« 鄭 義信三部作『パーマ屋スミレ』 | トップページ | つくば市にて »

麻薬関連植物の研修ツアー

5月24日(火)

Photo
薬物乱用防止の研修で、つくば市へ。
薬用植物資源研究センターで、ケシやコカ、大麻を直に見て、栽培・抽出方法について学んだ。

日本では、医療用は殆どインドからの輸入品に頼っているが、国際問題などの非常事態に備えて、国産できるように技術の伝承をしているとのこと。

Photo_2


高いフェンスで囲ったケシ畑は、カンカン照り
二期作で、アヘンを作るには・・・「実に専用のカミソリで3日に分けて傷を付ける(一度にいっぱい傷を付けるよりも収穫量が多くなる⇒ヘラですくう⇒竹の皮にのばして乾燥⇒すり鉢で粉にする⇒漉す」 これを手作業で行うって・・・

Photo_4


日本で「栽培可」と「栽培不可」の見分けがつくように、また、国外で自生する種類も比較のために栽培されていた。

Photo_6


栽培していい(法律に触れない)黄色いヒナゲシやポピーもあり、色とりどりでキレイだった

温室栽培のコカは、初期の「コカ・コーラ」に入っていたもの。ペルーでは、肉体労働後に疲労回復効果があると常用されている。
職員の方は、仕事で(マチュピチュの最寄り町)クスコに何度も行っているとか。コカは、「高山病」の症状の軽減にも利用されていると

« 鄭 義信三部作『パーマ屋スミレ』 | トップページ | つくば市にて »

保護司」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 麻薬関連植物の研修ツアー:

« 鄭 義信三部作『パーマ屋スミレ』 | トップページ | つくば市にて »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ