« 子どもの貧困 | トップページ | 横浜刑務所見学 »

『世界の果てのこどもたち』

Photo

中脇 初枝  著、講談社、2015/6/18

出た当時に書評を読んで、すぐに買いたかったけれど…結構厚い本でお値段もそれなりで。値段が下がるをしばらく待ち、半値くらいで。読みだすと引き込まれて、2回に分けて読了。

【内容】戦時中、高知県の寒村から満洲に入植してきた珠子。言葉も通じない場所での新しい生活に馴染んでいく中、彼女は朝鮮人の美子、日本からちょっと「見学」しにきた茉莉と出会う。お互いが何人なのかも知らなかった幼い3人は、ある事件を機に友情で結ばれる。

終戦が訪れ、珠子は満州で誘拐されて売られた末に残留孤児となり、恵まれた家庭で育った茉莉は孤児に、そして美子は両親と日本で暮らすことになる。
日本の敗戦や中国の文革に朝鮮戦争。3人は飢えたり虐待されたり人種差別にあったりと過酷な人生を送るが、日中国交を機に、再開を果たす。

戦時中の満洲で出会った3人の女の子の暮らしぶりが並行して描かれながら、3人の再会、そしてその後のことまで、現代史を反芻しているよう。

「うちのおとうさんは戦死して靖国神社にまつられて、神様になっている。だから、国からお金がもらえる。空襲で死んだあんたのおとうさんは、犬死だ」
これは、ある孤児が、孤児院で仲間の戦災孤児を罵った言葉。不幸な境遇にある者が、自分よりも不幸な人(身体に障がいまで負っている)をいじめるとは…。成育歴に同情したくなる。
そして、靖国神社とは、こういう場所なのだということ。

« 子どもの貧困 | トップページ | 横浜刑務所見学 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/69469753

この記事へのトラックバック一覧です: 『世界の果てのこどもたち』:

« 子どもの貧困 | トップページ | 横浜刑務所見学 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ