« 横浜刑務所見学 | トップページ | 路面電車の旅 »

2月1回目の子ども食堂

2月8日(水)

170208
昨日のこども食堂は、参加者が40人(うち、子ども37人)、お手伝い2人。スタッフ分を入れると、50食分。新記録 sign01

前回の解散時に22人が予約申込をしていった上に、メールや電話・口頭で申込があり、予約だけで40人!定員30人としているところを、せっかく予約してくれたのに断れなかった despair

当日、常連の子が新顔のお友達を連れてきたのには、「もう満員なの。次の予約にしておくから」と、名前・住所だけ書いてもらい、帰ってもらった(ごめんね~ weep

◎初めての子に付き添って、地区担当のスクールソーシャルワーカーさんも参加。その子の近くに住む後輩保護司にも「送り係」として来てもらった。

◎社会福祉協議会の職員さんが見学。子ども達の相手や配膳でお手伝いしてもらいました shine
◎「お手伝いしたい」という方から事前にメールで問い合わせがあり、配膳・皿洗いで助かりました happy01

◎4年生くらいでも、自宅の住所や電話番号(多くは、お母さんの携帯。家電は確実に減っている)が書けないお子さんが少なくない。何かあった時に必要なので、お母さんがお迎えに来た時に、名前の漢字も含め、教えてもらっています。

Photo
◎先月下旬、「全国こども食堂ネットワーク」のMLで情報をいただき、都の防災備蓄食品のクラッカー・ビスケット2缶をいただきました。一斗缶に35袋、自転車で運ぶのに、重い wobbly

オープン前の4時(スタッフミーティング中)から来ている子達もいて、食事前のおやつとして大変重宝しました。
チョコをはさんで「チョコサンド!」 きれいに塗って、挟んで、市販品のように美しく並べていた小学中学年の女の子は、初めて会った子(初参加)にも、それをあげていました。 「おー、気遣いのできる子であったか」と気付かされた出来事でした shine

賞味期限が2月中なので、「今月中に食べてね!」と言って、帰宅時に1袋ずつお土産に持たせました。
皆、笑顔で「(不参加の)妹の分も」「やったー!」と。
「一斗缶、もらえない?」という子もいて、ビックリ sign02 プレイパークで馴染んでいるという背景がありました wink
ごめんね~。 自治会の倉庫にお米や野菜を保存させてもらっているので、空になった一斗缶も、貴重なのよ
shine

« 横浜刑務所見学 | トップページ | 路面電車の旅 »

市民活動」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/69539034

この記事へのトラックバック一覧です: 2月1回目の子ども食堂:

« 横浜刑務所見学 | トップページ | 路面電車の旅 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ