« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2015年12月の記事

大晦日

12月31日(木) cloud sun

長男が遊びに来た。明日・明後日は仕事だそうで(妻と孫は帰省中、3日に彼も行くって)。

Photo
次男が午後からフットサル⇒忘年会ということで、昼食まで、兄弟が1年ぶりに顔を合わせた。
おせち料理の準備をしつつ、せっせと酒の肴を出して。

Photo_2
アルコールも入っているし…兄は弟に、仕事や生活のことで結構キツイ口調で意見をしていた coldsweats02
「言い過ぎでは?」と思いつつ、台所で聞いていたけれど…ケンカになるようなことはなく、親よりも兄からの遠慮のない意見が効果的なだぁ…と。
弟も、兄の健康を気にかけて、「酒量を減らせ」「運動をしろ」と言ってたし wink 仲の良い兄弟ではある。
ランチはグラタンを食べさせ、次男が出かけた後、長男はお昼寝。

Photo_3
夕方、夫がゴルフから帰ってきてからは、一緒に夕食。
日本酒を飲みながら、大晦日恒例のかき揚げとそば。息子達とアレコレ話せて、楽しかった。

今年の劇場通いを振り返って

今年は、コンサートも含めて 29回。昨年の45回より、かなり減っている。
気力の衰え、かな coldsweats01

◎最も記憶に残るのは、当然、アダム・クーパー主演の 『兵士の物語』、7~8月に4回通った。アダムの舞台を見られただけで…ただもう lovely
家から近い東京芸術劇場だったのも、うれしかった(これぞ正しく、気力の減退?)

バレエ公演では、シュツットガルト・バレエ団の 『オネーギン』 に、満足。

◎演劇では、4月の 劇団チョコレートケーキ 『追憶のアリラン』。あの戦争を、新鮮な切り口で描いた素晴らしい舞台だった shine
今月観た 『バグダッド動物園のベンガルタイガー』も、見応えがあった
good

◎芸能では、6月と9月に 松元ヒロ の舞台を2度観た。いつも共感と爆笑できる大好きな公演に、感謝 happy01
また、『花緑ごのみ』では、更に進化した花緑が観られて、満足 flair

◎コンサートでは、ご贔屓の 小曾根 真が親友の マルサリスと共演した 10月の 『Jazz meets Classic with 東京都交響楽団』が、とっても楽しかった notes
今月、東京芸術劇場で聴いたパイプオルガン・コンサートも、クリスマス気分を味わえてよかった heart04 クラシックとモダン、両方の美しいパイプオルガンを観て(眼福 sign01)聴いて、室内楽の演奏・合唱もありで、劇場仲間との望年会が充実したものとなった。

『社会を変えたい人のためのソーシャルビジネス入門』

12月29日(火) sun

Photo
駒崎 弘樹 著、PHP研究所 (2015/12/16)

病児保育で有名なNPO法人「フローレンス」を立ち上げた 駒崎さんの著書。社会企業家として、日本で 事業型NPO(ソーシャルビジネス)を立ち上げた先駆者。

この本では、これからソーシャルビジネスをやろうとする人達に、著者の実体験に基づいたアドバイスが書かれている。
NPOや市民活動をしている私にとっても、寄付・対価、行政事業受託、人材・資金・情報など、団体の立ち上げから継続していくなかで直面する諸々の問題について、得るものが大きかった。

*適切な価格設定をしないと事業は立ち行かないが、ひとり親支援のための価格設定もあり、それは寄付を募って補っている。

*先日、赤ちゃんを虐待死から救う「赤ちゃん縁組事業」を立ち上げたい!と開始した クラウドファンディング支援に、私も参加している。

*ソーシャルビジネスを行っていると、新たな社会事業に気付き、小規模保育「おうち保育園」・障害児保育に手を広げることになった。その際には、隣接領域が多角化しやすい。

*「おうち保育園」は、国が政策化した。そのことで全国で実施されるようになり、社会問題の解決がつながってきた。

*組織は、成長ステージごとに必要とされる「人材」が変わっていく。組織を去るメンバーは立場を変えて支援したり、出戻ってくることもり、関係は「終わり」ではない。

掃除

年末なので、水回りをじーっと見て、汚れている場所の掃除をちょこちょこやっている。
今日は、台所の床。油分で黒ずんでいる所を亀の子束子と重曹でゴシゴシ。
油分を補って、完了。

社宅に住んでいた時、知人宅の床が黒ずんでいたので、
「束子でこするとキレイになるよ」と言ったら、
「えっ!汚れていないよ。これは、模様よ」と。
やってみると、汚れだと分かると言っても、受け付けない wobbly
「じゃ、うちに来てみて。汚れていることが分かるから」と言えば、白黒はっきりしたのだろうが、関係がこじれるのを避けて、その話を終わりにした。
掃除が嫌いなのかもしれないし。
10年も住んで引っ越しの時、家具が置いてあった場所との違いに、驚いただろうか?

実家に居た頃、私の部屋は汚かった。
上京して、1部屋しかない生活になった時、自然と整理整頓と掃除を最低限するようになった。その部屋しかないので、始終汚れているのが目に入るのは、耐えられなかったのだ。

私よりも後に結婚・出産した友人に、
「どうしたら、掃除や整理整頓が上手くなれるの?」と相談された。
で、彼女と話をしていて気付いた。
汚れていても散らかっていても、居心地が悪くない⇒掃除する必要を感じない。これじゃ、キレイになる筈もない。
なので、「ムリじゃない?」と、言った。
誰かに非難されるとか、自分で我慢ならないと思わなければ、わざわざ掃除なんかしたくないもの
coldsweats01

その後、保護司の活動で万年床や髪の毛・埃が浮いているような家を訪ねる経験もして…どんな家に行っても、そう驚くことが無くなった。
「ADHD症候群かも」「そういう環境で育ったのか」「汚いと感じないんだろうな」と思うくらいだ。

孫の看病

12月22日(火) sun

F1010749_2
孫の看病で、用事をキャンセルして長男宅へ。腹痛と下痢だって。
夜中、お腹が痛くて(下痢でかぶれた)お尻が痛いと泣いていたという。眠い筈なのに 「眠くない!」 「寝ない!」 と言い張っていたが、そのうち…ソファーでウトウト⇒3時間も、ぐっすり。
布団をかけたら、足だけ出して coldsweats01 これ、お気に入りの新幹線柄の靴下。

起きてからは、ちょくちょく「お腹痛い…」とくっついてきて 横になり、でも、痛みが収まると元気いっぱい flair
大きなかぶ」を諳んじたり、「夕焼け小焼け」を口ずさんだりで、すごい(ババばか)sign03
機関車トーマスのプラレールで一緒に遊び、息子達の子育てを思い出した。息の長い玩具だねぇ~。

水分補給しつつ、私のお弁当を見て「一緒に食べようね」と、ニコニコ。 整腸剤とお尻の軟膏が効くといいんだけど…。

年賀状で四苦八苦

12月21日(月) sun

25日までの投函を目指し、年賀状の印刷をした。
文面の方は宛先別に2種類作成して準備万端だったが、昨夏買い替えたパソコンでの宛名の作成・編集・印刷は、初めて。
「筆ぐるめ」等のソフトが入っていないPCなので、Word「差し込み文書」を使って住所録を作ってみた。これなら、PCが変わってもデータは使える。
そう、パソコン講座で教えていたのだが・・・実際に作成・編集とやっていくのに、
「ハテ、どうするんだっけ?」と coldsweats01

プリンターも買ったばかりで、画面では1行に収まっていたのが、印刷してみたら2行になっていたり…リストと住所録が合致していなかったり、連名の筈が1行になっちゃったり… おまけに紙詰まりをさせてしまって、夫が「取説」を初めて開いたりで…大分時間がかかってしまった。
唯一の救いは、印刷失敗を想定して、年賀ハガキではなく「印刷用紙+年賀切手」にしているので、 郵便局でのハガキの交換はナシということ。
来年は、使い慣れて楽になるハズ
wink

儀礼的な年賀状は減らしていこうと努力しているが、メールをやっていない人や滅多に会えない人には、年に1度の近況報告なので、止めるのは難しいね。

一人でできる

12月20日(日) sun

昨日、風邪の初期症状があったので、早くから布団に入っていた。食欲もあまりなく、夫が皿洗いをしてくれた。

と、そこに、団体の会員さんから、新聞報道された「区役所の(活動に関係する部課の)組織改正と課名変更」について問い合わせの電話。布団から起き上がって…経緯を話したところ、それについて、団体として「何もしないのか?」と。
いえいえ、相談だの議会の傍聴だの、議員さんへの説明だの、色々やってました。
それでも、どうにもそれを覆すことができなかった訳で。次の困難時には、議会の傍聴にお誘いしようかしら…。

一晩ぐっすり眠り、今日は長男が孫と一緒に遊びに来る(義娘は仕事)ので、朝から昼ごはんの下ごしらえをしていたら、9時前にもう、長男から電話があり、
「今、向かっているから。朝も食べさせてなくて」と。
えーっ?もう来るの?
深夜に帰宅する毎日で相当疲れている長男は、食事と保育目当て coldsweats01

151220
食後のフルーツに みかんを出したら、一人で剥き始めた!小房に分けて食べだして…親もビックリ!

いつも皮を剥いて出していたから、できるって気付かなかった。
できない時は「てつだって!」と言えるようになったので、意思の疎通も楽になった。

長男はたっぷりとお昼寝をし、それでも「もっと寝たい…despair」と言いながら、帰っていった。

『東京芸術劇場パイプオルガンコンサート』

12月16日(水) cloud

Photo
xmas Vol.20~聖夜に贈るクリスマス・オラトリオ~
東京芸術劇場 開館25周年 芸劇フェスティバル
コンサートホールにて、19:00~21:05(休憩含む)

指揮&カウンターテナー:青木洋也
オルガン:小林英之、新山恵理、平井靖子、川越聡子
ハープ:片岡詩乃
合唱:ソプラノ/清水梢、大田茉里、小林恵、傳田実咲、アルト/高橋幸恵、輿石まりあ、佐々木香菜子、松原千紘、テノール/豊原奏、及川豊、吉田宏、バス/加耒徹、杉山範雄、小池優介
管弦楽:フィルハーモニーカンマーアンサンブル

Photo_2
【曲目】D.ブクステフーデ/コラール「暁の星はいと美しきかな」 BuxWV223
J.S.バッハ/前奏曲とフーガ ハ長調 BWV547
A.ギルマン/ヘンデルの「頭を上げよ」による宗教的行進曲 Op.15,2
J.-J.ボーヴァルレ=シャルパンティエ/マニフィカト 第6旋法
M.グランジャニー/古典様式のアリア
C.サン=サーンス/クリスマス・オラトリオ Op.12

Photo_3
劇場仲間を誘って、4人で。ペア券5,000円×2枚、一人2,500円でお得だった shine
指揮者はカウンターテナーで、男性だけのアカペラ合唱とパイプオルガンの掛け合いが素晴らしかった。クリスマス気分、いっぱい lovely

第1部、オルガン奏者2人が独奏した後、「パイプオルガンが回転しますので、3分間お待ち下さい」というアナウンスが流れ、クラシックからモダンオルガンになった!
これは、初めて見る光景。皆で、「おぉー!」と shine

『ルポ 生殖ビジネス』

Photo
世界で「出産」はどう商品化されているか (朝日選書)
日比野由利 著 (2015/6/10)

代理母先進地のインド、タイ、ベトナムの現地で代理母、依頼者、仲介者、医師にインタビュー調査をし、代理出産の現状を知らせるもの。ここでは様々な問題点がしめされていて、そのうちのいくつかをメモ。

*タイは、医療ツーリズム発祥の地と言われている。医療技術とサービスの高さは有名で、生殖ビジネスでは、男女の産み分けを目的とした着床前診断も提供されている。
子どもの性別を親の好みに合わせて選択することは、性比や人工構成歪みをもたらすため、多くの国で禁止されている。そのため、男児選好の強いインドや中国・ベトナムから多くの顧客がやってくる。

*世界中から代理出産サービスの顧客を集めていたインドやタイでは、市場の急激な膨張に対応する法律の策定や徹底が後追いとない、外国人依頼者が関わる様々なトラブルやスキャンダルが起きた。

*タイで起きた有名な事件・・・2014年8月、代理出産を依頼したオーストラリアのカップルが、双子の代理出産子のうち、ダウン症の男児の引き取りを拒否した。
*また、その直後、日本人男性が様々な人種の女性の卵子と自らの精子を体外受精し、タイ人代理母に次々と委嘱して十数人の子どもを得ていたというもの(犯罪性は認められなかった)。
この2件は同じクリニックで、独身者や同性愛者も含め、料金を支払える依頼者全てに対応していた。この事件後、「無許可で体外受精を行っていた」として、廃業に追い込まれた。
*これらの事件を受けて、タイでは、2015年2月に商業的代理出産を禁止する法律が成立し、タイ人と婚姻関係がある場合を除いて外国人が代理出産を依頼することができなくなった。
インドでは、今、代理出産の依頼者を国内の不妊カップルに限定する法案が審議されているそうだ。

憲法カフェ

12月13日(日) rain cloud

Photo
地域の活動仲間が開いた「憲法カフェ」に参加。
講師は、「あすわか」の野口さん。池袋の法律事務所に勤務する若手弁護士だ。

プロジェクターを使った紙芝居やクイズも取り入れて、非常に分かりやすいお話だった。
参加者が10人ほどで残念だったが、アットホームな雰囲気になって、参加者からの質問・クイズの回答に丁寧に対応していただけた。

「people」の訳語が「人民」⇒「国民」になった訳は?
憲法と法律の違い、自民党の改憲案の問題点など、様々な説明に納得 confident

Photo_2

これ、イラスト入りで分かりやすい。

孫と電車三昧

12月12日(土) sun

1512
義娘が残業で、夜間の子守を頼まれた。
夫が孫にしばらく会えていないので、「1日預かろうか?」と言ったら、
「土曜はいつもの先生1人以外は臨時の先生で、子どもも少なく、いつも噛む子も一緒なので、それは嬉しい!」と言われて。

8時過ぎに車でお迎えに行き、息子からオムツと(万が一の場合に備えて)着替えを受け取り、「走りだしたら、ちゃんと追いかけてよ」と、不安そうに言われて coldsweats01

15123

北とぴあの6階、17階、5階(空中庭園)と、新幹線と電車を見ながら、お庭で沢山走って、2時間ほど。
孫は新幹線・湘南新宿ライン・京浜東北線をキチンと言い分けて、感心。
17階展望台からは、王子駅の路面電車も見られるんだね wink

これで、運動完了sign01

『バグダッド動物園のベンガルタイガー』

12月11日(金) rain sun

F1010730
新国立劇場 小劇場にて、2h40m.(休憩含む)

【内容】「酔ったアメリカ兵がトラを射殺─」2003年にバグダッド動物園で実際に起きた事件に想を得て書かれた、アメリカの劇作家ラジヴ・ジョセフによる話題作。09年に初演、ピュリッツァー賞にノミネートされ、11年にはロビン・ウィリアムズ主演でブロードウェイ初演された。

 

空爆されたバグダッド動物園。警護のアメリカ兵が空腹のトラに手を噛みちぎられ、トラはその場で射殺される。しかしトラは幽霊となって自分を撃った兵士にまとわりつき、この世の不条理を嘆く。

【作】ラジヴ・ジョセフ 【翻訳】平川大作 【演出】中津留章仁
【出演】トラ/杉本哲太、トラを射殺する兵士/風間俊介、安井順平、谷田歩、粟野史浩 他

下卑た台詞を大声で話すアメリカ兵、極悪非道なフセインの息子(幽霊)、彼を殺して、金製品を山分けする泥棒同然のアメリカ兵、大声で抗議する住民、怒号の中で頭痛がしてきて…こりゃ不愉快な芝居に来ちまったかと思ったが wobbly
戦争で精神状態がおかしくなったら、こんなこともあるかもなぁ。

抗議集会~銀座デモ

12月6日(日) cloud

Photo_2
「安保関連法の廃止を求める学生・学者・市民の共同行動」

友人を誘って参加。昨日と同じ駅で、下車 coldsweats01

① 日比谷野外音楽堂にて、 集会(13:00~14:50)
* 石田純一さんのスピーチ
*学生スピーチ
*学者スピーチ(三島憲一大阪大学名誉教授)
*政党スピーチ(民主党・福山哲郎幹事長代理/日本共産党・志位和夫委員長/生活の党・玉城デニー幹事長)

野音の石の椅子は予想外に冷たくて、ブルブル wobbly 次は、敷物持参で来るぞ。手袋すると拍手ができないので 手は冷たいままだが、マスクは意外に暖かい good

151206*文化人スピーチ(佐高 信)
NWES23 キャスター 降板について語る。「岸井とは学生時代から50年来の交友がある」「岸井は私と違って、打たれ慣れていない(笑)」「岸井が出ている月~木曜は、NEWS23を見て下さい」「私が支えることが、良いことかどうか(却って反感を買う?笑)」
*古謝美佐子トーク&ライブ

日比谷公園の紅葉が美しかった maple

右翼の街宣車が大音量で妨害。公園前に交番があるし、デモ行進には多くの警察が出ていたのに…なかなか止まらずbearing

銀座大行進 日比谷公園・西幸門出発 15:00~
警官の指導(?)で5人の列で小さなグループごとに行進していたので、全体像はつかめていなかった flair
ここにも右翼の街宣車が突っ込んできて、妨害。自分らも、集会してデモ行進すればいいのにね。

柳家花緑独演会『花緑ごのみ vol.32』

12月5日(土) sun

夫婦で出かける筈が、後から入ったゴルフのお誘いを優先したいと夫が言い出して。友人を誘った。2時間の公演は、腰痛もちの彼女の限界(1年前「花緑ごのみ」をブログで調べた)。
今日は、2列目通路側の良席。

Photo
13:00~15:00、イイノホールにて

◎粗忽の使者
◎天災
ーー仲入りーー
◎文七元結(ぶんしち もっとい)

少しずつテンションが上がって、最後のは、一人芝居を観ているような身振り手振りの臨場感。これは生で観てこそ、楽しめる。

自身が学習障害かつ注意欠陥多動性障害だったため、「通信簿はオール1でした」「漢字を書くとき、すごく緊張します」と、サラッと失敗談を披露。 大変だったんだね wobbly

花緑が初めての友人も楽しんでくれて、また、イイノホールの椅子が腰痛もちにとって座り心地が非常に良く、また、奥行きが広くて姿勢を変えやすかったと。

ホール前の大きな窓から、日比谷公園の紅葉が美しく見えるの。明日も「幸幸町駅」で下りて、日比谷野音に行く。

ニキ・ド・サンファル展

12月2日(水) cloud rain

Photo
「ニキ展、行った?」という友人のメールに反応し、国立新美術館に行ってきた。。

父はフランス人、母はアメリカ人で、英語とフランス語を話す美しい人だ。ドキュメンタリー映像では、プライベートなことを知ることができた。
*父親に性的虐待を受けたこと
*19歳で結婚→娘を出産したが精神的バランスを欠いて、精神療法で美術の世界に足を踏み入れたこと
*自分を取り戻すために 一人で家を出て創作の世界に入っていったこと
*娘や孫・曾孫と一緒に旅行するなど仲が良かったこと
そして YoKo(増田静江)との友情

F1010718
作品の中では、フェミニズムいっぱいの、鮮やかで太った「ナナ」シリーズ(友人の妊婦の姿からヒントを得たとされる)が、やはり思いっきりよくて元気をもらえる。
←喫茶の上には、「ナナ」バルーン。

Photo_3
張りぼての巨大な女性のオブジェの制作映像では…完成後、膣の中(部屋になっている)に人々がゾロゾロ入っていく様子があって…びっくりポン sign02
日本じゃ、こんなのムリだろうか? 何でも抑えつけたり自己規制するから。

« 2015年11月 | トップページ | 2016年1月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ