« 『無戸籍の日本人』 | トップページ | 薬物研修 »

NBAバレエ団『死と乙女』

5月29日(日) sun

北とぴあ さくらホールにて、13:00~15:15
林 英哲と新作バレエのコラボ。

第1部 和太鼓演奏
出演:林 英哲、英哲風雲の会(4人)
いつもながら、カッコいい shine 息もピッタリ、パフォーマンスも見栄えよくキマっている。英哲さんは、驚くばかりに年齢を感じさせない人だ。

第2部 ケルツ
振付:ライラ・ヨーク、音楽:アイルランドの民謡、出演:NBAバレエ団
アイリッシュダンスをベースとし、ケルト音楽の軽やかさをバレエで表現したリズミカルな作品、5曲構成。
とっても楽しかった notes また観たいと思うほど。 ステップは、リバーダンス。ソロやデュエット、群舞と変化に富んた振り付けで、男性6人のダンスでは「栄哲風雲の会」が登場。和太鼓に合わせて、体当たりでじゃれ合う男の子達の動きがそれはコミカルで、最高 shine 男性のソロはレベルの高いダイナミックなもので、素晴らしかった。

Photo
第3部 死と乙女
演出:久保紘一・林 英哲、振付:船木 城、音楽・ピアノ演奏:新垣 隆・林 英哲、出演:NBAバレエ団
【内容】世紀末ウィーンを代表する画家エゴン・シーレ(1890-1918)の作品「死と乙女」をモチーフにした新作。
左奥に林 英哲、右奥に(あの)新垣さんが宙吊りで演奏している。終盤、光が当たって、高い台の上で演奏していることが判る(高所恐怖症の人には、ムリ)。
音楽と舞踊の間合いがピタッと合い、ち密なリハーサルをしていることが解る。太鼓とピアノとステージと視線を動かしながら観ることになり、忙しかった sweat01
死と狂気に満ちた作品。

Photo_2
これが、シーレの『死と乙女』。女性のモデルは、同棲していたヴァレリー。シーレは別の女性と結婚、その姉とも関係し、ヴァレリーにも未練たらたらだったらしい。過去には妹とも近親相姦だったとか…かなりヤバい人だったらしい。
作品は素晴らしいけれど、実生活では 絶対に関わっちゃいけない「危ない人」ね wobbly

« 『無戸籍の日本人』 | トップページ | 薬物研修 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/65731939

この記事へのトラックバック一覧です: NBAバレエ団『死と乙女』:

« 『無戸籍の日本人』 | トップページ | 薬物研修 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ