« 「うまれる ずっと、いっしょ。」上映会 | トップページ | 活動、20年 »

吉野直子「音の蒔絵~ハープリサイタル with 宮田まゆみ(笙)」

11月23日(祝) cloud sun

義娘が孫を連れて来るというので、豚汁を用意。昼食は、これで うどんに。孫の好物、果物もあるし wink

Photo

先月、帰省した折に仙台駅の売店で買った こまち号。
TVの横に置いておいたら、高い位置にもかかわらず、すぐに発見!

久しぶりに話をして、午後はコンサートへ dash

notes 北とぴあ つつじホールにて、14:00過ぎ~16:00過ぎ(休憩20分)
チケット完売。タイトルは、人間国宝に縦縞のモダンなデザインの蒔絵を施してもらったというハープから。「蒔絵をしてもらうために、黒いハープを新たに手に入れた」と話していた。そんなにモチベーションが上がるものなの?

【曲目】1部・・・E. サティ:「3つのグノシェンヌ」より、C. ドビュッシー:「小組曲」より<小舟にて> 、C. サン=サーンス:ハープのための幻想曲 作品95(共演)、細川 俊夫:うつろひ~笙とハープのための~(共演)、古典: 「調子」より(笙独奏)
2部・・・フォーレ:塔の中の王妃 作品110、M. トゥルニエ:朝に 作品39(以上、独奏)など

笙は宇宙の広がりを感じるような響きだが、メロディーを演奏すると単調 休憩時間、舞台前に大勢が押し寄せ、撮影大会。 後半は金色のあいきにピンクを主体とした鮮やかな横縞のドレスで登場。最後の「朝に」は、特に素晴らしかった lovely

ハープの音色って、とっても心地よい(つい、ウトウト) sleepy

Photo_2

ゴルフで孫に会えなかった夫。ゴルフ仲間から、タイのお土産をいただいてきた。
おぉ!私好みの…タイの「スパイシーな海老ラーメン」だ delicious
けど、NISSINって? ホントに?

« 「うまれる ずっと、いっしょ。」上映会 | トップページ | 活動、20年 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/62645962

この記事へのトラックバック一覧です: 吉野直子「音の蒔絵~ハープリサイタル with 宮田まゆみ(笙)」:

« 「うまれる ずっと、いっしょ。」上映会 | トップページ | 活動、20年 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ