« 施設見学会 | トップページ | 「うまれる ずっと、いっしょ。」上映会 »

シュツットガルト・バレエ団『オネーギン』

11月21日(土) sun

Photo
14:05~16:20、東京文化会館大ホールにて

原作:アレクサンドル・プーシキン、音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー、編曲:クルト=ハインツ・シュトルツェ、装置・衣裳:ユルゲン・ローゼ、指揮:ジェームズ・ダグル、演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
出演:タチヤーナ*アリシア・アマトリアン、オネーギン*フリーデマン・フォーゲル、レンスキー:コンスタンティン・アレン、オリガ*エリサ・バデネス、グレーミン侯爵:ロバート・ロビンソン

5階席まで満席。今日はR2階席で鑑賞。視界が遮られず、快適shine
これは、演劇的で好きな作品。かつて、ロイヤルバレエ団が初演した時、クランコ財団がオネーギン役にアダム・クーパーを指名して、「ロイヤルのベテランプリンシパルがやりたがっていたので怒った」というエピソードをどこかで読んだことがある。この時のタチヤーナ役は、女優バレリーナとして評価の高いタマラ・ローホ。

過去のブログを調べたら(こういう時に役立つ)、前回は2008年11月の鑑賞。フィリップ・バランキエヴィッチのオネーギンは素晴らしかった!彼は、長身で細身、技術もあって、優雅な立ち居振る舞い、そして高慢で物憂げな役作りに魅せられた lovely 彼は移籍したので、残念。

「甘いハンサムなフリーデマンくんに 果たしてオネーギン役が演じられるのか?」と不安はあったが…彼も結構ベテランになった? 遠目では、そう違和感もなし。
とにかく、振り付けがダイナミックで、最後の情熱的な場面で見事に息のあった踊りに魅入られた。

この作品は、第1幕の通称〈鏡のパ・ド・ドゥ〉で、タチヤーナが自らの想像するオネーギンと演じる恋の踊り。そして終幕、気品あふれる公爵夫人となったタチヤーナにオネーギンが愛を告白する場面での〈パ・ド・ドゥ〉が、ガラ・コンサートの演目として有名。
タチヤーナの服の裾にしがみついたりして執着するオネーギンに、一時は情熱に巻き込まれるタチヤーナだが…ギリギリの分別(夫への愛情と信頼)で、彼を去らせる。短い時間の間にドラマが詰まっているのだ。

フィナーレでは、タチアナ役のアマトリアンは精魂尽き果てたというか、抜け殻のようになっていて、フリーデマンに寄りかかり、抱きついて…。リフトが多くて体力も消耗するような振りだし、短時間のうちに再熱した恋と別離を演じるタチアナ役は、精神的にもしんどいのだろう。

« 施設見学会 | トップページ | 「うまれる ずっと、いっしょ。」上映会 »

劇場」カテゴリの記事

コメント

チャウさん、
なるほど…。「人間万事塞翁が馬」ですね、ほんとにconfident
フォーゲルはロミオ役のイメージが強いです。風貌から言っても。2階席だったので表情までは見えませんでしたが、パートナリングは良かったですgood

この役は、嫌味で冷酷だけれど、女性を惹きつけるという難しい設定。技術力+見た目+演技力が必要なので、誰でもできる役ではない。
それを3人違うキャストを出してくるって、強気だと思いました。他の2日は、チケット販売はどうだったのでしょうか?

ごぶさたしております~。

> クランコ財団がオネーギン役にアダム・クーパーを指名

クーパーの演技力が高く評価された(当然!)んだそうですが、ジョン・クランコの振付の才能に嫉妬したフレデリック・アシュトンの意向を受けて、クランコを追い出したロイヤル・バレエ団への問題提起(というか意趣返し)という側面もあったようですね。クーパーも追い出されたようなものでしたから。

でも、そのおかげで今のクーパーがあるわけで…。人間万事塞翁が馬です(笑)。

私は前回、イリ・イェリネクとジェイソン・レイリーのオネーギンを観ました。二人とも超絶すばらしかったですが、イェリネクは退団したようで、今はどうしているのか。

今回はロマン・ノヴィツキーのオネーギンを観ました。ノヴィツキーは今回がオネーギン・デビューだそうで、これからもっと期待できると思いました。

フォーゲルは以前はレンスキー役をずっと踊っていたのでしょうか?フォーゲルのオネーギン、次は必ず観たいです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/62617424

この記事へのトラックバック一覧です: シュツットガルト・バレエ団『オネーギン』:

« 施設見学会 | トップページ | 「うまれる ずっと、いっしょ。」上映会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ