« 集会 | トップページ | 週末の過ごし方 »

『おばちゃん街道』

Photo

山口 恵以子 著、清流出版(2015/8/25)
男女共同参画センターで借りて読んだ。

1週間でこれまでの人生を書いたという「無添加無着色、純度100%」「物語を書いて生きていくことが私の夢でした。だから、今は夢の中にいます」
「浅はかなほど楽天的な母親」の影響で「呆れるほど楽観的で、脳天気」と自称する著者が、作家を生業とできるまでの紆余曲折と失敗の数々を紹介しつつ、そこから得た人生観に頷くことが多い作品。

*酷い「いじめ」に遭った経験から…ファインランドでは、公立学校の先生は日本の塾講師と同じく、授業以外のことは一切関知する義務がない。進路相談は家庭、部活動は地域のクラブ心の闇は心理カウンセラーいじめ問題は警察分業体制が確立している。

*人の悩みには2種類しかない。どうでも良いこと と、どうにもならないこと

*人間関係は、ご縁で始まり 相性 で続く。ある種 運命とか宿命に近い。親子も同じ。

*親には製造責任がある。子どもに愛情がなくても、親切 にしてあげてほしい。愛情は偶然の産物だが、親切は努力のたまもの

*私の母は、いつでも私の側に立ち、他人と比較して評価する発想がなかった。これがどれほど気楽であり、幸せなことか。親は世間とは別の基準で子どもを評価してほしい。

人間関係は全部足して十。親子関係が良いと、異性や友達を求める気持ちが薄くなる(ex.「ガラスの仮面」のマヤと亜弓の対比)

*人事権のある者と喧嘩をしたら、勝負は最初から見えている。負ける喧嘩はしてはいけない。

*人事権のある人間がパワハラに走ったら、止められない(今ならユニオンへ)。耐え忍ぶのは、不毛。

« 集会 | トップページ | 週末の過ごし方 »

」カテゴリの記事

コメント

12、1月は家業の〆切が前倒し、活動も前倒しで例年多忙。
だのに予定になかった用事が増え・・ムリかも、です・・(T m T)
2人分笑って来て、福の神をわけてくだせい。

そうそう!
夫のゴルフが入らない土日に子守が入る確率が高く、しばらく落語に行っていない。前売りのない、池袋の演芸場にふらっと入りたい。
一緒にいかが?

気苦労には笑いが一番!
美容、健康のために「負けるが勝ち」も有効!(* ̄0 ̄)ノ

心が疲れている時に、楽しく読めて良かったです。
しかも、教訓もありましたし。あっ、今、思い出した人生訓も。加筆しておこうっと!

食堂のおばちゃんが作家に!と話題に(よけいなお世話だ!笑)なりましたね。
区の図書館に4冊有り。機会があったら読んでみたいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/68675473

この記事へのトラックバック一覧です: 『おばちゃん街道』:

« 集会 | トップページ | 週末の過ごし方 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ