shine

※数日前、期日前投票場の前を通った折に投票は済ませたので、明日の天候を気にすることなく、楽しんだ wink

丼ぶり!

「子ども食堂」事業に、区から補助金をいただくことになりました shine
数種類の申請書を埋めるのに、相当な時間とエネルギーを費やしたので、 その労力が報われて嬉しい lovely

これで、毎回、果物が出せる(結構高いし皮をむくのが面倒とかで、果物の購買は減っている)とか、備品が買えるとか、仲間と喜びを分かちあっています。

20171018_2
で、丼ぶりを買いました!(なぜか…写真がひっくり返りますweep
まずは、学習支援教室で、小夜食に使ってみました。
カニカマ・お揚げ・揚げ玉・ワカメ・小ネギと、具は豪華です。子ども達や講師の方達に評判が良かったです。

※連絡なしにお休みした きょうだい がいて、心配しています。保護者に連絡もとれないのです。電話に出ないし、お家に人の気配もなく。スクールソーシャルワーカーや区の相談施設と相談していているところです。

松本ヒロ

Photo
松本ヒロさんの公演に、友人達を誘って行ってきました。
サイドの1列目shine

選挙・憲法・沖縄戦を題材にした本、撮影が進む映画(アメリカロケ)…今回も豊富な話題。

アンコールの「NHKニュース」では、読む係が ヒロさんのおどけた動きが目に入り、つい…吹いちゃって、ヒロさんのマイムも途中で止まらざるを得ない。それも可笑しかったです。友人が
「(平然と読まねばならない係で)かわいそう」と、同情していました。

映画制作にカンパしています。完成が楽しみです wink

小曽根真「Jazz meets classic」

10月14日(土)

Photo

小曽根 真が毎年企画しているシリーズ。
東京文化会館 大ホールにて、17時~19時半

◎第1部はまず、リオ・クオクマン指揮で都響による
バーンスタイン作「キャンディード」序曲
速足で登場した指揮者がコンマスと握手して、自分の位置に付くなり、すぐに演奏開始。
アップテンポで起伏の激しい演奏、刺激的~ flair
2列目の良席で、舞台袖に引っ込んだ指揮者が紙コップで水を飲む姿まで見える coldsweats01

◎そして、小曽根とピーター・アースキン(パーカッション)が登場し、バーンスタイン作交響曲第2番「不安の時代」
様々な楽器の音が入れ替わり、リズムが複雑。とても寝ていられません!
小曾根の演奏場面で、そのアレンジを微笑みながら聴いているバイオリンパート&憮然として待機している(ように見える)ビオラパートの団員が、対照的(そんなに気乗りしないのか?)


※バーンスタインの楽曲は、譜面通りに演奏しないと「バーンスタイン財団」に訴えられるそうで、小曽根は有力な人を介してアレンジでの演奏を許可してもらったそうだ。
この日が初演 notes

◎第2部では、小曽根とピーター・アースキン、ダレク・オレス(ベース)によるトリオでの演奏。第1部とうって変わって、リラックスした静かな演奏。
曲目は、L.Bernstein: Some Other Time、P.Erskine: Twelve、Ozone: Nova Alvorada、Ozone: Wishy Washy、Mirror Circle、Before I was Born、Erskin: Bulgaria、Ozone: Popcorn Explosion(アンコール)
※「僕たち、いつ知り合ったんだっけ?」と小曾根が聞くと、「1978年」とアースキン。小曾根が留学費用を捻出するためにホテルでバイトしていて、「ウェザー・リポート」の一員として来日していたアースキンが
「オスカー・ピーターソンみたいなピアノを弾く高校生がいると聞いて、見に行ったんだよ」と。そーんな昔からの知り合いだったのね wink

10月第1回目の子ども食堂

201710
◎献立:ハヤシライス、ベーコンとキャベツのスープ、ミニトマト、梨、胡瓜の浅漬け、チーズ。

オープンしてから、献立が重ならないよう努力してきましたが・・・2巡目に突入 coldsweats01

「ハヤシライス」は子ども達の好物で、食事の前から「たのしみ!」と言っている子たちがいました happy01
そのせいか?出足が早く、5時くらいで定員の40人に近づき、食事時には48名になってしまいました wobbly スタッフとお手伝いの方を入れたら、58人です。

それからは、心を鬼にしてお断りして。ごめんね~。遅く来る子は、予約して!
次回は、3升炊くか…。

※保育園帰りの親子連れが3組。赤ちゃんと幼児が8人もいて、賑やかでした shine

NHK土曜時代劇「アシガール」

Photo_4
夫が録画して見ている「土曜時代劇」。今放送しているのは、軽いノリの現代劇兼時代劇。

内容は、「脚力だけが取り柄の女子高生が、戦国時代にタイムスリップ。愛する若君を守るため、足軽となって戦場を駆ける」というもの。

主人公のおバカな台詞や行動に、毎週、大笑いさせてもらっています happy01
引きこもりの弟(天才!)や父母、羽木家・天野家の人々、戦国時代での母代わり「芳乃」も、個性的で(演じる俳優さんも)芸達者揃い。

土曜の夕方、笑って気分転換したい方に、おススメの番組 shine

 

映画『夜間もやってる保育園』

10月6日(金)

Photo_2
予想通り、素晴らしい作品でした。
24時間営業というと、ベビーホテルしか思い浮かびませんでしたが、「認可保育園」があるんですね!

◎「認可」の夜間保育園は全国で80。一方、無認可(ベビーホテル)は1,700以上もある。需要はあるのに、「認可」基準の上質な保育園が足りない。「ABC保育園」のような「認可」に入れた親子は、ひたすら「幸運」だったということだ。

大久保にある「ABC保育園」は、しかもオーガニックの食材を使っている!その農園(茨城県)で行われる新任職員の実習も紹介される。

夜まで働かざるを得ない仕事や、夜の営業がメインの飲食店経営など、子どもを預ける必要のある親がいる。
保育園⇒ベビーホテルのハシゴをしていた親が、安心して子どもを置いておける保育園が必要な訳だ。 職員は4交代制で、皆、子どもにも親に優しい。だから、親が切羽詰まった精神状態にある時でも、落ち着いて子どもを連れて帰れる。それが、煮詰まって虐待に走るのを未然に防いでいるように感じる。

就学した後のことを考えて「学童保育」も始め、発達障害のような子どもの「療育」(無料)もやっちゃう。スゴイなぁー。 そして終盤、これらの事業を始めた園長自身の子育てが語られます。結婚に失敗して、両親の元に子どもを3人置いて、別の男性と駆け落ち。えーっ?! こういう経験が、誰にでも優しく寛容な園の姿勢を作りだしているのかなぁ。

※沖縄や北海道の夜間保育園も紹介されている。
※インタビューに答えた母親の中には、中央省庁や児童相談所の職員もいた。
※滅多にないことだが、パンフレットを買った。その中で、片野園長が、夜間保育園を必要悪と言う人に対して「子どもが夜中に放置されるよりいい」ーあくまで、子どもの側に立つ姿勢だ。

NHK海外ドラマ「Thisi is us. 36歳、これから」

36


10月1日(日)から始まったNHKの海外ドラマ「Thisi is us. 36歳、これから」誕生日が同じ36歳の男女3人。

彼らの36歳の誕生日が描かれていくうちに…最後にこの3人の関係が分かり、驚愕!そして…感動 shine

年齢に関係なく、おススメです。 家族について考えさせられるステキなドラマ confident

鉄旅

10月1日(日)

今日は、孫を「子ども劇場」の例会『ともだちや~あいつも ともだち~』(劇団 うりんこ)に連れて行きました。ちょっと散漫な内容で、彼は途中で飽きて…座っていられなくなりました despair

Photo_2
その後、「京浜東北線と、湘南新宿ラインと、総武線に乗りたい」と言うので、王子駅から「京浜東北線⇒湘南新宿ライン⇒総武線」に乗り、
中野駅で「ここで下りる。あれに乗りたい!」と東西線の車両を指さすので、それに乗り換えたら、すぐに地下に潜ってしまったのに失望したようで、「もう、下りる。帰る!」と wobbly

それで…山手線⇒埼京線に乗り換え、帰ってきました。計 6種類も乗り継いだことになります wink
「乗り換え」を考えるのは、頭の体操になります coldsweats01

いつものように…お尻のあたりをモゾモゾした時は「おしっこ、行きたい?がまんできる?」と聞きつつ、駅でトイレを探してまっしぐら!

帰宅したら、靴も脱がずに、「公園で遊ぶ!」と、サッカーボールを持って公園へ。
サッカーの相手をさせられて…さすがに疲労
sweat01

S


夫の知り合いから今年も新米が届きました shine
息子宅にも分けて、美味しくいただいていますdelicious

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ