« 「子ども食堂」の相談 | トップページ | 見えない「子どもの貧困」 »

『あの大鴉(からす)、さえも』

10月13日(木) cloud

Photo

東京芸術劇場イーストにて、80分
作:竹内銃一郎、台本:ノゾエ征爾、演出:小野寺修二、出演:小林聡美 片桐はいり 藤田桃子

タイトルは「大鴉」、3人の男が配達するのは「大きいガラス」。ダジャレか?!言葉遊びとマイムが混じった不条理劇。

3人は、いつまでも配達先の山田さん宅に着かず、実は「三条」という表札が掛かっている家が山田さん宅だと判明する(三条は、ポルノ女優の芸名)wobbly
が、ノックをしても誰も出て来ず、仕事が終わらないまま、日が暮れる sad
そのうち、男達は、ノブ穴から、中の様子を覗き出す。

最初は「2トンのガラス」だと称するドア大の板をチョー重そうに運んでいるが、次は紐、その後はエアーや照明で代用。それでも、本当に重そうで、笑える smile
様々な仕掛けも楽しい。が…設定が不条理なので、辛くなる…。

« 「子ども食堂」の相談 | トップページ | 見えない「子どもの貧困」 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/67936943

この記事へのトラックバック一覧です: 『あの大鴉(からす)、さえも』:

« 「子ども食堂」の相談 | トップページ | 見えない「子どもの貧困」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ