« リボベジ | トップページ | 小池都政をウォッチする »

パイプオルガン講座

9月13日(火) rain cloud

大型の美しいパイプオルガンが2台あることで有名な東京芸術劇場のコンサートホールで、パイプオルガンの講座に参加してきた。

◆ 第65回 -音のレシピのひみつ-

2

まずは、オルガンビルダー(オルガン建築家)の方がパイプを手に講義。それから、演奏家からパイプオルガンの発達の歴史についての講義。専門用語が出てきて、難しかった coldsweats01

最後は、舞台裏から階段をどんどん上って行き、実際に楽器を見たり弾いたりしながらの、質疑応答。これは、楽しかった shine

左の写真は、モダンオルガン。

Dsc_0178


クラシック(古典)オルガンの飾り、これには金沢の金箔が被せてあるんだって sign01金メッキじゃないから、はがれない lovely

Photo_4

ふいごには、羊皮と牛皮が使われている。羊の方が薄くて柔らかく、高価。牛革はもちがいい。
高温多湿な日本では、ヨーロッパで使われている接着剤が溶けてしまうため、「日本仕様」の材料を取り寄せるんだって flair

 

Dsc_0183

合奏用のポジティブオルガンも倉庫から出してきて見せていただいた。
レトロな家具みたいで、古く見せようと、色合いを工夫してある。
(写真は、講師のオルガニスト)
脇には、持ち運びやすいように、箪笥の取っ手みたいなのが付いている。
2_2
椅子の下には、ふいごが!オルガン本体と木製の四角い筒で繋がっていて、低い音を出すと、大きく動くのsign01
ふいごは電動なので、電源を切ると動かない。

去年、浜松の楽器博物館で学んだことが、今日、更新された感じ wink

« リボベジ | トップページ | 小池都政をウォッチする »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/67487329

この記事へのトラックバック一覧です: パイプオルガン講座:

« リボベジ | トップページ | 小池都政をウォッチする »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ