« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月の記事

映画『いしぶみ』

7月27日(水) cloud

先月、保護司仲間から「友達がいい映画を作ったんだけど、見ない?」と誘われた。女性のプロデューサーで是枝監督と聞き、チケットを購入。手に持つ分厚いチケットの束を見て同情し wobbly 友人を誘うことにして、2枚購入。
映画は、時間と自分のエネルギーにまかせてフラっと行くのが好きなのだかが…こんな事情で友人の都合に合わせて「ポレポレ東中野」へ。良質の地味な映画を単館上映と言えば、ここだよね wink

Photo
監督:是枝 裕和、出演:綾瀬 はるか、池上 彰、プロデューサー:橋本 佳子・佐藤 宏、原案:薄田 純一郎、原構成:松山 善三(2016)

【内容】戦後70年を機に、杉村春子による語りで広島テレビが制作した番組「碑 広島二中一年生全滅の記録」(1969年)をリメイク。
8月6日、建物解体作業のため、朝早くから本川の土手に集められていた広島二中一年、321名の生徒たちが点呼をとった時、原子爆弾の投下が。
その場で命を落とした者を除き、重症の火傷を負った生徒たちは教師と一緒に大川に逃れ、歩ける子は自宅へ。家に辿り着いて家族に会えた子たちも、次々と亡くなる。歩けない子は川辺に横たわり、親が捜しにきて背負って家に連れ帰った。
広島出身の綾瀬が、亡くなった一人ひとりの生徒の名前と家族が本人から聞いた言葉を朗読していく。家族が迎えに行く前に亡くなった生徒については、周囲に居た人からの伝聞。

原爆ドームからほど近いその場所に、彼らの名前が全て記された碑がある。それが、このタイトルだ。

朗読が、胸に迫る。一人ひとりにドラマがあり、家族の悲しみがあったのだと weep

生き残った生徒も数人いる。病気で自宅に居た生徒、転校でこの地を離れたばかりだった生徒、川辺に迎えに行けない事情があった遺族を池上 彰が紹介している。

『とらわれない生き方 母として』

Photo
『とらわれない生き方 母として』~「いいお母さん」プレッシャーのかわし方~
ヤマザキマリ著、KADOKAWA/メディアファクトリー (2015/6/5)

【内容】『テルマエ・ロマエ』の作者、ヤマザキマリさんの息子さんは、大学生。イタリア、シリア、ポルトガル、シカゴで教育を受けた息子を通して見えた、世界の教育事情や子育てに関する価値観。
自身の破天荒な子育て模様を中心に、日本独自の「いい母プレッシャー」のかわし方、世界に通用する子どもを育てる上で一番大切なことについて、語るエッセイ。


地域の男女共同参画センターで借りて読んだ。
身軽で柔軟で、自分を生きる著者に共感できた。しっかりした考えをもつ息子さんとの対談を読んで、「こんな風に育つのなら」と、非常に説得力あり shine 特にメモすることもなし。

暑気払い

7月22日(金) rain cloud

Photo
beer 月例の運営委員会(男女共同参画の市民活動)の後、近くのイタリアンにて、歓迎会兼暑気払い。
懇親会の幹事は、いつも私。
新しい運営委員の歓迎会だったのに、直前にキャンセルされて、単なる暑気払いとなった coldsweats02

幹事というのは、出欠をとって会場を予約するだけでなく、メニューで意見を言ったり、間近に「お忘れなく!」のメールを出したり、ドタキャンを受けて店に連絡したりと、結構面倒くさいもの。最後は、担当者に皆から出た料理の感想も伝える(次の時には、もっと美味しい方がいいから)。もちろん、「ごちそうさま、美味しかった」も忘れずに wink

たまたま金曜の夜でパーティーが重なり、全店貸切。私たちは、禁煙の1階席。順番に立ちあがって「夏休みの予定」について発表するなど、周囲を気にせずできた shine
日頃は会議で顔を合わせるだけの仲間の「別の活動」について知ることができたり、家族のことを話題にしたり。

鮭とイクラのサラダや生ハム、ローストビーフ、ピザにパスタ(2種)など、少量多品種のメニューを残さずいただき、最後はコーヒー・紅茶をサービスしてもらって、2時間。
女性が多いと、ソフトドリンク派が半分はいるせいか…酔っ払いがはしゃぐ宴会にはならない。仲間がいるから、ついつい酒量が増えるものなのだ。ビールを注ぎ足そうとする人には、「飲んでからに」とお願いし、マイペースで。
(2階は、煙がが立ち込める賑やかな「宴会場」となっていた。)

2時間で全てを食べきり、お開き。2次会などなく、ササッと帰宅 dash

記念誌

7月21日(木)

10
夜、渋谷で月例の運営委員会。
92ページにも及ぶ分厚い周年記念誌をざっとまとめたので、皆で校正。他に、表紙とその裏の目次、奥付・裏表紙で、4ページ。
メンバーの一人が、参加者全員の印刷をしてきてくれて sign02
「機械がホチキス止めまでしてくれるの」って、何と便利な lovely

これまでメールでファイルを送り、校正について意見をもらっていたのに、「これなら、見られる」と言うメンバーに唖然。
えっ?こっちは全ページの作業をしているのに、1度も見ていないって、あんまりじゃ…weep

「一度は全部に目を通してほしい」と思ったが、「大変だから、30ページずつ複数で見る」ということになった。
手間がかかるので、あまり細かいことは言わない」という前提だったが、まだ時間があるということで欲が出てきて「ページ番号は羽根付きがいい」「裏表紙の文字の大きさが」…。

8月にNWEC(国立女性教育会館)主催の「男女共同参画推進フォーラム」で行うワークショップの内容も詳しく決めることができた。
終わったのは閉館間近、今回も、「センター最後の客」だった coldsweats01

帰宅したら、10時過ぎ。スカパーのアメリカドラマを見ながら、浅漬けとワインを。これで、疲れた頭の中を一旦カラにして、就寝。

バレエ公演

7月18日(日祝) sun

Photo_2


文京シビックホールにて、
第1部 14:00-15:00、休憩 20分
第2部 15:20-16:15
タイトルが恥ずかしい sweat01
こう暑いと、会場が近いのが嬉しい。

- 第1部 -
オープニング
振付:ロマン・ノヴィツキ―、音楽:オスバルド・フレセド
全員

『チャイコフスキー・パ・ド・ドゥ』
振付:ジョージ・バランシン、
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
出演:マリア・コチェトコワ、 ダニール・シムキン
※超絶技巧でビシッとキメて、やんやの拍手。

『予言者』(世界初演)
振付:ウェイン・マクレガー、音楽:テリー・ライリー
出演:エドワード・ワトソン
※う~ん…、苦しそうで悩ましそうなのは分かります。

『バレエ101』
振付:エリック・ゴーティエ
音楽:イェンス・ペーター・アーベレ
出演:ウラジーミル・シクリャローフ
※バレエのポーズが101あるというナレーション、それを順番にやってみせる。瀕死の白鳥ポーズまであって、笑いが起きる。最後は、番号をバラバラに言って、それに合わせていき、そのうちスピードが上がり、手足がバラバラになる(人形)という趣向。楽しかった
happy01

『ファイヤーブリーザー』
振付:カタジェナ・コジルスカ、
音楽:ルドヴィコ・エイナウディ
出演:ダニエル・カマルゴ
※体脂肪が0に近い、上半身の筋肉を魅せる作品、かな coldsweats01

『ワン・オーバーチュア』
振付:ヨルマ・エロ
音楽:ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト
マリア・コチェトコワ

『月の光』(世界初演)
振付:アラステア・マリオット
音楽:クロード・ドビュッシー
出演:エドワード・ワトソン

『同じ大きさ?』
振付:ロマン・ノヴィツキ― 
音楽:ハズマット・モディーン/ウェイド・シューマン 他
出演:ダニエル・カマルゴ、レオニード・サラファーノフ、ダニール・シムキン
※3人でじゃれ合う、コメディータッチの楽しい作品。


- 第2部 -
東京バレエ団
『エチュード』
振付:ハラルド・ランダー 
音楽:カール・チェルニー/クヌドーゲ・リーサゲル
(ゲスト)
出演:エトワール:サラ・ラム、 レオニード・サラファーノフ
ウラジーミル・シクリャローフ
※超絶技巧の見本市。

フィナーレ
振付:ロマン・ノヴィツキ― 
音楽:ジョルジュ・ビゼー
※シムキンがお茶目な仕草で、かわいい shine

ストライダー、その後

孫の誕生プレゼントに贈ったストライダーには、届いた連結金具の不具合があった sign02
販売するAmazonに問い合わせしようとしたら、「返品・返金」としかメール連絡できず、ネットで会社を検索。
そしたら…何と!! 2013年に金具の不良が発覚して「交換する」という記事をHPに出していた。で、担当の電話番号を息子に教えて連絡した結果、無料で部品を送ってきたのだ。
なら、それについて、販売者(Amazon)は告知すべきだよね、呆れた pout

さて、このストライダー(か、その類似品)に乗った幼い兄妹が坂道を疾走していくのを見かけた。その後から、父親が両腕にレジ袋を幾つも下げて「〇〇、ストップ sign03 」と叫びながら走って追いかけるが、全く追いつかず shock
その後を抱っこバンドで赤ちゃん・レジ袋両手の母親が小走りで追って行く。人目を惹く光景だった sweat01

広くはないが、車も自転車も通る道なので、危険極まりない。ブレーキのない乗り物は公道禁止なのを知らないのか、下り坂があることを忘れていたのか…。息子にも「公道では走らせないよう」メールしておいた。

Photo
さて、これは、広い公園での孫のストライダー試乗。
慎重な性格なので、この日の試乗では「のろのろと」乗っていたとのこと coldsweats01

子ども食堂

7月14日(木) cloud rain

Photo_3
今日は、地域の子ども食堂のスタッフの方と打ち合わせをしました。
あちこちで始まっている「子ども食堂」が、やっと我が地域にもできた!というので、スタッフをしている活動仲間に連絡し、保護司の集会でお話をしていただこうと思ったのです。

代表は、育休中の女性。デザイナーで、この可愛いロゴは手作りだそうです。 上のお子さんの保育園の仲間で一緒に食事をしていたのを広げて「子ども食堂」にしたところ、50~60人の子ども+その親が毎回来て、保育園OBの熟年世代がスタッフとしてお手伝いしているとのこと。

大概は子育てが終わった方が始めているのに、赤ちゃん連れで始めたなんて…驚きでした。地域のネットワークがしっかりできているからこそ、「ハードルは高くなかった」と言えるのだと思いました。

いただきもののお米や食材を寄付し、集会の打ち合わせを。子どもが通える範囲内であちこちにあるといい、多くの人にそう思っていただけたらと思います。

『きょうだいリスク』

Photo_2

「無職の弟、非婚の姉の将来は誰がみる?」に目が留まり、男女共同参画センターで借りた。この派手な帯を外してあってもギョッ!とした wobbly

私の友人に「未婚で病気(のために無職)、両親亡き後、実家に一人で暮らす」兄がいて、突然、救急車で入院した時には世話をしに行ったり、夫も駆り出して実家の掃除や庭の除草をせざるを得ないという人がいる。
「兄と弟が未婚・子なしで、娘をあてにされて恐ろしい」と話す友人もいる。他人ごとじゃない。

平山 亮・古川雅子 著、朝日新書、2016/2/12

兄弟姉妹をひっくるめて「きょうだい」と記してある。

【内容】日本は、男性の3割、女性の2割が「生涯未婚」の時代を迎え、 一方、非正規社員の割合は4割を超え、収入が不安定な人も多い。かつてなら「家族」や「会社」がセーフティーネットとなった日本。 だが、それを持たないきょうだいを親亡き後は誰が支えるのか? 親の介護だけでなく「きょうだい」の介護や将来の面倒も見なければいけない?同世代だけに、きょうだいの介護は、親よりも長く付き合うことになる。
少子化も進む中、自分の子どもが家族内で唯一の「次世代」というケースも多く、我が子が、おじ・おばの将来も背負うことになるかもしれない。 「きょうだいというリスク」は新たな社会問題として急浮上するだろう。

問題は、政治。税収の再分配に失敗し、セーフティーネットがないから、身内に依存することになる。家族内でなんとかしようと思わないこと。支配と被支配の関係になって、関係が険悪になるケースになる例も多く、きょうだいで共倒れになる可能性大だから。使える制度と人的ネットワークを最大限生かし、自分や子ども達の生活が壊れない範囲で手助けすると。

◎江戸時代、介護は息子のしごとだった
親の介護を娘がするのが「ふつう」になる以前は、嫁のしごとだった。が、これは明治政府が民法で家を制度化してから。江戸時代の武士の家では、儒教的同道徳観を重視した幕藩体制のもと、息子が自分で親を看取ることが求められていた。
公務に匹敵するしごとで、介護休業制度も定められていたし、介護技術を指南する男性向けのハウツー本も出回っていたとな flair

死に票

昨夜は、渋谷で男女平等の任意団体の設立10周年記念誌の編集会議。
区部と市部在住の仲間が集まってきやすいのは、新宿か渋谷。新宿在住の仲間がいないので、渋谷になっている訳だが。

10年分の活動を集約して、予算0円で92ページの冊子を作ろうという計画。出資金を出し合い、売れたお金は返ってくるということにした。こんなやり方、初めてだ wink
これまで出した報告書や記録の書式を統一。私は、大幅な割愛作業とPC担当。あちこち直しながらページに収める作業でPCにかじりついていたので、もう…目も背中も肩も頭も痛い weep

やっぱ、5年で一度やっておくべきだったと思うが、「こんなに続くとは思わなかったのよねぇ…」「10年も続いたから、記念に出そうと思ったんだし」 sweat01
労力軽減ため、メッセージ掲載ページでは、メールで届いた原稿のみ掲載するなどで、何とか予定のページに収め、今朝、筆者への確認作業まで辿り着いた。

ネットで探した無料イラストを組み合わせた表紙のデザインは、メンバーの「こだわり」で白熱。5回目の訂正案に、更に注文が付いて、今日も朝から手直し作業 wobbly 「もう、ヤだ sign01 」と言えば済むかもしれないが、嫌いな作業でもないし、後々まで不満が残るのは避けたいしで…coldsweats01

明日は、選挙。女性議員が少なすぎる日本の政治の世界。私たちが投票するのは、もちろん女性。改憲も軍備増強も原発も反対な、女性の候補に wink 今回は、「特に応援したい候補もいない」という夫に、初めてお願いしてみた wink
会議終了時に選挙の話題になり、「どうすんのよね~。このままじゃマズイのに」「期日前でSさんに入れたんだけど、死に票だって言われたのよね。もっと全体を見ろって」「そんなこと言ったら、私のはいっつも死に票。いいと思う人が、当選したことない」 って
bearing

駅頭活動

7月9日(土) rain cloud

Photo_6今日は、薬物防止キャンペーンで、JR駅前でウェットティッシュ配り。
「ハイ、薬物防止キャンペーン!」と言って配っている人もいたが、それって訳わかんないので、「ウェットティッシュ」ですと説明して coldsweats01
派手なビブス着用の一団で、どぎつい色合いのチラシが巻いてあるしで、「薬物?スゴイね」と ビックリする人も sweat01
私は、こういうの、苦手なの…。得意な仲間がノルマの消化を助けてくれて、「いぃ人だなぁ」と、素直に感謝。

Photo_7
帰りは、駅ビルに入っている成城石井でお買いもの。ここは安くはないけれど、うちの近所では買えないものがいっぱい売っている。
成城石井オリジナルのキムチ盛り合わせは、キュウリの半割・太い切り干し大根・セロリ・白菜が入っていて、値段相応に美味しかった delicious

ストライダー

Photo
孫の誕生日プレゼントは、ランニングバイク STRIDER。
こんなのがあるんだね、ビックリ!!
長男夫婦のご希望で、Amazonから送った。

ペダルもブレーキもなし。
アメリカ生まれの「足で地面を蹴って進む、新しいバイク」。誰でも直感的に操作でき、自然とバランス感覚が向上して、「2輪車にすんなり乗れるようになった」と、知り合いの証言もある wink
類似品が山ほどあるのも、分かった wobbly

Photo_3

これはブレーキが無いので、公道は走れない。で、公園に運ぶキャリーバッグが必要。

Photo_2

他のご家庭の口コミを読んで、スタンドも。そのままでは、倒れるのだ。

Photo_5
そして、安全対策で、膝・肘あても買った。ヘルメットは、自転車の乗せると時に被せているのがあるから、それを使える flair

『気付くのが遅すぎて、 』

Photo_2
酒井順子 著、講談社 (2015/8/26)

地域の男女共同参画センターで借りた。

【内容】あえて体育会に所属するゆとり世代に感心し、温泉で年の差カップルを考察し、冥界の女子会を想像する…。気付くのが遅すぎてあたふたする日々。週刊現代の連載エッセイをまとめたもの。

以下、共感したことをメモ。常々思っていたことを文章化してもらってスッキリする。

◎女子マネという生き物…千人針体質を持ち続けている大和なでしこ達。常に一定の割合で存在し続けている。共学校で、女子バレーボール部などには行かず、男子だけの場所で男子を支えるために男子の下働きをする(著者は、女子だけの部で女子マネの仕事を皆で分担していたが、特に問題は無かった。)
「私は男の敵ではない」とアピールする千人針体質こそが、日本では最高のモテ要素。

◎選択的夫婦別姓の導入に反対する人は、「家族の結びつき」「子どもに悪影響」と言うが・・・同じ苗字で縛っておかないと一体感を得られないのか?
「私は夫婦別姓にしたい」人まで「苗字を変えろ。変えるのは女だよね普通は」という意見の方が乱暴。

◎大塚家具における父娘のバトル・・・新たな時代になったという感慨を抱いた。以前なら、息子がいなければ無理にでも婿をとって会社を継がせたが、今は「息子がいなければ娘で」となている。息子だと父親とライバル関係になって対立することがあるが、娘は父の良き理解者となることができる。
両者が生きた時代も環境も違う。昭和の叩き上げ男性vs.平成のバリキャリ女性の価値観の違いによるバトルは様々な場所で勃発している。久美子社長は肉親の情に流されず、自分が良いと思う方向に舵を切る勇気をもっていた。が、実の父娘であるからこそ、できれば仲直りの方法を示すこともできるのではないか。

審議会

昨夜は、区の子ども・子育て会議だった。
年に3回くらいで来月も予定されているのに、イレギュラーな開催。議題は、保育園の待機児童解消についての緊急解消策や子どもの貧困対策を策定する検討会の設置、低所得世帯の保育料の改訂、区立幼稚園を幼保連携型の認定保育園にするというもの。

昨年、認可保育園の昨年の待機児童が160名。それを解消すべく定員を400名以上増やしたが、今年、232名と増えてしまった!
※理由の一つは、0~2歳児の入所申込が約41%⇒約44.5%になったこと(特に、1歳児は4.5%増)。また、0~5歳児の人口が2%増え、とりわけ、0~2歳児が285名増えていることもある。待機児の解消に力を入れていることから、近隣区から引っ越してくる若い世帯が多いのか。

そこで、緊急対策として、区有地である分庁舎の庭等に新園を作ったり、拡張したり、誘致したりで来年4月までに1,090人分を確保するという。保育者の確保のための方策も幾つか示された。

この会議には、私立幼稚園園長会の代表も出ていて、「幼稚園も教諭不足で困っている。保育園が新卒を採用を増やすと、そのしわ寄せがこちらにも及ぶ」と、内情を吐露。
私立保育園園長会の代表は、会議の会長(幼児教育の大学教授)に、卒業生の紹介を頼んだそうだ。
保育園に子どもを通わせている公募委員からは、「離職率が高い。年度の途中で何度も担任が変わることもあって、困っている」と。待遇が悪いので、難しいなぁ…。
※今の学生は、保育士と幼稚園教諭の資格両方をもつ。幼保一体化の流れで、今後は、保育教諭の免許に統一されていく。

映画『シロウオ』

7月2日(土) sun

Photo_3


活動仲間の自主上映会に参加。
北とぴあ ドームホールにて。

タイトルは、シロウオ漁から。

Photo【内容】30年以上も前、海水温度の上昇や原発事故を懸念し、原発の建設計画への抵抗運動を続け、断念させた町が全国に34カ所あった。紀伊水道(きいすいどう、和歌山・徳島・兵庫県・淡路島によって囲まれる海域、左図参照)を挟んで住民が協力し合って原発を阻止した 徳島県阿南市椿町 和歌山県日高町 を取材し、反対運動に参加した当時を知る住民などの証言をまとめたもの。

Photo_4
「安全だって言うなら、電力が必要な都会につくればいい。人口の少ない田舎が(万が一の事故の際に)犠牲者が少ないからでしょ」という農家、「金は一時のもの。子や孫、子孫に自然の恵みを残したい」という漁師、「もう国の言いなりにはならない」と言う(戦中からの)教師などの言葉が胸に迫った。
住民が二分されて辛かったという話、政治的力が必要で市議や町長になった住民。当事者の話から、いかに困難な道だったかということが分かる。

「当時の住民は賛成派も反対派も、みんな原発が危険であることはわかっていた。ただ原発がなくて も生きていける自信を持っている人々が反対できた」( 京都大学原子炉実験所助教 小出裕章さん)…これも、ある。

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ