« 北京JAC 20周年記念イベント | トップページ | パソコン講座2回目 »

『私とスポーツ・オリンピック』

11月15日(日) rain cloud

男女共同参画連続講座「女性とスポーツ」の第4回目は、公開講座。
◆講師:樋口 恵子さん(東京家政大学未来研究所長)

ゆったりとした口調で、話があっちに飛びこっちに飛び、本題に戻り、またあっちに飛びこっちに飛び・・・(豊富な経験が土台になっているとはいえ)漫談のようなだと感じた。昨年、『何を怖れる』でお話を伺った時は、短時間に凝縮した内容だったが…。終了時刻になっても話は終わらず、午後はパソコン講座の開催があったので、終わる前に会場を出た。

①1980年頃に起きた教科書の書き換え(女子差別)と、②相撲の「女人禁制」という「伝統」が主なテーマ。

①では…小学生のマラソン指導をした「女性」の担任を「男性」に書き換えたことに抗議して、元に戻した

②では…「ちびっこ相撲」の予選を勝ち抜いた女子が国技館の決勝に進むのを 相撲協会に「女は土俵に上げられない」と拒まれた。抗議した労働省婦人少年局長の森山真弓さんは、当時「有名な代議士の妻だったので、とばされなかった」と言われた。代議士になり、官房長官になって、国技館に行ったが、やはり拒否される。今でも、女性の大臣や大阪府知事は土俵に上がれない。

追記:長らく「女人禁制」だったお祭り・トンネル工事・海底工事は、改善(建築・土木専攻の女性も現場に出られるようになったため、就職不利益も解消)。が、国技館の土俵は未だに…。「伝統」と「因習」は違う、残すべきものは、「伝統」だと。納得 good

※司会者と講師(同じ大学)が、皆の前でお互いに「先生」と紹介したり呼び合っていることに、違和感を覚えた。

« 北京JAC 20周年記念イベント | トップページ | パソコン講座2回目 »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/62524578

この記事へのトラックバック一覧です: 『私とスポーツ・オリンピック』:

« 北京JAC 20周年記念イベント | トップページ | パソコン講座2回目 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ