« 学習支援教室 | トップページ | 8月第1回目の子ども食堂 »

映画『DANCER』

8月5日(金)

「夏休みランチ会」や「学習支援教室」の始動など、「子ども食堂」の活動が落ち着いたので、以前から興味のあった セルゲイ・ポルーニン のドキュメンタリー映画 を観に行った。
ネットで目にした「Take Me To Church」のミュージックビデオが素晴らしくて shine
これを映画の終盤で見ることができる。

Photo

邦題は「ダンサー、セルゲイ・ポルーニン 世界一優雅な野獣 」

監督:スティーヴン・カンター (2016) 90分弱。

ウクライナの小さな町に生まれたセルゲイ。
体操で才能を発揮させた一人息子を、母親はウクライナのバレエ学校⇒英国ロイヤルバレエ学校に留学させるが・・・学費のために父と祖母は外国に出稼ぎに行き(パリオペ・ロシアのバレエ学校は国立で無料だと聞いたように思うが…有料なのね)、母はビザが無くて帰国。家族はバラバラになる。

成功すれば家族が一緒に暮らせると思い、誰よりも練習に打ち込むセルゲイは3年飛び級して、英国ロイヤルバレエ団に入り、19歳でプリンシパルになる(最年少記録)。
が、15歳で親は離婚していて、バレエ団で最高位まで上りつめたことで目標を失い、23歳で退団。「bad boy」の評判をとった彼をアメリカのバレエ団は契約したがらず…ロシアに帰国。ゼレンスキーとの出会いで、国立モスクワ音楽劇場バレエ団で踊ることになる。
「バレエに支配されていた。普通の生活に戻りたい」と、引退。

英国ロイヤルバレエ学校時代の友達が「学校を出て振り返ると、自分には少年時代が無かったと気付く。怪我しないようにと外遊びを禁じられて、バレエ漬けだった」と話す。
セルゲイもバレエしかしてこなかった。
映画では、彼が踊りまくるシーンがいっぱい。素晴らしいに尽きる lovely
まだ20代半ばだというのに、人生に疲れた顔をしているのが気の毒
weep

終盤、長く拒絶していた母と父・祖母を劇場に招待して、また踊り出す。家族との和解シーンもあって、少しホッとした。
幼くして一人で寮生活をせざるを得なかった彼にとって、家族の欠如が情緒不安定の原因のような。

「Take Me To Church」のミュージックビデオが注目を浴び、映画出演もするそうで、ヌレエフの伝記映画にも出演予定とか。楽しみ shine

« 学習支援教室 | トップページ | 8月第1回目の子ども食堂 »

映像」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/71330431

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『DANCER』:

« 学習支援教室 | トップページ | 8月第1回目の子ども食堂 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ