« 柿喰う客『へんてこレストラン』 | トップページ | 『似ていることば』 »

上野さんの講演会

6月19日(日) cloud rain

Photo_2

男女共同参画週間のイベントに参加。
かつては、絶対に許可が下りなかった上野さんの講演会ができるなんて sign02

ファジーなタイトルは「指定されたもの」「これで話せるかどうか、分かりませんが」という前置きで始まった sweat01
部長と与党区議さんが来ているのは、政権批判しないように確認(監視)するためか?

以下、記憶に残っていることをメモ。

◎戸部 良一著 『失敗の本質~日本軍の組織論的研究~』 (1984年刊、内容: 第二次世界大戦における日本軍の戦い方を米国のそれと比較しながら、日本軍が負けた本質がどこにあったのかを経営学的見地から分析)より…「日本軍は、常時に強く、非常時に弱い軍隊であった」「失敗したことを振り返り、次に生かすということをしていない」と。「失敗学」というのが、あるんだね。

◎女性の投票は「家族票」とされていた。戸主を爆弾(現金)で引き入れれば女と子どもの票も必ず付随してくるので、陣営の票数を読むことができた。それが、1989年の「マドンナ選挙」以降、個人で投票行動をとるようになり、「浮動票」へ(女と若者は政党を支持することが少ない)。

◎市川房枝さんの座右の銘…「権利の上に眠るな」

◎男女雇用機会均等法成立の裏では労働者派遣法の成立と改正が着々と進み(この二つは、1セット)、働く女性の6割は非正規という事態(女性の分断)を招いた。経団連と労組と共にこれを積極的に進めたのは、小泉元首相。そのブレーンは竹中教授。彼は、派遣業(別名「ピンハネ業」)の会社「パソナ」の会長となり、安倍首相のブレーンとして返り咲いている。

◎若い未婚の女性の10年を追う「パネル調査」では…正規労働者の結婚・出産率が非正規労働者を上回っている。経済的に不安定な女性は高収入の正規労働者との結婚を望むため、「出会いがない」と言いつつ年月が経っていく。一方、正規労働の女性は相手に過度な期待をせず、ほどほどのところで手を打ち、経済的安定の上に出産もする。この結果から、出産率を上げるには、正規労働の女性を増やすのが得策であることが分かる。

◆質疑応答
 ◎専業主婦が減ると、地域の支え手が居なくなる⇒退職した65歳以上の人にやってもらいましょう。男性は会社の掟を持ち込まず、「新参者」として活躍してほしい。
 ◎18歳の孫は、私の意見も聞かず、ネットで候補者について調べている。何か、アドバイスを。⇒自分で調べて考えるとは、エライ!「ネットリテラシー」を上げていってほしい。

« 柿喰う客『へんてこレストラン』 | トップページ | 『似ていることば』 »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/66112735

この記事へのトラックバック一覧です: 上野さんの講演会:

« 柿喰う客『へんてこレストラン』 | トップページ | 『似ていることば』 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ