« プレゼント | トップページ | ドキュメンタリー映画「不思議のクニの憲法」 »

「ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言」

Photo_9
スヴェトラーナ・アレクシエーヴィチ 著、三浦 みどり 訳

一緒に購入した、こっちの本も…やっと読んだ。

【内容】1941年にナチス・ドイツの侵攻を受けたソ連白ロシア(ベラルーシ)では、1/4の住民が虐殺された。約40年後、当時15歳以下の子どもだった人たちに、戦争の記憶がどう刻まれているかをインタビューした戦争証言集。

ベラルーシは、ソ連で最初にドイツ軍に占領されて、警察がドイツ軍の手先となったため、何年も悲惨な状態が続いた地域。

戦争で生き残った子ども達は、ドイツ軍によって家族を目の前で虐殺されて遺体を葬ったり、自分が暴力を受けたり。一瞬で家を失い、ホームレス状態になって、飢餓で家族を失ったりと、あまりに残酷で悲惨な体験に、絶句するばかり・・・。読み進むのが容易ではなかった weep
が、こういう本を後世のために残すことは、大変意義深いことだと思う。

皆、戦争で「子ども時代」を失い、親に甘えたり友だちと遊んだりと無邪気な生活を奪われている。一夜で白髪になったり、終戦後に普通の生活が送れなくなったりと後遺症が残った。食べたことがない「甘いもの」が苦手、手にしたことがない「人形」を大人になって買ってみた。「泣いたら、殺す」と脅されて、泣けなくなった。そんなエピソードに、胸が痛くなった。

ドイツ軍は、子どもばかりを集めて毎日採血し、それがもとで大勢の子どもが死んでいった。奴隷としてドイツ人家庭に売られたという話も。それが、生き残った子どもから語られる残酷さ。

« プレゼント | トップページ | ドキュメンタリー映画「不思議のクニの憲法」 »

」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/64916933

この記事へのトラックバック一覧です: 「ボタン穴から見た戦争―白ロシアの子供たちの証言」:

« プレゼント | トップページ | ドキュメンタリー映画「不思議のクニの憲法」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ