« 『言いたいことは山ほどある』 | トップページ | 中野京子が語る 橋をめぐる物語 »

喪中はがき

11月5日(木) sun

F1010701_2

少し年上の活動仲間から、喪中のハガキが届いた。お連れ合いが逝去されたと書いてある。
えー?!知らなかった wobbly ご病気だったのか?入院されていたのか?そんなことも聞こえてはこなかった。
次に会う時、どんな言葉をかけたらいいか…。気になって、私より頻繁に活動を共にしていた仲間に聞いたところ、「皆に知らせなかったのよ。私が知ったのは、葬儀が終わって落ち着いてから」と。何か事情があったのだろう…。

年賀状を買ったり喪中はがきをいただいたりと、もう年末も近いと気付かされる。窓辺に、ポインセチアの鉢を置いた。赤い色は気持ちを上向きにしてくれるから、好き shine

« 『言いたいことは山ほどある』 | トップページ | 中野京子が語る 橋をめぐる物語 »

つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/62384483

この記事へのトラックバック一覧です: 喪中はがき:

« 『言いたいことは山ほどある』 | トップページ | 中野京子が語る 橋をめぐる物語 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ