« 『世界の果てのこどもたち』 | トップページ | 2月1回目の子ども食堂 »

横浜刑務所見学

2月6日(月) sun cloud

保護司会でお隣りの地区の研修にゲスト参加。欠員が出て、バスの座席が余っていると(費用負担者が減る)お誘いがあったため。再犯が重なった、長期の刑期・無期刑の受刑者や外国人受刑者が多い横浜刑務所の見学だ。

Photo

横浜にあるため、中華街で昼食。刑務所見学は酒気帯び禁止のため、ビールもなし coldsweats01
他の地区の方たちと懇親する機会ともなった。

Photo_2


近所にある「おもしろ水族館」も見学。ビルの3階にあって、学校を模した小さなもの。魚も小さい。吉本興業のプロデュースだという。

Photo_4
そして、港南区にある横浜刑務所へ。
拘置支所・少年鑑別所・診療棟も隣接し、道路を挟んで販売所・職員棟も並び、広大な敷地だ。

 

建てた当時は田んぼの中だったとか、今は住宅地の真ん中。普通にランドセルを背負った小学生も前を通る。

*ここの収容者は男性のみ、1,050名。一時の超過収容はもうなくて、定員を少し下回る。

*外国人は1割ほどで、22か国。中国人とイラン人、ベトナム人が多いが、それは通訳スタッフの効率のためとか。

*外国人は売買目的の薬物事犯が多く、成田空港で逮捕された人が多い。(売る方が刑期が重い。10年以上とか。日本人は、自分が使用するためという場合が多い)
外国籍だと送還されるが、本国がその経費を出さないとかの理由などで、入国管理局に長く留め置かれる場合がある。
以前は国別に固めていたこともあるが、集団脱走事件があったことから、日本人の中に入れている。

*再犯防止のため、職業訓練に力を入れている。収容者の望む職種がここにない場合は、希望を出して他の刑務所で学ぶことができる(美容・OAシステム・介護・電気工事・自動車整備など)
ここでは、大検に力を入れている。財政上、個室は5割しかなく、85%ほどが希望するが、受験生は個室で勉強できるようにするなどの配慮をしている。

どこの販売所も、コスパのよい買い物ができると評判。石鹸や細うどんが人気だが、バッグや革靴・枕を買っているメンバーもいた flair

« 『世界の果てのこどもたち』 | トップページ | 2月1回目の子ども食堂 »

保護司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/69511276

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜刑務所見学:

« 『世界の果てのこどもたち』 | トップページ | 2月1回目の子ども食堂 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ