« 『家族幻想~「ひきこもり」から問う~』 | トップページ | 落語会 »

映画『彼らが本気で編むときは、』

3月3日(金)

風邪をひいたらしく、咳とくしゃみ、鼻水が止まらない sweat02 熱はないので、孫の症状とは違う。が、雨が上がったので、予定通り、自転車で税務署へ。
その足で男女共同参画センターに本を返して(今日までだったの)、近所の病院へ。
服薬して しばし寝て、症状が収まったことを確認して、映画を観に。

久しぶりだよ~、ゴールデンウイークの「イタリア映画祭」以来かな。

Photo_2
LGBTがテーマで、荻上監督作品に惹かれて観たが…
家族の団欒の大切さも実感できる内容だった
heart01

【内容】シングルマザーの母親が、娘を置いて出て行く。仕方なく、叔父の家に居候する小5女児。行ってみると、女装した男性がいて驚くが…彼女が心をこめて作った料理を皆で美味しく食べたり、彼女の母親の家で、彼女の夫が作るあったかい夕飯を皆で囲んだり、抱きしめられて ちゃんと話を聴いてもらう。

母親に手料理を作ってもらったり甘えたことのない女児が、「家庭」を経験していくの。
と言って、母親を責める内容ではない。彼女と母親の関係に問題があったのだと。

主人公の女児がせっかく居心地のいい「家庭」を経験しているのを周囲の偏見が邪魔をする。学校でいじめにあったり、児童相談所に通報されたり。そんな理不尽さに対する怒りを編み物に込める。
戸籍の性別を変えるのに、チ〇コの煩悩の数だけ編んで焼くとか、ニセ乳を編むとか、チ〇コのリサイクルとか…切ない話の中で笑いがあって、素晴らしい
shine

◎観たのは、東武練馬の映画館。うちから乗り換えなしで行ける上に、シニア料金は55歳以上と低め。また行くかも wink

« 『家族幻想~「ひきこもり」から問う~』 | トップページ | 落語会 »

映像」カテゴリの記事

コメント

zeroさん、
お久しぶりですね~。
実は、Eテレ「ハートネットTV」で監督と田中美佐子さんが出ているのを見て、「これは観なくちゃな」と、鼻を垂らしながら鑑賞した訳です sweat02
「イタリア映画祭」みたいに全席指定の前売り券でないと、映画はなかなか観に行かない(暇でエネルギーがあれば、別)。

伏字、ダメですか?そのまま載せるのはどうかと思い、一文字だけ○にしたんですがね。

東武練馬、空いていて良かった。下板橋駅から乗ったの。

『彼らが・・』お誘いしようと思ってた映画です。
ティム・バートンでなく(笑)こっち。
風邪が長引き、まだ観られません。
伏せ字○が、伏せ字になってませんよ〜(爆笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/69802617

この記事へのトラックバック一覧です: 映画『彼らが本気で編むときは、』:

« 『家族幻想~「ひきこもり」から問う~』 | トップページ | 落語会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ