« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月の記事

集会

11月27日(火) sun

312


チラシには「活かす」を使ったが、実情は「危機に瀕する拠点施設」。
拠点施設が縮小、名称から「男女共同参画」が無くなる北区(正式決定は、12月5日の本会議)。センターが分散して会議室を持たず、主催講座の開催の見通しがたたない板橋区。「センター」の看板が庁内を移動する中野区の実情も wobbly

男女平等条例がこれからできる市もあれば、改正案があっと言う間に議会で決定されて、センターが庁舎の片隅に追いやられるなど、都内市区の情報交換ができた。
議会や庁舎の内情なども、ホント…自治体ごとに様々だ。

TVドラマ『大草原の小さな家』

Photo
昔、NHKでやっていた『大草原の小さな家』。スカパーで時々観ているが、第4シーズンまでやったところで、また第1シーズンに戻っている。
子ども達と観ていた筈だが、第1シーズンにも記憶にないエピソードがあって、今でも新鮮。毎回、感動してしまう confident

夫婦が深い愛情と信頼関係にあり、貧しいながらも…家族を思う気持ちに胸打たれるのだ。しかも、過剰でなく、適度に、だ。好奇心旺盛でやんちゃな次女がよくやる失敗を正面から受け止めて、寛大だ。
二人の愛情は・・・家族だけでなく、隣人や友人、子どもの友達へも向けられる。それが、子ども達の友情にも影響を及ぼしている
heart02

父親の勇気にも感動する。人種や女性に対する差別や偏見が一切ない。先住民を攻撃しようとする町の人達に身体を張って対抗したり、多数の反対に自分の信念を曲げることがないのだ。
一方、料理上手の母親は決して控え目ではなく、「貧しいから」と見下すハリエットの嫌がらせには屈せず、負けず嫌い。夫婦のユーモラスな会話も楽しい。

底流に流れるのは、深い信仰。「神様は、すべてご存知だ」と。信仰をもたない者がこういう振る舞いを真似るのは、とっても難しいと感じてしまうが・・・理想は高く、だ。 第9シーズンまであるそうで、これからも、楽しみだ shine

集会のお知らせ

Photo

「東京男女平等条例ネットワーク」より、集会のお知らせ

「拠点施設は今、どう活かされているか~各地の現状と今後の課題~」

※日時:11月29日(火)18:30~20:30(開場18:00)

※場所:渋谷男女平等・ダイバーシティセンター<アイリス>
      渋谷文化総合センター大和田 8階) 渋谷駅西出口より徒歩5分

※内容:板橋区・北区からの報告

※参加費:500円(会場費・資料代)

※資料の準備の都合上、なるべく事前にご連絡下さい。

 これまで自治体ごとに拠点施設がつくられ、ジェンダー平等を目指すさまざまな活動が展開されてきました。活動の拠点を得て、着実に進んできた女性たちの活動ですが、数年前から、拠点施設の縮小の動きが出ています。
 例えば、1984年に「婦人会館」ができた中野区は、先進区として注目されましたが、2012年に「条例」が改正(改悪)され、拠点施設としてのセンターはなくなり、区役所内に間口1間の「男女共同参画センター」の看板が掛けられています。
 北区・板橋区で活動する市民から、最近の機構改革やスペースの削減の実体などを報告し、今できること、さらに長中期の対策を考えたいと思います。ぜひ情報交換の場にご参加ください。

映画『GIrl Rising』

11月25日(金) sun

movie 昨日は、日曜のイベントの準備をした後、仲間2人と日比谷へ。
日比谷図書文化館(三角錐のビル)で千代田区男女共同参画センターMIW主催の講座に参加して、映画の下見。

最初の30分は、大学生男女数人がゼミの授業で「DVと子ども」について研究発表。 パワポを使って、練習通りにちゃんとできたみたい。
あまり心に響いてこないのは…「他人ごと」「あるそうよ、知らなかったけど」みたいに扱っているからか?自分の家族、親類、隣人、友人、知人にDV被害は無いの?デートDVで悩んでいる同級生はいない?確率からいって…どっかで出会っていると思うんだけど。
また、加害者については一切触れていなかったが…被害者がなくならないのは、加害者が続々誕生しているから。加害者を生まないためには、人権教育が必須。
そして、加害者が更生しないから、でもある。加害者対策も必要。

会場は200人ほど収容のホール。そこに30人もいないのは もったいないなぁ。

Girl

続いて、101分の映画上映。
NGO プラン・インターナショナル「Because I am a Girl」キャンペーンの一環として作成したもの。
観終わった後、3人で、「何か・・・ピンとこないね」coldsweats01

「発展途上国の女の子に教育を!」がテーマ。
学校に通わせて!低年齢で無理やり結婚・出産させないで! 女の子が教育を受けると、赤ちゃんの死亡率も下がるし、 国が発展するよ。
そんな内容をポップに描いていた。

翻って、「先進国」の日本では、女の子は皆、教育を受ける機会があるし、 低年齢で無理やり結婚・出産させられることもない。 じゃ、みんな幸せ? ーー貧困や虐待、ネグレクト、いじめに苦しみ、 大人になって結婚・就職したらDVやパワハラに長時間労働で うつ病になったり、自殺したり。 希望のない社会だ。

続いてNGO主催団体職員が団体の活動について説明し、彼女たちが教育を受けるために、「月々3千円の寄付を」と訴えた。なるほど。

『ルポ 保健室』

Photo
~子どもの貧困・虐待・性のリアル~
秋山千佳 著、朝日新書(2016/8/10)

活動仲間に貸してもらって読んだ。購読している週刊誌の書評でも推薦されていおり、読むべき価値のあるものだと推薦したい。

【内容】虐待の家で育った少女、貧困・虐待・スクールカースト・ドラッグ、性。 子どもたちが抱える問題の最先端が現れる「保健室」と、 そこで彼らを支えて奮闘する 「養護教諭」の活動に密着したルポルタージュ。

格差社会が広がり、生活に追われている家庭の子育て力が落ちた分、子ども達が家庭やクラスで追いつめられ、これまでになく、保健室がその受け皿となっている。生徒数が多い場合を除き、養護教諭は学校にたった一人。新卒でも、そこで孤独に仕事を始めなければならない。研修は、本人の自己努力のみ。

面前DVや性虐待、ネグレクト、親の精神疾患、LGBT、ネットのトラブルなど、生徒が抱える問題が増え、持ち込む悩みの範囲は広がる一方だ。
なのに、それらを受け止める養護教諭は研修の機会も保障されないまま、大勢の生徒が助けを求めているのを「感知」して受け止め、アドバイスをしたり親と接触するなどの行動が、個人の感性や経験・人間性に委ねられているという「危うさ」に驚愕させられた wobbly

著者は、元朝日新聞勤務。取材記事の連載が東日本大震災と重なり、その後、うつ病で退社。フリーのノンフィクションライターとして2015年に取材を再開。その4年の間に、保健室には男子が増え、貧困・虐待の問題も深刻化し、それが本書に記させている。

養護教諭の力量に現場が左右され、養護教諭の異動や退職により、多くの生徒が学校を離れていかざるを得ない事例の理不尽さに胸が詰まる。養護教諭とのパイプ役として、スクールソーシャルワーカーの配置が全国に必要だと強く感じた。
また、養護教諭が退職後に地域で「まちかど保健室」を開いて、現職の養護教諭や元教え子の相談に応じたり、コーディネートをしている白澤さんの活動は、感銘を受けた confident

バンドの危機

11月19日(日) sun

今日は、バンドのランチミーティング。 顔を合わせるのは、6月以来だ。
来年のイベントに向けて、音楽スタジオを予約する日程を決める時期なのだが・・・ベース担当が降って沸いたような裁判を抱えて、練習に出られない状況。
その裁判は数年かかるということで、バンド解散の危機か!?と思ったところを
ドラム担当が「一度、話しましょう」と提案してくれたのだ。

差しあたって、イベントにバンドとして「参加をお休みする」のか、「ピンチヒッターを探して出る」のか。 ギター担当は学生時代の仲間と「懐メロ」バンドも並行してやっているが、ドラム担当と私は、このバンドがお休みだと、楽器を触ることさえしないかも wobbly
「それでいいの?」と、ドラム担当。

かつてメンバーだった人の名前やベースを始めた高校生(!)の名前を挙げてみたが、あまり現実味はない。

Sub_studio_01_01
「とにかくスタジオをとって、演奏を合わせるだけでも。そうじゃないと、この3人で顔を会わせる機会もなくなる。それは、寂しい」というドラマーの意見に頷き、予定を合わせてスタジオの予約だけはした。
私達3人は、一緒に23年もバンドを続けていて、ここで終わりにするのは、やっぱり残念だものねぇ・・・。

劇団青年座『横浜短辺ホテル』

11月18日(金)

Photo

演劇鑑賞会の例会、北とぴあ さくらホールにて、2時間35分(含 休憩15分)

作:マキノノゾミ、演出:宮田慶子、美術:土岐研一 照明: 中川隆一、音響:高橋巖、 衣裳:半田悦子、 舞台監督:尾花真、製作:森正敏:小笠原杏緒

高校の演劇部の仲間であるハルコとフミヨと、その恋人・夫・同級生の5年毎のエピソード(短編)が、横浜の老舗ホテルで繰り広げられる。
2時間半は長すぎて参った。最後の話は、実によくできていて、騙された happy02 フミヨ役の津田真澄さん、芸達者だ。

◎第一話 ヤクザに追われて(1970年の初冬 客室)
 *芳崎正志(映画監督 30歳)
 *奥山ハルコ(横浜北高校演劇部副部長 18歳)

◎第二話 人間観察(1975年の夏 喫茶室) 
 *柳井フミヨ(シナリオ作家志望の女性 23歳)
 *小暮智美 杉浦洋介(待ちぼうけの男 25歳)

◎第三話 脅迫(1980年の初秋 客室)
 * 選手(在京球団の投手 29歳)
 * 逢笠恵祐 コーチ(同チームの投手コーチ 35歳)

◎第四話 初恋の人(1985年の初夏 ロビーラウンジ)
 *奥山ハルコ(女優 33)
 *大野木健太(農業高校教師 ハルコの同級生 33歳)

◎第五話 離婚記念日(1990年の冬 客室)
 *杉浦洋介(広告代理店勤務の男 フミヨの前夫 40歳)
 *柳井フミヨ(柳井工務店専務 38歳)

◎第六話 プロポーズ(1995年の夏 ロビーラウンジ)
 *大野木健太(元農業高校教師 ハルコの同級生 43歳)
 *加門 良 ケンタ(ハルコの息子 18歳)
 *カオリ(ケンタの彼女 17歳) 
 *奥山ハルコ(女優 43)

◎第七話 ネックレス(20X年初夏 客室)
 *柳井フミヨ(脚本家)
 *杉浦洋介(その夫)
 *18歳のフミヨとハルコ
 *長谷川(映画プロデューサー)
 

畳替え

11月16日(火) sun

昨夜、雨の中を自転車で走ったからか、鼻詰まりが解消せず…ひどい声だ despair

Photo今日は、10年ぶりに畳替えをしてもらおうと、近所の畳屋さんに来てもらった。
うちは、私が寝室として使っている部屋だけが、和室。20年前に家を買って10年で裏返して、それから もう10年。普段、人目に触れる機会もない部屋ではあるが、さすがに黄ばんているのが気になる。

この畳屋さんは10年前に頼んだ時から代替わりして、40前後の息子さん。ポスティングされているチラシなどで、熊本まで買い付けに行っている熱心な仕事ぶりが印象に残っていた。見本を手に説明を聞き、もちが良い熊本産のにして、人体に害のない防虫シートも入れてもらうことにした。
いつも夫が張り替えている障子も、ほどほどの値段で張り変えてくれることになった。「早割」だと8%引きだと言われ、実施日を正月明けにした。お正月にお客さまが目にするものでもないし、孫がすぐに穴を開けるかも・・・ wink


孫の看病

11月14日(月) cloud rain

Photo
今朝は、シラストーストdelicious
『海街ダイアリー』で何度も出てくるの。意外な取り合わせだけど…シラスも海苔も大好きなので、当然お 気に入り shine

Photo_2
さて、孫が熱を出したため、予定をキャンセルして、長男宅で子守。

これは、300円ガチャガチャ(そんな高価なのがあるのね sign01)でとったアンパンマンシリーズのボール。開けると、身体が出てくるの。
孫は、これで一人おままごと。2人の会話を一人で担当していて、とっても面白い flair

Photo_3


ちっとも寝ずに…困りもの。
手にしたプラレールで遊び出す。今日は、線路を長くしたいそうだ。

朝の天気予報では、夜中12時くらいから雨が降る筈だったのに・・・18時過ぎに降りだして…雨の中sweat02、20分以上も自転車を走らせて帰宅。 気力がなくて、冷蔵庫にあるもので中華鍋(豚バラと水餃子入り)を作った(夫婦2人になってから、滅多に作らない鍋物) sweat01
これじゃ、私の風邪も治らない… weep

パソコン講座

11月13日(日)

1611pc2
所属団体主催のパソコン講座、2回目。
恒例の年賀状作り。 私は1月に父が亡くなって喪中ハガキを作ったので…変な感じ despair
会場のパソコンでネット検索ができるので、干支のイラストと「べっぴんさん」の写真を検索する方法を教え、挿入・加工の練習もした。 そのままUSBに入れて、自宅で年賀状印刷に使うという生徒さんもいて。

時間があったので、PDFの作り方とページ番号の挿入方法も教えた。というのは…そういう作業を一緒に活動している仲間に憶えてほしいから。私の仕事を減らしたいの wink

参加者の技術レベルに差があるのが、悩みの種。
昨年も同じ講座を受けた方でも「1年経つと、忘れるわね~」と実りある時間を過ごして下さったりしたが、中にはワードの入力に手間取る方もいて、技術を磨く以前に「マウスの練習が必要」だったり。その方を置いてきぼりにして授業を進める訳にもいかず、アシスタントが一人、つきっきりだった sweat01

終了後のスタッフミーティングでは、「マウスの使い方を教える入門編の講座をやれば?」「それじゃ、生徒が集まらない(1回 12.5人の参加が収支ライン)」

買い物と懇親会

11月12日(土) sun

近くで生活クラブの展示即売会があったので、行ってきた。 風邪をひいていて体力がなかったので、近場だから行けたようなもの。
生地を選んで体型に合わせた「パターンオーダー」でスーツと上着を注文。既製品に自分の体形が合わなくなってきて困ってたのよね despair
襟のデザインが数種類しかなかったのは残念だったが、裏地やボタン、上着やスカートの丈・袖丈も選べたのが嬉しかった flair それで、いつも既製品を買うお店より少し安いくらいの値段 shine

同じ会場でラム酒入りの手作りパウンドケーキを買い、近所のライフストアーで「貝づくし」のお寿司も買って、ルンルン wink

Photo
夜は、大学時代のクラブ仲間と定例の懇親会。
サンシャイン通りから1本入った通りにある割烹で、6月と11月に集まっている。料理は店主にお任せで、時間を置いて出てくる。
ここの地下の座敷でゆっくり旧交を温め、10年ぶり!に参加したメンバーが、この間の病気や再就職の苦労話をしたり、「会社を畳んで、これからどうするか模索している。次回は、来れないかも wobbly 」とか、「娘が結婚するんだけど、どうしていいかわからない(父親)」など、話は尽きない。

子ども食堂「お試し会」

今日は、とうとう…子ども食堂の「おためし会」〜その1〜。メンバーが手配した自治会館が会場。「今後、継続して無料で貸していただきたい」とお願いして、それが正式に決まるのが、来週の常任委員会とか。

子ども劇場や男女共同参画の活動仲間5人をスタッフに誘っていて、コアメンバーの保護司仲間・青少年委員・民生委員さんとは初顔合わせ。もう一人、民生委員さんがお手伝いに来てくれて。

台所を初めて使うのだから、お料理上手の仲間を頼りにしている。 まずは、スタッフ9人全員で開始の30分前に集まり、紹介したり趣旨を説明したりして意思の疎通をはかる。

まだ「おためし会」なのに、地域担当のスクールソーシャルワーカーさんが養護の先生や親子さんに声掛けしてくれて、昨日、ご本人から予約の電話もいただいた。その他、メンバーの知り合い親子さんの参加もありで、予定の20人を超え、第1回目としては十分。需要があることを実感した confident

1611094b受付していたら、申し込んだ子の姉妹やら友達やらが当日いきなり来所して、結局30人ほどになって慌てた wobbly
仲良し同士で集まって、実に楽しそう。子どもと一緒に来たお母さんは、1人。あとは、仕事帰り(?)に遅れてきた。スクールソーシャルワーカーさんも寄ってくれて、担当する子どものお相手を。

台所に鍋がない!(地元自治会の方、点検お願いしますよ~!お寺に大鍋を借りに行ったけど・・・)とか、30食になってしまった食材の買い物の量とか、急に寄付があった食材を使ったメニューを相談したりで、すんなりとはいかなかったが…経験値の高いスタッフばかりなので、予定時刻前に食事ができた wink

賑やかな食卓だからか、「いつもは食べない」という食材もモリモリ食べて、お代わりをする子が続出。お母さん方も驚いていた delicious
デザートの果物の後も「まだ、足りない」という子がいるなか、 保護司仲間から差し入れしてもらったお菓子を配ると皆がとても喜んでくれたり shine

最後にミーティングをして反省を出し合い、次回の相談も。
今日は3校からの参加だったが、台所が狭いので、そう大人数は無理。参加する子の学校をもっと広げたいので、「来てほしい子・親子さん」優先で、あまりチラシをばら撒かない方向でいく。 お米の寄付もたくさんあるので、次回は、いっぱいご飯を炊くぞ flair

映画『不思議なクニの憲法』

11月8日(火) cloud

Kuni
四谷区民ホールにて
サポーターになっているので、試写会のご招待があった。
松井久子監督が、ベーリーショートになっていた shine

参院選向けの内容に現在の論点を加えたリニューアル版は、素晴らしい内容ながら、予定を超えた2時間30分!
これでは、自主上映会は難しいのでは?
自民党の改悪案を含む改憲派・護憲派の学者さんの部分が長いので、ここを割愛して2時間にするとか・・・。

更に、孫崎さんのトークが30分。メモしておく。

*基本的人権と戦争は相容れない。9条改憲で戦争できる国になると、人権は守れない。

*現政権が改憲したがる理由…自衛だけでなく、海外派兵できるようにする。自衛隊がアメリカ軍の戦略の一部となること。

*国民を「中国と北朝鮮が攻めてくる」と脅かしているが、戦争によって得る利益よりも損失が大きいのは明らか。攻撃なんかしてこない。

*アメリカは、軍産複合体(戦争から経済的利益を得る政治的・経済的集団、特に戦争に迎合する産業にかかわっている集団)。日本がここに飲込まれてはいけない。

子ども・子育て会議

夜、区の子ども・子育て会議に出た。自転車で走ると、さぶっ!手袋がほしい despair

待機児童対策では、今年度中に千人を超す大量受け入れ計画が予想通りにはいかず、でも、来年7月には「千人弱」の増員を目指して頑張っていると。施設はあっても、職員不足があるんだと。 今年は保育園希望者が初めて5割を超えて、特に1歳児の待機が多いそうだ。

貧困対策のための親子と小学5年生へのアンケート結果の回収率は…児童育成手当受給者の回収率が38.9%で、残念。必要なところであまり正確な把握ができないか。
来年度から具体的な事業を行うため、検討委員会・審議会で中間のまとめをしてパブリックコメント、議会の承認と忙しいスケジュールだ。

喪中ハガキ

11月2日(水)

Kuri


今日は、大好きな栗おこわを作った。大根とイカの煮物、キュウリと人参の浅漬け、ローストビーフのサラダも shine

気の早い夫が「喪中ハガキを出したい」とせっつくので、ネットで文例とカットを探して原稿を作成。郵便局でそれ用のインクジェットハガキも買ってきた。

私は…早く喪中ハガキをもらうと失くしたりするので、今月の下旬でいいや。

※私に年賀状や年賀メールを出そうとされている方へ
  1月に父が亡くって喪中ですので、お忘れなきよう confident

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ