« 北海道新幹線のお酒 | トップページ | 柿喰う客『へんてこレストラン』 »

青年劇場『臨界幻想2011』

6月14日(火) sun

Photo
演劇鑑賞会の例会。
北とぴあ さくらホールにて、18:30~20:50

作・演出=ふじたあさや、出演:冨田 祐一、藤木 久美子、名川 伸子、広戸 聡、吉村 直 他

【内容】26歳の青年が死んだ。町立病院の医者は「心筋梗塞」と断定。「未来産業」「絶対安全」と信じ込まされた原子力発電所に就職して、7年目だった。
残された母親のところへ、労働者被曝の調査に訪れた者があった。
「息子さんの死は、原発と関係があるかもしれません」

息子の死の真相を追い求める母は、孫請けの社員の話から杜撰な現場管理の実体を知る。原因を有耶無耶にしたまま、お金で済まそうとする会社、会社に買収される医師、脅迫や暴力に走る多数派からの圧力が描かれる。そして、とうとう、事故が起き、会社は町を捨てる。

30年前に原発事故を警告した作品のリニューアル。3.11を経験した今の日本で共感を得るものだ。

20年ほど前に内部告発者の書いた本に衝撃を受け、従業員の命と引き換えに稼働する施設、地域住民の未来を奪う産業と政治の癒着に憤慨してきた。事故の前には、こうした作品を大勢が観ることが無かったことが、忌々しい。

« 北海道新幹線のお酒 | トップページ | 柿喰う客『へんてこレストラン』 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/66027176

この記事へのトラックバック一覧です: 青年劇場『臨界幻想2011』:

« 北海道新幹線のお酒 | トップページ | 柿喰う客『へんてこレストラン』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ