« シンポジウム 「ジェンダー平等政策の今を問う」 | トップページ | 集会のテーマ »

芸劇dance「BACH」

9月24日(日)

Bach
東京芸術劇場 シアターイーストにて、14:00~15:10
バッハを演奏し、それに合わせてダンスし、出演者を描くという企画。

出演:廣田あつ子、加藤訓子、広田稔
音楽監督兼演奏:加藤訓子、ダンス・振付:廣田あつ子、ライブペインティング:広田稔
出演:加藤訓子、廣田あつ子、広田稔、穴吹淳、田澤祥子、中島瑞生、赤井綾乃

◎マリンバでバッハ、コンテンポラリーダンス、ペイントが同時進行。
いい企画!と飛びついたのですが…マリンバのみの演奏はやはり単調で、コンテの振付は劇的なものではなく、ペイントは予め書いてあるのに加筆する程度で…刺激が小さい分、眠くなって
端っことはいえ、1列目に座ったので、睡魔と戦ったのでした。

« シンポジウム 「ジェンダー平等政策の今を問う」 | トップページ | 集会のテーマ »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 芸劇dance「BACH」:

« シンポジウム 「ジェンダー平等政策の今を問う」 | トップページ | 集会のテーマ »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ