« 鉄道の日? | トップページ | 『おとなになるってどんなこと?』 »

「身体表現における美とジェンダー」

10月18日(日)

男女共同参画連続講座「女性とスポーツ」の第2回目

◎講師:東京家政大学 児童学科准教授 梅谷千代子さん

専門の舞踊と馬術についての講義で、前半の馬場馬術競技が、大変勉強になった。
音楽をつけて行う自由演技の動画を見ながらの解説には、「誰がこんな技を考えて種目にしちゃったんだろう?」と、会場から大きな反応が。
私の後ろの席の大学生の「ウケるー、何コレ!!」という声に、私がウケた coldsweats01

左右の肢を交差させるハーフパス、一歩ごとに肢を高く上げて前に進むパッサージュ、回転するピルエット、そして、一歩ごとに左右の肢を入れ替えながら駈歩をするフライングチェンジなど、まるでダンスを踊っているかのような演技。

オリンピックでは、馬も含めて、男女が性別・年齢・重さに関わりなく、同じステージで競い合う唯一の種目だそうだ。

« 鉄道の日? | トップページ | 『おとなになるってどんなこと?』 »

男女共同参画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1178763/62429633

この記事へのトラックバック一覧です: 「身体表現における美とジェンダー」:

« 鉄道の日? | トップページ | 『おとなになるってどんなこと?』 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ